今月の読本「中世武士 畠山重忠」(清水亮 吉川弘文館)在地領主と御家人の狭間で二俣川の地に「武士の鏡」が生み出される時

今月の読本「中世武士 畠山重忠」(清水亮 吉川弘文館)在地領主と御家人の狭間で二俣川の地に「武士の鏡」が生み出される時

平安時代後半から徐々に浸透が始まり、その後明治維新まで長く長く続く、武士を支配層の中心に置く社会構造。

支配層となった彼ら武士達の多くが崇敬したのは、その体制を確立した源頼朝ですが、武士個人が自らの範として捉えらて来たのは、同じ時代を生きた畠山重忠ではないかと思います。

常に頼朝の先陣を務める誉を与えられる名誉に浴するだけの武勇を誇る一方、京の音曲にも通じた雅の心を併せ持つ東国無双の武人。その一方で謀反の疑いを掛けられても「名誉である」と受け応える傲慢さ、万騎が原の合戦による一族滅亡に仕掛けられた陰謀を知ってなお、嫌疑を晴らし矛を収める事を潔しとしない苛烈さと併せて、愚直で悲劇的なイメージすら有する人物かと思います。

同じ東国無双の勇者とされる熊谷直実と並び称される事もありますが、苗字の地たる熊谷を維持するのに汲々とせざるを得なかった直実に対して、畠山の地とは大きく離れた小山田氏が抑えていた武蔵の南限、終焉の地に当たる二俣川(鶴ヶ峰、万騎が原)もその勢力下に収めていたとされる、武蔵の国内で広大な領域に影響を及ぼす惣追捕使(惣検校職)という国衙の顕職を帯びる地域支配者としての重忠。宇治川渡河の一番乗りや一の谷合戦のイメージから、一人の武将として同列に語られる事も多い二人ですが、その姿や立ち位置は大きく異なるようです。

今回は、武士の鏡と称された伝説的な武人の英雄譚から少し距離を置いて、そのバックボーンから人物像を浮かび上がらせることを目指した一冊をご紹介します。

何時も新刊を楽しみにしている吉川弘文館の歴史文化ライブラリーから、今月の新刊「中世武士 畠山重忠」(清水亮 吉川弘文館)です。

著者の清水亮先生は鎌倉幕府のお膝元、神奈川の出身で一貫して関東地方の大学で研究歴を積まれた方。現在は重忠の本拠があった菅谷館も近い、埼玉大学で教鞭を執られています。郷土史の委託研究をきっかけに重忠の研究に取り組むようになった著者。その中で、鎌倉幕府草創期前後で常に議論される「武家」の位置付けについて、下向井龍彦氏が従来から提唱する見解に基づいて、所謂軍事貴族の下向、土着化と言う姿は認めつつも、勲功を得て在地に根付いてから長い期間を経た先に築き上げた地盤を背景とした彼らを「在地領主」として再定義していきます。

近年活発な研究が続く、中世期の発掘成果や街道、交通に関する交流史の成果をふんだんに取り入れて描き出す源平争乱期前から鎌倉幕府草創期に掛けての東国一の大国、武蔵に割拠した在地領主たちと、その影響下に置かれた「党」を主体とした武士団。その中でも、軍事貴族としての村岡五郎良文の系譜を継ぐ秩父平氏の一群、その頭目格としての畠山氏の発展と一族の継承争いから、在地領主としての姿を描き出していきます。

重忠個人の伝記としてではなく、近年の研究成果を踏まえた浅間山大噴火以降に始まる東国の大再開発時代に、広大な関東平野に流れる河川と交通路の要衝に蟠踞して勃興する武蔵の武士勢力。その頭目争いの推移と在地の武士たちと共存関係にある、彼らの利権に便宜を与えつつ群がる京の貴族層、争いに介入した河内源氏一族の動きから、畠山家の成立(ここで畠山という荘園は存在しないが「庄司」を名乗る点にも注目)と頼朝挙兵前の重忠の立ち位置を確認していきます。

重忠同様に軍事貴族としての系譜を有し、国衙の顕職を名乗り相互にネットワークを張る東国の在地領主たち。川合康氏の提唱に基づき著者は彼らを「在地系豪族的武士団」と称し、その影響領域「軍事的テリトリー」に付随する党や武士団を取り纏める立場であると定義します。その姿は軍記で描かれるものとは異なり、自らが弓馬を駆り白刃を交わして軍功を挙げる立場ではなく、彼らを取り纏め率いる長であった事を認めていきます。

婚姻関係で結ばれる彼ら在地領主たち。此処で興味深い点として、著者は重忠が三浦義明の継子孫という記述は間違いであり、それは頼朝の挙兵より前に亡くなった彼の兄に当たり、重忠自身は一族の江戸重次の娘が母であると指摘します。源氏と深い繋がりがある三浦氏の血筋ではなく平家との関係を取り持つ立場として生まれた重忠。その後、父親の重能と共に京に出仕していた事が想定されており、平家との深い繋がり、所縁を持つ人物であったことを示唆します。

棟梁である父親の重能が不在の中、ぎりぎりのタイミングで四代相伝の君に伺候する事になった、軍事貴族の末裔で平家に仕える京仕込というプライドが嫌でも高くなりそうな、武蔵の在地でも筆頭格に位置する豪族の若君。新たな主君となった頼朝からは常に警戒の目で見られ続ける関係であったようです。

その結果、頼朝を中心として東国の武士たちを取り纏めていく体制の先に構築される鎌倉殿を核に置いた御家人制度萌芽の中で、重忠は微妙な立場に置かれ続けます。遥か後年の室町時代に鎌倉公方の鎌倉府が古河へ動座するまで続く、鎌倉を中心とした為政者に纏め上げられる周辺の武士(党、一揆、武士団)たちと、その外縁に位置した軍事貴族の血統を引き継ぐ在地の有力者(小山、足利、新田にしても同じ)との熾烈な駆け引きの端緒。著者は同じような立場に立った御家人たちとの比較を試みていますが、上総広常のように討滅されなかったのは、ひとえに京の文化に親しみ、音曲にも優れた才能を持っていた重忠個人の人物を頼朝が好んでいたのかもしれません(弓の技量は怪しいが軍の先頭を担うに相応しい風格の持ち主だったとも)。

高い権威と家柄を誇りながらも鎌倉殿の権力の中枢からは遠ざけられていた重忠。しかしながら頼朝の死によりそのバランスが崩れると、権力抗争に自ら足を踏み入れてしまったようです。著者によると領地や権益を守る事に自覚的になったとする、御家人に成り得なかった在地領主としての矜持が頭を擡げた先に突かれる事になる、北条時政による謀略から二俣川(鶴ヶ峰)の戦場での滅亡。

著者による重忠の人物評と併せて語られる、合戦の際に御家人たちが見せた重忠への立ち向かい方(此処でも三浦氏との確執の片鱗が浮かび上がります)。議論が分かれる北条義時の重忠への評価、更には歴史的な重忠の評価についても、この戦をピークとして、それまでに御家人たちが積み重ねてきた記憶が重なり合って、英雄譚としての重忠像を作り出したと認めていきます。重忠自身が抱く背景と、当時の知識階級の人々や御家人たちが彼に仮託した在地領主たる「武士」の生き様。その中から後代の武士たちが模範とした、家名と伝領する領地を誇り、武勇を貴び、礼儀と教養を兼ね備えた英雄としての姿が生み出された瞬間。更には英雄像としての重忠の伝承を強く意識し続けたのが、血縁に当たるあの島津家であったという著者の指摘も実に興味深いです。

表題にある重忠の物語は此処までですが、その栄光に生まれ変わった家名の行く末を伝える為でしょうか、本書ではその後に畠山の家名を継いだ源姓畠山氏、室町時代に三管領と称される家系に繋がる物語を最後に綴ります。

武士の鏡と称される人物像を周辺から描き込む一冊。ほんの少しロマンチシズムを漂わせる重忠本人の人物伝としてはもちろん、重忠、秩父平氏一門の動きから、武士の勃興から始まり、鎌倉幕府草創期前後までの東国、武蔵の状況と、鎌倉殿を軸にした御家人制度が生み出される過程を流れで捉える事が出来る好著。

流石は歴史専門出版社の吉川弘文館さんらしく、歴史文化ライブラリーだけでも関連書籍がこれだけ揃います(私が現在持っているのはこの10年程度で刊行された分だけですから、実際にはさらに多くの関連書籍がシリーズとして収蔵されています)。

巻末に豊富に掲載された参考文献をご覧頂ければ判りますように、掲載した書籍は相互に深い関連があるものばかり。色々と読み比べてみると、更に東国の歴史への興味が深まるのではないでしょうか。

<おまけ>

本サイトの何処かで書いていたと思いますが、私が長く暮らしていた場所は重忠終焉の地のすぐ近く。北条の大群と遭遇した場所とされている万騎が原が幼少時代の遊び場でした。当時、区役所が主催していた地元の歴史史跡や企業を探訪する企画に参加して重忠の旧跡を訪ね歩いたのが小学校四年生の頃。私が歴史好きになったきっかけは、実に畠山重忠の物語とその史跡にあります。地元の歴史に触れる事は、きっと歴史好きになる扉を開いてくれる。そんな想いを抱かせてくれた重忠の物語と、最新の研究成果で描かれるその背景を改めて噛み締めながら。

広告