桜色の夕暮れに、枝垂桜(2019.4.13)

思わぬ大雪に驚かされた今週。

落ち着かない天気が続きますが、再び晴れ渡った土曜日の午後。

尾を曳く雲が伸びる南アルプスの上空。

今週降った雪がまだ山々にたっぷりと残っています。

八ヶ岳南麓側の桜は開花しましたが、標高900mを越える県境を越えた西麓側の桜の開花はまだもう少し先。

午後の日射しを浴びる紅色の蕾をいっぱいに付けた田端の枝垂桜。

2本の桜とコブシの木が同じ場所に植えられるこの場所。

三色に染まると称される木々ですが、一番早く咲き出すのはコブシの花。既に桜の蕾の上で花を開かせています。

今週の雪で山麓近くまで残雪が残る南アルプス。

傾き始めた日差しを浴びて、桜の花はゆっくりと開花の時を待っています。

八ヶ岳南麓側に戻ると桜の花はいよいよ見頃に。

うっすらと紅色に染まる南アルプスをバックに満開の花を咲かせる枝垂桜。

夕暮れを迎えて観光客の皆様もお帰りになり静かになった神田の大糸桜。重ね続けた幾年月、今年も花を咲かせ始めました。

古の人々が農耕の無事を願って植えたとする、その季節の始まりを告げる枝垂れ桜の開花。うっすらと桜色に染まる空の下で、今年もこの姿を望めたことに感謝をしながら。

すっかり長くなった夕暮れの空の下、暫く桜の木の前で佇んでいると、目の前を観光列車、四季島が通り過ぎていきました。

桜咲き始める、穏やかな春の夕暮れ。明日は再び午後から荒れ模様の天気になるようです。

広告

驟雨の中、春を待つ八ヶ岳山麓(2015.3.29)

桜の開花が発表され、既に満開を迎えた東京に対して、標高800mを越えるここ、八ヶ岳南麓はまだ春を待ちわびる段階。それでも、少しずつ春が近づいてきています。

碧空の八ヶ岳と開花前の桜火の見やぐら越しに眺める朝の八ヶ岳。桜の開花にはまだ早いようです(3/24)

碧空の南アルプスと開花前の神田の枝垂桜峡北の桜の銘木。北杜市小淵沢町の神田の枝垂桜もまだ芽吹く前。

樹勢回復措置中のため、碧空の下に伸びる枝垂れの枝ぶりもすっかり寂しくなってしまいました(3/25)

驟雨の八ヶ岳1驟雨となった週末の日曜日。

気温の高まりとともに、雲の向こうに望む八ヶ岳の雪渓はすっかり痩せて細くなってきました(3/29)

驟雨の八ヶ岳2標高1300mを越える野辺山。この辺りまで登ってきても路肩や牧草地に僅かに残る程度まで雪が減ってきました。

雪の残る八ヶ岳高原ヒュッテ標高1600m程に位置する、八ヶ岳の東麓の最深部。海ノ口別荘地に建つ、八ヶ岳高原ヒュッテ(旧尾張徳川家目白邸宅)。

冬のシーズンはお休みのため、周囲はひっそりとしています。流石にこの標高ともなると、そこかしこに雪が残っています。

驟雨の中、開花前の田端の枝垂桜1再び麓に戻って、諏訪郡富士見町、信濃境にある田端の枝垂桜を観に行きます。

霧に沈む南アルプスを望む枝垂桜はまだ冬の装い。それでも用水の水の流れる音が春の訪れを教えてくれます。

驟雨の中、開花前の田端の枝垂桜2花の蕾がほんの少し膨らみ始めている田端の枝垂桜。

緩やかな足取りを見せる山麓の春。開花まではあと2週間ほどかかりそうですが、その時、遅れてきた春は一気に山を駆け上ります。