秋色と空は移ろいながら(春日渓谷and大河原峠)2017.10.8

秋の週末連休。前日からの崩れた天候がなかなか回復しなかった土曜日から一転して、好天に恵まれた日曜日。少し暑いくらいの日差しの中、秋色を求めて、八ヶ岳の東側を廻ります。

色付きが進んできて秋の装いが深まってきた、清里、東沢大橋から望む八ヶ岳。

昨日と今日は甲府一高の強行遠足の日。生徒たちの一群が、それぞれのペースで山道を連なって登っていきます。

野辺山まで登って来ると、八ヶ岳の上空を覆っていた雲が取れはじめてきました。

一週間前と比べて、八ヶ岳の色あいも大分深まってきました。

山肌が目立ち始めた東側から望む八ヶ岳。

裾野を覆う落葉松林も徐々に色濃くなってきています。

更に八ヶ岳を東に廻り込んで、大河原峠に上がる蓼科スカイラインへ。

途中、鹿曲川林道が長期閉鎖中の為入る事が出来ない、春日渓谷を望める対岸から紅葉を眺めます。

まだ、緑が多めですが、山肌に彩が広がります。

大河原峠側を望むと、谷筋は黄葉に染まっています。

正面の尾根筋に点々と見える建物が、とある方の紹介で有名になってしまった、標高1800mに広がる廃墟謎の別荘地、蓼科仙境都市の別荘群(実働中)です。

暫くしていると、蓼科の麓から霧が上がってきました。

辺りには、あっという間に霧が広がってきます。

霧に追い立てられるように紅葉の森の中へ。

鬱蒼とした森の中に入り込むと、彩に溢れていました。

標高1800mを越えるこの場所は、もう秋真っ盛りです。

実は、この後に大河原峠を通過したのですが…物凄い車の列で駐車するどころの騒ぎではなく(予想はしていましたが、連年増えていく)、そのまま夢の平林道側へスルー。途中のエスケープゾーンに車を止めて、今まで上がって来たルートを俯瞰します。

付近は秋色真っ盛りです。

麓側の落葉松の森の中に、新しく建設が進むJAXAの深宇宙探査用地上局が見えているのが判りますでしょうか。

大河原峠を見上げます。

華やかな秋色に包まれる蓼科の山並みです。

そうこうしているうちに、再び霧が降り始めてきました。

霧に沈んでいく大河原峠へのアプローチルート。

全山が紅葉に包まれています。

霧の晴れ間に山並みをアップで。

大河原峠まで登っても、まだ落葉松の黄葉は始まる前。山は華やかな3色に包まれています。

女神湖まで降りてきました。

空は複雑な雲が浮かぶ、ちょっと秋らしくない天気。周囲の山々に広がる落葉松は、鮮やかな黄金色に色付く前の、暗く沈んだ色合いに包まれています。

落葉松以外の落葉樹たちは色付きの真っ最中。軽やかな色合いに森の中は輝きます。

麓まで降りてくると、八ヶ岳の西麓は、眩しい日差しと広がる青空。

あっけに取られながらも、山の天気だからと妙に納得しながら。

お天気に恵まれた連休の中日、どのように過ごされましたか。

今年の紅葉は少し遅れ気味(大河原峠2016.10.15)

10月も中旬になると、高原の秋も中盤から終盤戦に移るのですが、今年は少々異なるようです。

漸く秋らしい冷え込みになってきたここ数日。お天気に恵まれた土曜日の午後に少し標高を上げて、秋を迎えに行ってみようかと家を出ます。

秋の八ヶ岳野辺山から望む、昼下がりの八ヶ岳。

山裾の落葉松は、まだ秋の彩には程遠いといった感じですが、標高の高い場所は徐々に枯れた秋の色合いを見せています。

大河原峠の落葉松それでは、ぐるっと八ヶ岳の東麓を廻り込んで、標高1800mを越える、蓼科仙境都市へ。落葉松の黄葉は、なんだかくすんだ色をしています。

JAXA深宇宙探査機新通信施設予定地ところで、蓼科スカイランを登っていくと、お気に入りだった、山裾を広く覆う落葉松林が大規模に伐採されています。今更別荘地の開発(仙境都市…)じゃあるまいしと、車を降りて看板を確認すると。

JAXA深宇宙探査機新通信施設工事現場看板何と、一本谷筋を挟んだ南側にあるJAXAの臼田通信アンテナが老朽化のため、移設される事になったようです。

現行の64mから少しコンパクトな54mにスケールダウンされるようですが(その間のデバイス技術の進化を考えれば妥当な規模)、そうそう近寄る事を許さない林道のどん詰まりに、伴類を従え空を見上げて鎮座していた『うすだくん』が、今度は誰でも気楽に通りかかれる(今までより)、スカイラインのすぐ脇で新たな雄姿を見せてくれると思うと、ちょっと感動です(見事な落葉松林が無くなってしまったのは残全ですが、元々人工林)。完成は2019年度の予定。ちょうど、はやぶさ2が飛行中にその実力を試す機会が訪れそうです。

白樺と青空では、もう少し標高を上げてみましょう。

林道大河原線として整備された区間から、仙境都市内に入ると、名称が「蓼科スカイライン」に変わります(内実は変わりません)。

周囲の白樺はもう葉を落とし始めています。

秋の鹿曲川渓谷遠望2今は車では入る事が出来ない、鹿曲川渓谷を望む、岩の上で。

この時期、鮮やかな黄色に染まる渓谷沿い別荘地の紅葉は、まだ緑を多く残しており。ちょっと拍子抜けです。

秋の鹿曲川渓谷遠望1頑張って渓谷の山並みを狙ってみましたが、ご覧のとおり。

八ヶ岳界隈一の金襴緞子の紅葉を魅せる鹿曲川渓谷なのですが、緑が多い状態。紅葉自体も色付きが悪いままに既に落葉を始めています。

秋の鹿曲川渓谷遠望3少し気を取り直して、目の前を見やれば、美しい紅葉が。足元に目を配らず、スケールに拘り過ぎるのは良くない事なのかもしれません。

秋の大河原峠から浅間山遠望1蓼科仙境都市を越えて(今年も新築中の物件が、このリゾートはゾンビか)、標高が2000mを越えると、蓼科山の肩に位置する、大河原峠に到着です。

遠くに浅間山を望む事が出来ます。クリアーな秋空。

秋の大河原峠から浅間山遠望2鹿曲川林道が通じていた山の稜線沿いは紅葉真っ盛りの様子。

遠くに望む佐久の田園地帯はまだ刈り入れが済んでいないようで、黄金色の地肌が遠望できます。

秋の大河原峠から遠望峠に到着したのは午後3時。

気温はぐっと下がって7℃程。既に日が西に傾きかけ、谷筋には影が出始めています。

秋の大河原峠西日を浴びる、大河原峠の落葉松林。

今年は鮮やかな金色というより、深い飴色に染まっています。

秋の大河原峠2大河原峠を後にして、山を下って振り返ると、紅葉する蓼科の山並みが望めます。

今年は、どうも色合いがくすんでいるようです。

秋の蓼科牧場麓に降りて、蓼科牧場から蓼科山を望みます。

夕日を浴びて黄金色に燃え上がる蓼科山を期待したのですが…どうも上手くいかないようです。

夕暮れの浅間山遠望蓼科牧場から望む浅間山。

東に向けて、まっすぐに噴煙が伸びているのが判ります。穏やかな秋晴れの天候が噴煙からも見て取れるようです。

蓼科、女の神展望台から北横岳再び進路を南に向けて、家路に付き始めると、足早に西の山並みに沈んでいく夕日が北横岳を染めていく姿が見えてきます。西日を追って、八ヶ岳の北麓から徐々に西麓に進路を向けていきます。

蓼科、女の神展望台夕日に染まる北八ヶ岳の裾野。

すずらん峠を越えた先にある、蓼科女の神展望台では、遠くに南八ヶ岳の峰々を望む事が出来ます。

秋の夕暮れ1足早に沈んでいく夕日にせかされるように山を下っていくと、ぐっと早くなった日の入りを迎えた西日が山並みの向こうに沈んでいきます。

秋の夕暮れ2鮮やかな色を残して、山の向こうに沈んでいく秋の夕日。

紅葉はちょっと残念な状態でしたが、久々に良いお天気に恵まれた週末に感謝を。

 

春めいた午後には雪景色残る奥蓼科、御射鹿池へ(2016.3.13)

寒々とした曇り空の土曜日から、予報がちょっと外れて暖かな日差しがこぼれる、小春日和となった日曜日。読書三昧を決め込んでいた予定をちょっと変更して、お散歩に出掛けます。

春先の八ヶ岳全景まだ冬の気配が残る圃場から眺める八ヶ岳連峰の山々。

先週以来降り続いた雪で真っ白になりました。冬の始まりのころは雪が無くて驚かされたものですが、ここに来て何時もの冬の八ヶ岳の姿を見せています。

春先の蓼科山蓼科山も北横岳も真っ白に雪化粧しています。

霞んだ空の色が、ちょっと春を思わせる午後の昼下がり。

御射鹿池の樹氷9ならばと、何時もの奥蓼科、御射鹿池まで上がってみました。

霞んだ青空の下、雪化粧した木々が一面に広がります。

御射鹿池の樹氷5

湖面の氷はすっかり解けてしまいましたが、木々は真っ白にお化粧をしています。

御射鹿池の樹氷10

何時もは数人は必ず居るであろう休日の御射鹿池の湖畔。今日は誰もいません。

御射鹿池の樹氷7ひんやりとした風が吹き抜けていく湖面はゆらめき、鏡のような湖面はちょっとお預け。

御射鹿池の樹氷8

さざ波立つ湖面を何時ものカモがゆっくりと進んでいきます。

御射鹿池の樹氷6午後の日差しを受けて影を延ばす、雪化粧した湖畔の木々。

御射鹿池の樹氷1

湖面に映る、雪化粧した木々。

御射鹿池の樹氷2

 

御射鹿池の樹氷4

 

御射鹿池の樹氷3

時折、木々に降り積もった雪が風に乗って舞い込んできます。

御射鹿池の樹氷11

静かな御射鹿池で、暫し散策。春を目前に迎えてちょっと暖かな午後の日差しの中で巡り合った、冬の名残を収めて。

春先の南アルプス

薄ぼんやりとした、春めいた空の向こうに沈む南アルプスの山並み。

今夜から明日にかけて、断続的に雪の予報が出ていますが、そろそろ名残雪となるのでしょうか。

八ヶ岳ブルーに包まれた午後に(2016.2.7)

久しぶりに戻った八ヶ岳南麓。

既に節分が過ぎた、春節を迎える日差しは少しずつですが力強さを取り戻しつつあるようです。

陽射しが気持ち良い、良く晴れ渡った午後。冬のお楽しみ八ヶ岳ブルーを愛でに出掛けました。

八ヶ岳ブルーの下で4真っ青な空の向こうに八ヶ岳の山々が広がります(茅野市玉川)。

八ヶ岳ブルーの下で2雪に埋もれた農道の向こうに、横岳と赤岳を望んで。

八ヶ岳ブルーの下で3こちらは北八ヶ岳の山並みを。

八ヶ岳ブルーの下で1蓼科山と北横岳も綺麗に雪化粧をしています。

気温は0℃。少し冷たい風が日差しの眩しさを和らげてくれます。

八ヶ岳ブルーの下で5尖石縄文考古館前から望む八ヶ岳。

雪原となった前庭の向こうに見える山並みは、少し雪が少ないようです。

八ヶ岳ブルーの下で17少し気になって、更に標高を上げてビーナスラインまで登ってみます。

ここは標高1700mの伊那丸富士見台。道路はドライ、懸念通り周囲の雪原の雪はほんの僅かです。

八ヶ岳ブルーの下で8ガボッチョの方を望んでも、枯草が一面に見えてしまい、これではスノーシューは出来そうにもありません。

八ヶ岳ブルーの下で6伊那丸富士見台から望む八ヶ岳。

山頂部分は雪がしっかり乗っていますが、麓の方はまばらで、木々の隙間から少し見えている程度です。

八ヶ岳ブルーの下で9富士見台駐車場から望む、南アルプスの山並み。

少ないとは言っても麓の街並みは雪に覆われて、まるで雪原のようです。

八ヶ岳ブルーの下で11眩しい西日の向こうに、遠く御嶽山を望みます。

噴煙が南に向けて流れているのが判りますでしょうか。

八ヶ岳ブルーの下で7蓼科山と北横岳を正面に。厳冬期だけ楽しめる砂糖菓子のような姿、大好きな風景です。

八ヶ岳ブルーの下で10車山の頂を目指す山裾。唯、碧い空が広がります。

八ヶ岳ブルーの下で12夕暮れが迫ると、ギャラリーが一気に増えてくる富士見台駐車場から逃げ出して、霧ヶ峰側に降りてきます。

草原の向こうに八ヶ岳の山並みが伸びていきます。

八ヶ岳ブルーの下で13吹きさらしの草原は気温は-6℃。かじかむ手を摩りながらシャッターを切りつつも、日差しの暖かさを感じて。

こんな時、ダイヤル操作が主体のカメラは手袋をしたまま操作ができるので助かります。

八ヶ岳ブルーの下で14そうこうしているうちに、随分と長くなって5時を過ぎても明るさを保っていた日差しは、ゆっくりと西に傾いていきます。

八ヶ岳ブルーの下で18日暮れを迎えた、池のくるみ。

草原が黄金色に輝く時間。

八ヶ岳ブルーの下で15夕暮れ色に染まり始めた、蓼科山と北横岳。

八ヶ岳ブルーの下で16八ヶ岳もゆっくりと日暮れを迎えます。

久しぶりに冬の八ヶ岳を満喫した午後。

さて、次にこの景色を楽しめるのは何時になるでしょうか。それまでの想い出として。

 

静かな初冬の午後に(蓼科と御射鹿池)2015.12.6

初雪が降った先週。

初雪の後の甲斐駒すっかり冬景色となった朝の甲斐駒(2015.12.1)

寒気が降りて来たのでしょうか、少し肌寒い週末を迎えました。

強風が一日中吹き続けた土曜日と打って変わって、風のない、どんよりと雲が垂れ込めた日曜日。

こんな日は写真には向かないのですが、そんな時こそ訪れたい場所もあります。

薄雲の向こうに北アルプスを薄雲の向こうに浮かんでいる、雪を被った北アルプスを遠望して。

この季節になると時々眺める事が出来る景色。写真にするとあまり映えませんが、雄大な北アルプスを遥か望むのもまた、気分が良いものです。

初冬の蓼科山遠望柔らかい青空の下、雪を被った蓼科山を望みます。

頂上部分は完全に雪に覆われてしまいました。

初冬の横岳と蓼科山

横岳も併せて。

初冬の天狗岳天狗岳も真っ白に雪化粧をしてしまいました。

風のない曇天、それでも気温は2~3℃と低く、コートなしでは数分しか持ちません。

WP_20151206_15_48_18_Pro何時も撮影に訪れる、奥蓼科、御射鹿池。

実は、シーズン以外の時は何の変哲もない、山に向けて袋小路の行き止まりとなる急坂の荒れた2車線の県道沿いに見える、単なる農業用ため池だったりします。

この御射鹿池、某家電メーカーさんのTV-CMから人気に火がついて、今や新緑や紅葉のシーズンになると、正面に見えている車道に車が溢れ行き来も困難なぐらいに。ご覧のように、ガードレール脇から湖畔に降りていく道も荒れてしまっています。

この状況に対して、来年度には車道を少し左に寄せて、湖畔のガードレール側に歩道を作る工事が始まるそうです(どうして用地が捻出できたかは、御射鹿池の経緯をご存知の方には説明不要な筈です)。

工事終了後は原則として湖畔には降ろさないようにする方針だそうですが、綺麗に整備される一方、オフシーズンには静かで心地よい、このような鄙びた風景もどうやら見納めのようです。

少し曇った風が無い日だけに楽しめる、温泉由来の水により酸性度が高く、特定の水生植物しか生えないために生み出されるこの池の名物、鏡像。今日はどうでしょうか。初冬の御射鹿池、鏡像1すっかり葉を落とした木々の枝が、乏しい陽射しの中、どうやら綺麗に写り込んでくれたようです。

初冬の御射鹿池、鏡像2既に葉を落とした周囲の木々も静かに湖畔に佇んでいます。

P1060200敢えて、湖畔のガードレール沿いからの一枚を。

静かな初冬の湖畔。のんびりするにはちょっと寒いのですが、乏しい冬の午後の日差しの中、ひっそりと、こんな景色を眺めるのも悪くありません。

雪が降り、池が凍るまでの僅かな期間だけ楽しめる、この冬最後の御射鹿池の鏡像。もう暫く楽しませてもらう事にします。

P1060166麓から眺める、光芒が射す夕暮れの空。

びっしりと空を埋める雲はちょっと冬っぽくない天気ですが、それでも肌寒さが増すごとに、本格的な冬の到来を感じられずにはいられません。