今月の読本「ウェストンが来る前から、山はそこにあった」(菊池俊郎 信濃毎日新聞社)杯片手に気軽に読みたい、信州の山々をつまみにした岳人たちの飲み屋話を

今月の読本「ウェストンが来る前から、山はそこにあった」(菊池俊郎 信濃毎日新聞社)杯片手に気軽に読みたい、信州の山々をつまみにした岳人たちの飲み屋話を

全国的に出版社や書店の廃業が続く中、地方ではありますが頑張って面白い書籍を出し続けている版元さんも、まだまだいらっしゃいます。その中でも、全国的に見ても読書人口に恵まれているのでしょうか、長野県にはその人口規模に似合わず、郷土に立脚した出版物を手掛ける版元さんが今でも複数社活躍されています。

長野の郷土出版社の筆頭に挙げられるのは、地元地方紙の雄でもある信濃毎日新聞社。全国規模で展開する大手出版社の作品をも上回る優れた企画力と、丁寧な編集。価格を抑えながらも綺麗な装丁で仕上げられた刊行物の数々は、読んで楽しく、手にとっても満足という、嬉しいラインナップが多数揃っています。

そんな信濃毎日新聞社が昨年ごろより始めた新企画が「信毎選書」。所謂選書シリーズと同じ版型を用いて、以前刊行されていた書籍の復刻版や単著としては扱いにくい内容のテーマを比較的安価に提供するという、大手出版社顔負けの刊行形態を地方出版社が手掛ける珍しいケースかと思います。

既にシリーズは十数冊を数えていますが、今回はこの中から描き下ろしとなる、それも信州らしいテーマに拘った一冊のご紹介です。

ウェストンが来る前から、山はそこにあったウェストンが来る前から、山はそこにあった」(菊池俊郎・信濃毎日新聞社)です。

著者の菊池俊郎氏は信濃毎日新聞社の元記者であり、写真に載せています、信濃毎日新聞社が誇る山岳写真集シリーズの一冊でもあり、圧巻の写真が畏敬の念すら感じさせる「北アルプスの渓谷をゆく」の解説文も担当されています。この写真集、余りの美しさと渓谷の厳しさに目を奪われるのですが、同時に菊池氏の歯切れの良い、かつ常に批評的視線を忘れない、元新聞記者の方らしい筆致が極めて印象的でした。

そんな著者の手により、あとがきにもあるように、山で一緒になった方々との呑みを含めた雑談の中から生まれたのがこの一冊。インパクトを与えようとして、やや挑戦的な表題を掲げていらっしゃいますが、ざっくばらんに書かれた本書の中で表題にあるウェストンの話題が出てくるのは全体の1~2割程度。決して本書の中核をなす話題として取り上げられているわけではありません。また、著者も繰り返し述べていますが、突っ込んだ議論を求めているわけではなく、信州に暮らす岳人の一人として、信州の登山に関する話題に対する疑問点を投げかけることで、東京中心、有名人の伝記中心の所謂ステレオタイプに対して一石を投じたいという想いで書かれており、目くじら立てずに、著者が雑談していた状況そのままに、軽く一杯傾けながら読むのがよさそうです。

そんな気軽に読みたい一冊ですが、冒頭から3章辺りまでは、素面で読んだ方がよさそうです。

信州の学生にとっては忘れられないであろう学校登山の経緯と変遷や、歴史に埋もれつつある峠を通じた他県(時代的には他国ですね)との交流、そして開山伝記の検証など、山を通じた生活という視線で見ると興味深い話が満載です。特に、学校登山の悲劇的な側面として取り上げられる西駒遭難事件について、映画で象徴的に取り上げられる、薪として燃やされてしまったことになっていた、山小屋の屋根(子供の時にテレビで見て以降、このシーンはトラウマになっています)が実は新田次郎の創作であり、資材運搬の限界で、当時の高山帯に位置する山小屋に屋根が無いのは当たり前、自分たちで持ち込んだ筵やコートで仮設の屋根を作るのが当然の事であったという著者の記述に、驚愕したと同時に、映画や作家の著作はフィクションであり、実際と異なっているという事実を改めて本書を通じて見つめ直させられたのでした。

そのような地元ならではの視点による山の物語への批評は、中盤戦に入ると表題に現れるウェストンを始め、明治以降の山の物語で欠かすことのできない人物の批評が繰り広げられます。内容は極めて興味深く、じっくりと改めて見つめ直してみたくもなりますが、如何せん前述のように批評精神旺盛な元新聞記者の方による筆致。この辺りからは批判の内容に耳を傾けながら、杯も一緒に傾けながら聞き入った方がよさそうです。

人物評に挟まれるように、地元に住んでなければ知る由もない、入会や財産区、水利権といった山にまつわる利権関係の複雑さを物語るちょっと真面目なお話も出てきますが(諏訪の一大観光スポットである霧ヶ峰や蓼科山中の殆どは「財産区」が管理する共有地。かの有名な白樺湖に蓼科湖、あの御射鹿池も、地元財産区が所有する「農業用ため池」だったりするのです)、基本的には楽しみながら読みたい内容が続きます。特に、登山の歴史や登山ガイドに興味のある方には貴重なお話が満載です。

最後の方になると、内容も筆致も完全に酔いつぶれ気味。山にまつわるよもやま話は信州を飛び出して、四方八方に飛び散っていきますが、それも飲み屋話の醍醐味。

ちょっと笑える話題から、固い話も少々きつい批評も交えながら脱線し続ける、信州を中心にした山々に関する話題を酒の肴に、ほろ酔い気分で楽しみたい一冊です。

<おまけ>

本ページで扱っている、信濃毎日新聞社の刊行物および、同じようなテーマからいくつかをご紹介。

広告
北アルプスにまつわる自然と人の営みを集めて(大町山岳博物館と4つの分野を跨ぐ特徴的な展示を)

北アルプスにまつわる自然と人の営みを集めて(大町山岳博物館と4つの分野を跨ぐ特徴的な展示を)

New(2015.9.13):本年夏から展示を開始したスバールバルライチョウ飼育舎のご紹介を追加しました。

New(2015.5.26):2004年を最後に飼育を中断していたライチョウの再飼育に向けて、近縁種であるスバールバルライチョウの飼育に着手するため、新たな飼育舎の建設が進んでいます。6月14日には完成披露を兼ねた企画展が予定されています。既に、上野動物園と富山ファミリーパークは次のステップでもあるライチョウの人工飼育に着手することが決定していますが、大町山岳博物館も新たな挑戦が始まるようです。本展示の詳しい内容については、現在開催中の特別展「山博にライチョウがやってくる!山博「ライチョウの里」へ再出発」の企画展ページをご確認ください。

お天気のすぐれないお休みの日。

塩尻まで足を延ばした序に、何時かは行こうと考えていた場所まで更に足を延ばしてみます。

大町山岳博物館外観信濃大町の街を見下ろす山裾に位置する市営の博物館「大町山岳博物館」です。

大町山岳博物館玄関正面玄関には、この博物館のシンボルでもあるニホンカモシカ親子のブロンズ像が据えられています。

美しい木目パネルがはめ込まれた玄関と、落ち着いた外観が印象的なコントラストを見せています。

大町山岳博物館館内1館内は撮影禁止ではありませんでしたので、差し障りのない範囲で。

タペストリー調のメッセージが要所に掲げられています。

大町山岳博物館エレベーター館内のエレベーターはこんな感じで可愛いイラストで彩られています。

館内の順路は、なんといきなり最上階ヘ上がれとの事で、3階に上がります。

大町山岳博物館3階展望台3階はこの博物館のハイライト。北アルプスを一望できる大展望台へとご案内です。

足元には空中撮影した大町と北アルプスの地形が飾られています。

大町山岳博物館3階展望台2展望台の窓には、こちらのようにカメラ用ののぞき窓も用意されています。天気が良ければ、北アルプスの素晴らしいパノラマが約束されているのですが、今日は残念ながら霞んでしまっています。

大町山岳博物館3階展望台と岩石標本そして、こちらが「博物館」であることを雄弁と物語る第一の展示物、北アルプスの大パノラマとして見学者を迎えてくれる峰々で採取された岩石見本が揃えられています。

眺めるだけではなく、山を肌で感じて欲しいとの展示者の想いが伝わってきます。

大町山岳博物館2階岩石標本1その想いは、2階の展示スペースに移るとよりいっそう明確になります。

北アルプスの成り立ちを解説するスペースに展示されている岩石標本たちは、写真撮影どころか「触ってみてください」のプレートが出ているのです。

屋内展示で、こんなオープンな博物館。そんなに多くは無い筈です。

大町山岳博物館2階岩石標本2こちらは中央構造線の解説パネルと岩石標本。こんな場所で、よもやの「白州おしかぶせ断層(地元です)」にお目にかかるとは思いもよりませんでした。こちらの標本ももちろん触ることが出来ます(化石標本すら触って良いのです)。

大町山岳博物館2階岩石標本3メタセコイヤの炭化化石。年輪や炭化した断面をじっくり触らせて頂きました。

大町山岳博物館玄関のはく製この展示者の想いは、地学から次は生物学に移っていきます。

玄関に飾られているはく製。本物のニホンザルとタヌキのはく製に「触ってみてください」と訴えかけています。この後に展示されている展示物への想いを込めて。

大町山岳博物館2階はく製展示12階のメイン展示スペースを占める、野生動物のはく製たち。苦手な方には大変申し訳ないのですが、この博物館の二つ目のポイントは「本物のはく製」で展示している事です。

玄関に飾られているはく製の解説文章にあるように、ここに飾られているはく製たちは不幸にして病気や死亡した野生動物たちを集めてはく製にしたものです。本物に限りなく近い展示物といえるでしょう。

大町山岳博物館2階はく製展示3この博物館のシンボルでもある、ニホンカモシカのはく製。シカとカモシカの違いについて、詳細に解説されています。どちらも同じように見えますが、生態から、そもそも種まで違う事をこの展示で理解して頂けるはずです。

大町山岳博物館付属園のカモシカ博物館の裏手にある付属園では、実際に保護されているニホンカモシカを観ることが出来ます。

更に裏側にはカモシカの生態に合わせて、山腹の急傾斜を利用したゲージも用意されています(実は、このゲージ自体も凄いのです。写真失念…)。

大町山岳博物館2階はく製展示2野生動物のはく製たち。こちらは標高別に飾られており、生態が把握できるように配慮されています。

大町山岳博物館2階はく製展示4水辺の生物のはく製たち。水辺の種類ごとに展示されています。

動物、鳥のはく製は本物なのですが、それ以外はプラスチック製なので落差が…。

大町山岳博物館2階ライチョウ展示1そして、この博物館の三つ目の特徴。はく製コーナー奥の一画にある。ここにしかないであろう、ライチョウの生態解説展示です。

この博物館の来歴をご存知の方なら、なぜ独立したライチョウの展示が行われているのかご存じかと思います。この博物館の付属施設では2004年まで低地でのライチョウの飼育と繁殖が試みられていましたが、残念ながら「継続的な」繁殖には至らず(2015.7.4:記述修正。実際には1886年に5世代目の誕生まで辿り着いたが、その後継続できず)、現在では中止されています。

大町山岳博物館2階ライチョウ展示2そんな苦い過去を持つ、この博物館。その学術的研究の成果の一端がこのような形で展示されています。

しかしながら、各種の報道でご存知かと思いますが、近縁種であるスバールバルライチョウを用いた飼育技術の試行が既に行われており、近い将来再びライチョウの人工ふ化に挑戦する機会が訪れるかもしれません。

大町山岳博物館2階ライチョウ展示3何時か、こんなシーンが当たり前の風景となる事を祈って。この研究には本館以外にも、他の動物園も参加しています。

大町山岳博物館1階山岳展示1触って感じる地質学。実物のはく製が本物の自然に迫り、失わる寸前に辛うじて留まるライチョウの展示が危機を訴える。規模の小さな博物館とは思えない充実の展示物の最後を飾るのは、1階に広がる、この館の表題を表す、登山の歴史を伝えるコーナー。入り口では時代ごとの登山装備が迎えてくれます。

大町山岳博物館1階山岳展示2展示されているのは登山だけではありません。山の暮らしに関わる品々が豊富に展示されています。

雑然とした民俗館と違って、映像を含めて視覚的に訴えてくるような展示を心掛けているようです。

大町山岳博物館1階山岳展示3メインの展示の一つである、信州と越中の峠越しの交流の歴史を紹介するコーナー。古文書や図録が豊富に展示されています。

大町山岳博物館1階山岳展示4昔の山人達が使った狩猟道具。貴重な当時のテグスや毛ばり、カモシカの毛皮で作った道具なども展示されています。

大町山岳博物館1階山岳展示5山小屋での語りを再現した、民俗博物館ではおなじみの展示もあります(笑)。

大町山岳博物館1階山岳展示6鳩便用箋戦前、山小屋での連絡に使われた鳩便用箋と鳩箱。

発信元や、緊急便の指定など、当時を物語る貴重な収蔵品も展示されています。

あ、近代の登山に関する展示もあるのですが、全くの素人なので…。ご興味のある方は是非ご自身の目で確かめてください。

大町山岳博物館前庭より北アルプス夕方になってようやく晴れてきた博物館の前庭より、大町の市街と北アルプスの山々を。

大町山岳博物館資料一地方都市の博物館としては、規模の割にはあまりにも豊富な展示分野を包括する大町山岳博物館。

ちょっとテーマを絞りきれない感もありますが、いずれの分野にも興味がある方(含む自分…)には、大満足の展示ではないでしょうか。

信州の一大観光地でもある安曇野からは少し離れますが、信濃大町の市街からはすぐの場所ですので、白馬方面や黒部アルペンルートにお越しの際にはちょっと寄ってみるのも良いかもしれませんね。

<ここから2015年9月13日の追加分です>

大町山岳博物館付属園正面博物館の裏山に広がる付属園。こちらで本年(2015年)から、ライチョウの再飼育、繁殖を目指した事前準備としての、近縁種スバールバルライチョウの飼育が開始されました。

大町山岳博物館付属園園内案内板付属園正面の解説板。

入り口前の最も良い場所にライチョウ舎が建てられました。

大町山岳博物館付属園新ライチョウ舎全景ライチョウ舎の全景。全部で3つの建物(実際には管理棟も新設されたので4棟)が新設されました。

アクリル?製の透明な窓越しに観察できますが、窓の正面にはロープと、日差しが直接飼育舎に入り込む事を防ぐためにテントが設けられています(脅かさないようにとの注意書きも)。

大町山岳博物館付属園スバールバルライチョウ展示実際の展示風景。このような形で窓越しに観察できます。

コンクリートの壁に空いている穴の向こう側が空調付きの飼育舎に繋がっているようです。

ゲージではなく、コンクリート打ち放しの環境での飼育は、以前のニホンライチョウ飼育時から変わっていないようです。

じっと見つめてしまうと、時々、穴の方に帰って行ってしまいます。

大町山岳博物館付属園スバールバルライチョウ説明板1スバールバルライチョウの解説板。

大町山岳博物館付属園スバールバルライチョウ説明板2飼育の経緯に関する解説板(画像をクリックすると、拡大表示になります)。

上野動物園での初年度の繁殖に向けた飼育は残念ながら実を結びませんでしたが、決して興業でも場当たり的な活動でもなく、このように国を挙げての活動の一端として行われている物です。

その中で、最も長い飼育経験を有し、5世代に渡る繁殖に成功した本館の知見は大変貴重なもの。残念ながら2004年を最後に飼育を中断していますが、今回のスバールバルライチョウ飼育を契機に、きっと次のステップ、ニホンライチョウの低地での繁殖、そしてその先の目標である自然環境への帰還まで実を結ぶと信じて。

スバールバルライチョウ1スバールバルライチョウ2スバールバルライチョウ3スバールバルライチョウ4既に3棟ある飼育舎の全てにスバールバルライチョウが入っている状態です。

いずれ、この飼育舎にニホンライチョウが、そしてこの地で繁殖したペアが飼育されることを強く願って。

 

 

<おまけ>

本ページでご扱っている、類似のテーマもちょっとご紹介します。