夏の空色(2017.7.15~17)

夏休み前の3連休。

梅雨明け前ではありますが、良いお天気が続きました。

暑さを避けて、観光客の皆様が大挙して訪れるこのシーズン。皆様が訪れる場所とはちょっと異なる場所で暫し、涼んでいたりします。

朝の蕎麦畑。晴れ渡った高い空に、色々な雲がたなびいています。

まだ9時前ですが、八ヶ岳の上空には雲が湧き始めています。

少し湿っぽいうろこ雲が残る空。夏の空に至るにはあともう一歩のようです(2017.7.15)。

通り雨が降った夕暮れ時、雨に冷やされた牧草地が、大きく呼吸を始めています。

夕暮れの日射しが差し込む牧草地。靄がかかった先に、夕日のカーテンが伸びていました(2017.7.16)。

暑い夕暮れ、眩しい日差しがゆっくりと西の山の際に降りていきます。

雲を焦がす黄金色に輝く夕暮れ。

周囲の空も、少しずつ夕暮れの色に染まっていきます。

再び雲の下に降りてきた、真っ赤に染まる夕日が、地上を焦がしていきます。

連休最後の夕日が山の向こうに沈んでいきます。

鮮やかな色を空に残して去っていく夕暮れ。

午後7時を廻ると、周囲はぐっと暗くなり、陽射しが短くなってきたことを実感させます。

気持ちの良い秋の朝(2016.9.9)

台風崩れの低気圧が北に過ぎ去った朝。

少し早く目が覚めたので、出勤前に何時もの場所に出掛けてみます。

朝の蕎麦畑1抜けるような秋の空。

昨晩の雨が残していった、少しウロコがかった雲が八ヶ岳の上空を流れていきます。

圃場を埋める蕎麦の花は第三段目が満開となり、今が見頃。

朝の蕎麦畑3一段上がった圃場から、雲海をたなびかせる甲斐駒を遠望して。

天空に広がる蕎麦の花畑。

朝の蕎麦畑2甲斐駒の山頂部はまだ緑を湛えていますが、もう少しするとシックな秋の色合いに変わり始めます。

刈り入れ前の朝の圃場同じ圃場に広がる水田。

実りの秋まであともう少し。

朝の蕎麦畑4強い風が吹き、糸曳く雲が八ヶ岳の空を次々と越えていく朝。

気持ちの良い、秋の朝の一コマを。

台風前の蕎麦畑にて(2016.8.28)

台風接近の影響でしょうか。

時折、強い雨が降る8月最後の週末。

日曜日の夕暮れになって、少し日差しが戻って来たタイミングで外に出掛けます。

台風前の蕎麦畑にて1日差しが戻り、青空が北側から広がり始めた八ヶ岳西麓。

広がる山裾を埋める咲き始めた蕎麦の花に、夕暮れの陽射しが差し込んでいます。

台風前の蕎麦畑にて2南アルプスを正面に見る蕎麦畑でも、蕎麦の花が咲き始めています。

西の山並みの上空にはびっしりと雲が広がっています。

台風前の蕎麦畑にて3少し西に移動すると、雲の切れ間から光が差し込んできました。

台風前の蕎麦畑にて4こちらの畑は蕎麦の花がもう満開に。

台風前の蕎麦畑にて_コスモス圃場の畔に咲くコスモスの花。

もう、高原は秋模様です。

台風前の蕎麦畑にて5高い空に雲が舞う、秋の圃場。

実りの季節がもうすぐそこまで来ています。雲が差し込む編笠山一端、雲が引いていった八ヶ岳の上空。

ひんやりした風が吹き出すと、あっという間に再び雲に覆われていきます(編笠山)。

台風前の蕎麦畑にて6西から押し出してきた雲が再び圃場を埋めはじめた夕暮れ。

この後、麓にも夕立がやって来ました。

不規則な動きを見せる台風の余波を感じさせる空模様が繰り広げられる夕暮れの空。

秋らしい、安定した天気を迎えるにはもう少し時間が掛かるようです。

 

夏と秋が混ざり合う空の下には蕎麦の花(2016.8.21)

夏休み明けの週末。

夜になると虫の音が鳴り響き、時に毛布にくるまってしまう程に涼しくなりますが、まだ8月中盤。空模様が複雑に変わる中、眩しい日差しに最後の夏を感じながら外を歩きます。

夏と秋の交わる空1昼下がりの南アルプスの山並み。

山の上には夏を思わせる雲が湧いていますが、高い空の上には秋の雲。季節が徐々に混じり合っていきます。

咲き始めた蕎麦の花4標高1100mの圃場では、今シーズン初の秋蕎麦の花が咲き始めています。

咲き始めた蕎麦の花2圃場を埋める白い花。

八ヶ岳の上空には台風の影響でしょうか、巻雲が巻いています。

咲き始めた蕎麦の花1蕎麦の花に囲まれる晩夏の昼下がり。

明け方まで小雨交じりの天気でしたが、徐々に日差しが強くなり、気温はこの時点で25℃。その後は暑いくらいに。

咲き始めた蕎麦の花5僅かに開かれた空閑地にも、蕎麦の花が咲いています。

すっかり高くなった空の青が眩しいです。

夏と秋の交わる空2入笠山を望む圃場より。

名残の夏を惜しむかのように、午後になると山の上にはびっしりと雲が湧いていきます。

晩夏の空に舞う鳶1湧き始めた雲の向こうに、強い風を捉えて悠然と鳥たちが行き交っていきます。

晩夏の空に舞う鳶2目の前の休耕田に集まって、風を捉えはじめると、一羽、また一羽と大空に羽ばたいていきます。電気柵が普及してからでしょうか、人が中に入り込まないと知って、地上でも悠然と歩きまわる姿が、ここ数年増えてきたように感じます。

晩夏の空に舞う鳶3アップにして抜いてみたら、どうやらトンビのようです(換算85mmだとこれが精一杯…というか全然撮った事ないので)。

秋色交じりの空の下、風を捉えて悠然と目の前をかすめるように飛んでいく姿に、少し憧れてしまいました。

咲き始めた蕎麦の花3空に秋模様が混ざり合うと、八ヶ岳山麓は秋蕎麦の花が咲くシーズン。

これから9月の中旬ごろにかけて、標高を下げながら徐々に見ごろを迎えます。

 

 

雨が上がった夕暮れ(2016.6.25)

梅雨らしい天気が続く日々。

撮影には向かない日々はちょっと憂鬱になりますが、それでも農作物にとっては大事な梅雨の雨。

そんな部屋籠りが続く中で、お天気が回復してきた日曜の夕暮れに外に出た時の一コマを。

P1070868蓼科山と北横岳を目の前に望む蕎麦畑。

小さな白い花が咲き始めています。

P1070856日差しが戻ってきた圃場。

P1070865a綺麗に整えられた田圃にゆっくりと西の空に沈んでいく夕日が雲間から零れてきています。

梅雨空もあと数週間ほど。そろそろ夏の声が聞こえて来そうです。

 

秋晴れの朝、蕎麦畑にて(2015.9.11)

激しい雨が降り続いた今週。

水田では刈り入れ前の稲が一部倒伏した個所もあったようですが、それほど影響は出ず、漸く迎えた眩しい朝日。

少し寄り道して、シーズンも終わりに近づいた蕎麦畑に向かってみます。

秋晴れの空と八ヶ岳を望む蕎麦畑1視界いっぱいに広がる蕎麦畑、遠くに八ヶ岳を望みます。

秋晴れの空と八ヶ岳を望む蕎麦畑3八ヶ岳をアップで。

秋晴れの空と八ヶ岳を望む蕎麦畑2蕎麦の花もかなり高さが高くなってきました。そろそろ花のシーズンも終わりです。

秋晴れの空と鳳凰三山を望む蕎麦畑2遠くに南アルプスの鳳凰三山を望んで。

残念ながら甲斐駒は雲の中。

秋晴れの空と鳳凰三山を望む蕎麦畑1思い思いに立ち上がった蕎麦の花を重ねて。

朝の日差しが眩しいです。

秋晴れの空と八ヶ岳を望む蕎麦畑4八ヶ岳をバックに蕎麦の花を。

秋晴れの空と八ヶ岳を望む蕎麦畑5すくっと立ち上がる蕎麦の花。

晴れ渡る秋晴れの下。こんな景色を眺められることへの実感を噛み締めて。

 

秋雨の午後、圃場にて(2015.9.6)

一旦晴れた週末の八ヶ岳南麓。しかしながら、今日は朝からしとしとと雨が降り続く生憎の天気。

時折ざっと強く雨が降る中、意を決して夕飯の食材を買いに行く途中、ちょっと寄り道です。

P1050099八ヶ岳の麓、山沿いに広がる谷戸の圃場には、実りを前にした稲穂と蕎麦の花が広がります。

普段なら、正面に甲斐駒を望む事が出来るこの場所ですが、今日は雲の中。

P1050034真っ白な蕎麦の花で埋め尽くされた圃場。霧が降りてきた雨の中、辺りはひっそりとしています。

P1050084山裾を埋める蕎麦畑。所々に稲穂も見えています。

P1050049

P1050052可憐で小さな蕎麦の花。赤い花弁がポイントです。

P1050061

P1050038

P1050093話に聞くように、高さを何段かに分けて咲く蕎麦の花。こちらの畑では三段目の花が咲き始めています。

P1050089身が入り、しっかりと頭を垂れ始めた圃場の稲穂。これだけ雨が降り続くと、収穫への影響が気になります。

P1050043

P1050058雨の中、一生懸命に花を咲かせる蕎麦たち。

ずぶ濡れになりながらの撮影でしたが、この景色が愛でられるのはほんのわずかの間。

一瞬の美しさを楽しみながら。