まだ浅い新緑の中で(2019.5.5)

今年のGWも終盤戦。

沸き立つ雲に夕立と、季節はすっかり初夏の装いになってきました。

それでも標高の高いこの界隈はまだ春と夏の狭間、漸く緑が眩しくなる頃合いです。

まだ浅い落葉松の緑に包まれる千代田湖の湖畔。長いお休みとあって多くの皆さんが湖畔でキャンプやバーベキューを楽しんでらっしゃいます。

峠を下り、谷筋に拓かれた松倉の集落へ。

満開の鮮やかな菜の花畑の向こうに、ピンクに彩られた山肌が現れます。

落葉松の植林地が崩落したか伐り出された後に植えられたのでしょうか。躑躅が山肌を覆う様に花を咲かせています。

杖突峠から高遠に下る谷筋を越えて更に西に林道を進むと、箕輪ダムへとたどり着きます。

ダムサイトから望む下流側。午後の日射しを浴びて鮮やかな新緑を輝かす落葉松林が谷筋を覆います。

谷筋を通る林道脇に咲く山桜。

山桜は咲き始めると同時に若葉が芽吹き始めます。若草色と薄い桜色が午後の日射しに交じり合う頃。

落葉松の新緑に包まれる沢筋。ここはダムの建設と共に住む人が居なくなった場所、地理院地図にすら字名が記される事がなくなりましたが、ダム建設の見返りとして拓かれた林道の脇には人が住んでいた跡が今もくっきりと残されています。

落葉松の緑。まだ瑞々しい芽吹きの色です。

芽吹きの色に染まる落葉松林。気温が20℃を越えて少し暑いくらいですが、せせらぎの音が響く落葉松林は涼しい風が吹き抜けていきます。

 

広告

秋晴れの空の下、秋の彩を先取りするツタウルシの紅葉を(2014/9/28)

>御射鹿池の四季の彩りはこちらにて。

雲ひとつない青空が広がった日曜日。

澄み切った青空を眺めながら、しばしドライブを楽しみます。

【各画像をクリックして頂くとフルサイズで表示されます】

コスモスと秋の八ヶ岳朝の八ヶ岳とコスモスの花(諏訪郡富士見町、先達)。

先週までは緑がかっていた山頂部も、少し黄色を帯びてきています。八ヶ岳の秋を彩る、落葉松の黄葉が始まったようです。

杖突峠から秋の南八ヶ岳杖突峠から眺める、南八ヶ岳の山並み。

八ヶ岳の裾野には、豊かに黄金色に輝く田圃が広がります。

千代田湖のツタウルシ紅葉杖突峠のすぐ裏手。千代田湖に向かいます。

湖畔の落葉松はすっかり色が濃くなってきていますが、黄葉まではまだ暫く時間がかかりそうです。

落葉松林の中に赤い色が見えています。

千代田湖のツタウルシ紅葉1湖の反対側に廻ると、落葉松の木に絡みつきながら、赤く紅葉をしているツタウルシの群落が出来ています。

千代田湖のツタウルシ紅葉6千代田湖のツタウルシ紅葉2千代田湖のツタウルシ紅葉4千代田湖のツタウルシ紅葉5千代田湖のツタウルシ紅葉3華やかなツタウルシの紅葉が始まると、山は秋本番。ひと月ほどをかけて、モミジから白樺、落葉松へと色付きが移ろっていきます。

紅葉前のもみじ湖千代田湖から西に向かって、少し標高の低い箕輪ダムへ。

ここは別名「もみじ湖」とも呼ばれるほど、周囲のモミジが鮮やかなのですが、湖畔の所々でモミジの紅葉が始まったようです。

普段ですと、10月中旬に始まって、ぐっと寒くなる文化の日の前後にピークを迎えるのですが、今年はかなり早めに紅葉が始まっているようです。

黄金色の八ヶ岳2再び八ヶ岳の麓に戻ってきて、黄金色の圃場から遠望します(茅野市湖東)。

黄金色の八ヶ岳1実りの秋。しっかりと熟してきた稲穂の群れ越しに、同じく色づき始めた八ヶ岳を重ねて。

黄金色の八ヶ岳3南八ヶ岳の山並みをアップで(茅野市北山)。

まだ緑の残る山麓と、枯れて黄色くなり始めた山頂部との対比が観られます。

色づき始める蓼科山と横岳こちらは北八ヶ岳。横岳と蓼科山をアップで。こちらも山頂部が大分色付いてきました。

紅葉の始まった御射鹿池20140928蓼科の懐。御射鹿池まで登ってみました。

こちらもツタウルシでしょうか、落葉松越しに赤く色づく木々が見え始めています。

本格的な紅葉シーズンの到来を告げるツタウルシの紅葉。10月を迎えて八ヶ岳周辺も秋本番を迎えたようです。

 

新緑の山々を越えながら信州を西へ西へ(八ヶ岳西麓から開田高原へ)

素晴らしい五月晴れに恵まれた週末。

残雪残る信州の山並みを望みながら、山国、信州を西へ西へと横断していきます。

田植えを待つ水田と甲斐駒青々とした空の下、甲斐駒と鳳凰三山の山並みが広がります。

水田の田植えまであともう少しです(北杜市、小淵沢町)

田植えの終わった水田と南アルプスの山並みこちらはさらに標高の高い圃場。

田植えが始まりました。空気が澄んだ空の下に南アルプスの山々と、富士山まで望めます(諏訪郡富士見町、先達)

畑越しに北アルプスの山々北上しながら諏訪に近づくと、正面には北アルプスの山々が見えるようになります。

足元には茅野の街並みと僅かに諏訪湖も望めます(諏訪郡原村、阿久)

杖突峠から諏訪の街並み諏訪湖を回り込む予定を急遽変更して、諏訪の街並みを背に、一気に杖突峠によじ登ります。

クリアーな空。落葉松の新緑の先には、諏訪湖と諏訪の街並み、霧ヶ峰から美ヶ原を望む事が出来ます。

左手には雲に隠されながらも、北アルプスの残雪を望む事が出来ます。

杖突峠から八ヶ岳連峰麦草峠から、今まで走ってきたルートを足元に眺めます。

遠くには八ヶ岳の山並みを望む事が出来ます。左から蓼科山、横岳、麦草峠を挟んで、天狗岳、雪がまだ多く残る、硫黄岳、横岳、主峰・赤岳といった八ヶ岳の中核、離れて、編笠岳、権現岳です。

新緑の箕輪ダム湖(もみじ湖)中央構造線の東沿いに伸びる山脈を抜けて、更に西へ一山抜けていく途中に、小さなダム湖、箕輪ダム湖があります。

周囲の新緑が湖面に眩しく映ります(伊那郡箕輪町、長岡新田)。

新緑の箕輪ダム湖(もみじ湖)2湖面の周囲は、ダムを造る際に植林されたもみじの木々で埋め尽くされています。別名もみじ湖と呼ばれています。

このシーズンは落葉松より淡い、黄緑色の葉に染まっています。

牧草地越しに大芝高原から南アルプス南アルプスの山々を抜けると、南北に広がる伊那谷に到着します。

伊那谷が広がりだす場所に位置する大芝高原。ここからは伊那谷に沿って聳える、両名峰を望む事が出来ます。

まずは、これまで越えてきた、南アルプスの山々を振り返って(伊那郡南箕輪村、大芝)。

大芝公園前の牧草地から雪を残す木曽駒前方には、これから超えていく木曽駒が真っ白な雪を湛えて聳えています。

牧草地では春植え牧草の刈取りが真っ最中です(伊那郡南箕輪村、大芝)。

権兵衛峠麓から木曽駒白く輝く、木曽駒の頂を(南箕輪村、南原)。

開田高原・九蔵峠から御嶽山遠望1権兵衛峠を越えて、木曽谷に入り、更に西に進路をとり続けると、正面に真っ白な御嶽山を望む事が出来るようになります。

その雄大な山並に圧倒されます(木曽郡木曽町、開田・九蔵峠)。

開田高原・九蔵峠から御嶽山遠望2こんな南に位置しているのに、雪を満々と湛える御嶽山。

裾野に広がる高原地帯の広さも圧倒的です。この先は岐阜県、高山。信州を西に抜けていく旅程もここでおしまいです。

開田高原の青空と筋雲最後に、開田高原から望む青空を。

高い空に、筋雲が幾重にも伸びていきます。

標高は八ヶ岳西麓の高原地帯と同じ1100mほど。位置は西にちょうど60km程度なのですが、ここまで移動するのに、下道でも100km以上の距離を経ています。

 

 

GW最終日はちょっと早い新緑を追って(落葉松の新緑と忘れられた小邑)

茅野の小さな名勝を堪能した後は、近場にしか移動できない時のとっておきの場所へ。

茅野の市街から馬力不足のSX4に鞭を打ちながら杖突峠を登れば標高1400mを超えてきます。

観光客の皆様が頻繁に行き交う国道から脇に入ると、山の中に静かな湖が見えてきます。

新緑の千代田湖2まだ若芽が生え揃っていない落葉松林に囲まれる、千代田湖です。

もう一ヶ月あとの躑躅のシーズンになると多くの来訪客に恵まれるこの場所ですが、この時期はひっそりと静まり返っています。

市街から僅かに30分ほどで到着できる、落ち着きのある静かな湖畔です。

新緑の千代田湖1落葉松と千代田湖の湖面を重ねて。

流石に5月の始めですと、まだ落葉松の芽が出揃っていませんので、鮮やかさはありません。

静かな水面を鳥が羽ばたいていきます。

高遠少年自然の家前の桜並木千代田湖から少し降りて、高遠少年自然の家の前を抜けると、最後の桜が花を咲かせています。

ピークの時には国道の入り口から桜に包まれるように道を上がって来る事が出来るのですが、すでに5月。ここより下の桜はすでに散っています。

長岡新田日影入邑の由緒板千代田湖から国道に降りた後、ほんの少し杖突峠側に登ると、西の山に入り込む道が分岐しています。

2車線のきれいな道なのですが、地元の方か林道ファンでもないとあまり知られていないこのルートを抜けると、伊那市街を通らずに、箕輪ダムの畔から辰野方面に抜けることができます(狭路に自信のある方なら、ダム上流側から後山集落に抜けて、諏訪方面にダイレクトに抜けることも)。

綺麗に整備された林道の脇には、ダムができる前にこの地にあった集落、長岡新田日影入集落の離村を示す記念碑が建っています。

本村である長岡新田集落はすでに箕輪ダムの底。そして、ダム建設のために快適な道路ができたにも関わらず、本村とともに終焉を迎えた山間の小さな小さな邑は、林道脇の谷筋に今は僅かに住居跡を残すだけになっています。

長岡新田日影入邑中央構造線直近の脆い地質は常に崩落を繰り返しています。

集落跡の更に上部では、林道開通後に発生した大規模な地滑り跡の治山工事が今も続いています。

長岡新田日影入邑の桜主なき小邑に咲く桜の花は、その地名の如く午後の短い日差しを受けて最後の輝きを魅せています(E420)。

落葉松の新緑6集落跡の付近は一面の落葉松林(Lumia1020)。

落葉松の新緑が西日を浴びて眩しく輝きます。新緑の落葉松のカットを少々(画像をクリックしていただくとフルサイズで表示されます)。

落葉松の新緑4落葉松の新緑5落葉松の新緑7落葉松の新緑2落葉松の新緑3落葉松の新緑1山間の小邑に人影は失われてしまいましたが、その人々が育てた落葉松の林は今年もしっかりと芽を開き、新緑の季節を迎えようとしています。

GWの夕暮れ

連休もこれでおしまい。明日からはまた、日常が始まります。