実りの秋色から次の季節へ(2019.9.19~30)

実りの秋色から次の季節へ(2019.9.19~30)

山里の秋を象徴する黄金色に染まる稲穂。

9月も終わりになって来るとそろそろ刈り入れの時を迎えます。

刈り入れを前に実りの色に染まる圃場で。

雨上がり、空に広がる雲の漣と稲穂の渚(2019.9.19)

雨雲に沈む山の圃場。

刈り入れが済んだ圃場の稲藁もしっとりと雨に濡れています。

霧に沈む夕暮れ前の圃場で。

雨に濡れた稲穂の黄金色が一際、鮮やかになる時。

晴れ間が戻ってきた朝の圃場。

稲穂の渚の向こう、雲に覆われていた南アルプスの山裾はまだ緑に覆われています(2019.9.25)

稲穂の輝きが増すと共に八ヶ岳の緑は徐々に色褪せますが、今度は赤銅色の落葉松の黄葉に染まる山の彩へと移っていきます(2019.9.27)

雨上がりの朝、高い秋の青空に雲が巻く下で、はぜ掛けが進む圃場を望んで。

集落沿いの圃場で稲刈りが進む頃、秋の例祭を控えた天神社の提灯が灯されるとシーズンも終盤。

季節は10月、今度は山から里へ秋を迎えに行くシーズンがやってきます。

深まる秋への入口で(2019.9.8~15)

台風の襲来により大きな被害が出た関東地方。

山々に囲まれた此処、八ヶ岳山麓では夜半に強い雨が降った程度で農作物などへの被害はありませんでしたが、台風がもたらした南からの暑い風に再び包まれる、夏のぶり返しのような日々となりました。

台風の到来を前にした日曜日の朝。

雲に覆われる甲斐駒を望む蕎麦畑。満開の蕎麦の花々が迎えてくれました。

急な暑さから逃げるように八ヶ岳の山裾を北へと向かい、野辺山へ。

まだまだ続く高原野菜のシーズン、眩しい日射しの中、レタスの葉は瑞々しい緑を湛えています。

大きく育ったキャベツたち。

台風を前にして抜けるような空の色となった昼下がりの野辺山。

レタスの栽培が多い野辺山界隈では珍しい、冬の野菜である白菜の畑。

夏場がシーズンのように思われる高原野菜ですが、温暖化の影響でしょうか、今では初雪の便りも聞こえてくる11月の始め頃まで収穫が続きます(2019.9.8)

強い風を残して去っていった台風が通り過ぎた後の圃場。

青空が顔を覗かせる中、南アルプスの上空は分厚い雲が尾を曳いています(2019.9.9)

秋らしく目まぐるしい天候の変化を続ける日々。少し涼しくなって、清々しい秋晴れとなった土曜日。甲府に降りた戻りで通りかかった白州から眺める八ヶ岳。

圃場の稲穂も、もう少しで刈り入れの時期を迎えそうです(2019.9.14)

南からの低気圧に乗って、再び熱を帯びた風が吹く日曜日。

部屋の中の蒸し暑さを逃れるように夕暮れになって外に出ると、柔らかな日差しを残して入笠山に夕日が沈んでいきます。

一杯に背を伸ばした蕎麦の花もそろそろ終わり。圃場は刈り入れのシーズンへと向かっていきます。

柔らかな夕暮れの空。

夕焼けの色も夏の赤い空から、黄色がかった空へと移り変わっていきます。

6時を過ぎるとどっぷりと暗くなる夕暮れ。

夏がぶり返したかのような気温の高い日もありますが、空の移ろいは確実に秋の深まりを教えてくれます。

来週は秋分、秋も本番です。

実りを待つ初秋の圃場で(2019.9.3~7)

暑かった夏が過ぎて朝夕は肌寒くなってきた八ヶ岳南麓の9月。

夏の日射しに育まれた作物たちも、そろそろ実りの季節を迎えます。

甲斐駒を望む朝の圃場。

雨上がりの朝、少し湿った空気を纏った圃場一杯に蕎麦の花が咲き揃います(2019.9.3)

秋を迎えて天気が目まぐるしく移り変わる中。

再び夏を思わせる眩しい日射しが差し込む朝、八ヶ岳西麓、網笠山を望む圃場も蕎麦の花に包まれます。

可憐な小さな花を付けた蕎麦の花々。陽射しを受けようと競う様に空へ向かって伸びていきます。

夜になると霧が降りて朝になると雲に包まれる南アルプスの山々。

朝になって眩しい日射しが差し込むと、雲は徐々に空へと昇っていきます。

圃場を埋める蕎麦の花々。満開となった蕎麦の花はこの後数週間すると刈り入れとなります(2019.9.6)

眩しい日射しが差し込む週末。

標高の高い原村の圃場、まだ緑が多い状態ですが、色付き、しっかりと実の入った稲穂が頭を垂れ始めています。

八ヶ岳の懐近く、小泉山の裾野に刻まれた谷戸に拓かれた棚田と圃場。

そろそろ実りの季節を迎えそうです。

振り返って八ヶ岳を見上げる圃場に並ぶ稲穂の群れ。

しっかりと田圃に根を張った稲たちはずっしりと頭を垂れしています。実りの嬉しさまであともう少し。

満開の蕎麦の花の向こうには、雲が沸き立つ霧ヶ峰の長い盾が広がります。

八ヶ岳の裾野に広がる稲穂の群れ。

眩しいほどの日射しの中、台風の余波でしょうか、時折、強い風が吹き抜けていきます。

夕暮れになって雲が出てきた西の空。

雲間と山の端の間から差し込む西日が、満開の花を咲かせる蕎麦畑を照らし出します。

再び暑くなった9月最初の週末。

明日からは台風の余波を受けて天気が悪くなる予報です。秋を迎えて実り始めた作物たちに災いが降り注がない事を願って。

 

長雨から暑い秋晴れへ(2018.9.14~17)

長雨から暑い秋晴れへ(2018.9.14~17)

台風が過ぎ去った後、急激に冷え込み雨が降り続けた八ヶ岳南麓。

明け方には気温が15℃を下回り、ひんやりと冷え込んで真っ白な雲に包まれる朝。秋晴れの中で登熟を待ちたい圃場でも、早めに刈り入れが進んでいます(2018.9.14)。

時折、強い雨が降る連休土曜日の夕暮れ時。

雨雲が切れ始めた南アルプスを望む圃場を埋める、浅い実りの色に染まる稲穂の漣(2018.9.15)。

漸く雨雲が過ぎた後、晴れ上がった眩しい陽射しが差し込んだ連休最終日。塩川を挟んで段丘の上から甲斐駒を望む、登熟を待つ明野の圃場。

汗が流れる程に暑くなった昼下がり。

夏空と秋の高い雲が交じり合う八ヶ岳の空。

実りの色に染まる圃場は刈り入れの時を迎えています。

再び猛暑の晩夏(2018.8.23~26)

再び猛暑の晩夏(2018.8.23~26)

台風が再びやって来た先週。

一度は秋の涼しさとなった八ヶ岳南麓ですが、台風が過ぎ去った後は猛暑が戻って来たようです。

台風の接近で、雲が山並みに集まりつつある朝。

台風の接近を感じさせる風に揺れる、例年より早く色付き始めた稲穂の群れ(2018.8.23)。

台風が過ぎ去った後、再び暑くなり始めた高原。

漸く30℃を切り始めた夕暮れの圃場。西日を浴びる満開の蕎麦畑。

圃場には暑い風が吹き続けますが、高い空はもう晩夏から秋へと向かっている事を教えてくれます。

西の空に沈んでいく夕日。

透明な空に秋の雲が広がります。