今月の読本「足利直義」(森茂暁 角川選書)類書を引きつつ新たな歴史描写を模索する、理想のナンバー2の思想と足跡

今月の読本「足利直義」(森茂暁 角川選書)類書を引きつつ新たな歴史描写を模索する、理想のナンバー2の思想と足跡

最近特に増えてきた室町時代の歴史関係書籍。

中でも最も多いのは、鎌倉幕府滅亡から南北朝合一までの期間を扱った本達。昨年も「南朝の真実」がスマッシュヒットしたように、(歴史ファンの皆様の間では)注目を集めている時代のようですね。そんな中でも注目を浴びるのは、やはり後醍醐天皇と楠木正成。そして、近年積極的な再評価が続けられている足利尊氏でしょうか。

今回ご紹介するのは、そんな再評価が続く足利尊氏の無二の片腕でありながらも悲劇的な最期を遂げる事となる弟、足利直義を単独で扱った一冊です。

角川選書・足利直義と類書たち足利直義」(森茂暁 角川選書)です。

著者は既に同時代に関する複数の著作を有する方であり、同レーベル(角川選書)でも既に足利義教を扱った「室町幕府崩壊」を出されています。丁寧に丁寧に段階を追った著述と、著者の感情を少し織り交ぜた親しみやすい文体は一般読者に向けて刊行される選書に相応しいのでしょうか、再びの登板となったようです。

そして、テーマとして取り上げられた足利直義。兄である尊氏の陰に隠れるように登場し、鎌倉幕府崩壊後の混乱期、鬱気質で移り気の激しい兄を叱咤激励しながらも創業期の室町幕府を必死で支える、中世期随一の名政治家(武将としては、時に鬼神の活躍を見せる兄と比べて今一歩という評価は既に固まっているようですね)としての前半生。そして観応の擾乱の一方の主役として、兄との確執と争い。最後には兄の手に掛かって落命するという悲劇の最期を遂げる末期と、波乱に富んだ人生を送った、実に興味深い人物です。

本書も、著者が文中で述べているように、これまでマイナーな扱いを受けてきたために掘り起こされることの少なかった室町期の魅力的な人物たちに光を当てようという、一連の流れの中で刊行された一冊のようです(冒頭で述べている足利直義ブームかどうかは…)。

そして、本書の特徴はこれまでの類著と異なるアプローチを目指している点です。著者は前著「室町幕府崩壊」でも本書でも、その基底には佐藤進一氏の研究成果を置いている点についてはあとがきで言及されている通りです。その上で、著者はその精緻な政治機構、組織研究とは違った視点での歴史著述を追及していきます。それは、文中でも多数の引用がなされている、黒田日出男氏の美術史としての研究成果。大きな波紋を巻き起こした、氏の国宝神護寺三像の研究および著作に大きな刺激を受けて本作を著述したと明言しており、一章を割いてその検証と見解を述べていきます。

その結果本書では、類書で見られる政治史としての鎌倉幕府崩壊から観応の擾乱迄の歴史叙述を足利直義の足跡で辿るというスタイルを踏襲する一方、詳細については冒頭に写真を掲載しました類書の典拠を記す形で省略し、人物としての足利直義の思想に踏み込んだ議論を提起しようとしていきます。多くの同時代を扱った書籍がその根拠として求める太平記の著述に頼る事を少し控えて、著者が豊富に収集した史料に見られる形式や花押の変化から読み取る直義の政治姿勢の変化。和歌に詠まれた政治姿勢の解釈(ちょっと解釈が直球すぎる感もあります)。宗教政策から見た夢中問答の読み解きと夢想疎石との確執(対峙)、そこから見つめる鎌倉幕府的な政治手法、御家人体制への強い希求心。仏国土を目指すことによる、宗教的、精神的な安寧の実現。従来から述べられてきた直義の政治的スタンスを精神性や感情から読み解こういうアプローチが随所に見受けらえます。

著者のアプローチの焦点となるのが、観応の擾乱が生じた原因の検証。類著にあるように、足利尊氏と直義の権力分掌とその制約、側近層の反目や体制に対する考え方の違いなど政治史的な記述の見解は変わりませんが、著者はそれらを上回る理由として、晩年に生まれた子息である如意王に己の権能を受け継がせたいとの「野望」を持ったと、前述の黒田日出男氏の著作を引用して述べていきます。そして、幼くして亡くなった如意王を失った喪失感が、政治家として誠実であった彼をして、政治への興味を失わせたと述べていきます。

この辺りの著述には、歴史研究者の著述を越えて、文芸の領域にすら踏み込もうとする感がありますが、如何ともしがたいのが、当該部分の傍証として、一旦は遠ざけた「太平記」の、更には最も史実から懸け離れた後半の魍魎的記述に依拠しなければならない点ではないでしょうか。著者は確信的に、如意王の生誕と喪失を主因に挙げていきますが、一方で太平記こそ、直義を政権(室町幕府)の負の側面を押し付けるスケープゴート(それ故に怨霊として祀られる)であるとも述べている点が、大きな矛盾として感じられてしまうのです。スケープゴートたる所以=それこそが観応の擾乱の主原因と繋がる、がある筈なのですが、少々腑に落ちないところではあります。そして、このような見解を述べられる書籍に付きまとう、思慮が先走る事による筆致の限界と、その記述に引っ張られるように、五月雨的に発生するバランスの崩れが本書でも見受けられます。特に、核心の部分にも拘らず、その内容をあまりにも類書の記述に依拠しているため、本書を読んだだけでは著者の想いが見えてこないという歯がゆさも、更なる追い打ちをかけるかのようです。

人物像を語る書における魅力と限界を共に見せてくれる本書。本書を読まれる前に、類書をまずはじっくり読んだ上で、著者の想いをもう一度捉えなおしてみたいと考えながらページを閉じた次第です。

<本書をお読みになるにあたって>

  • 前述のように、本書は同じ角川選書から刊行されている黒田日出男氏の「国宝神護寺三像とは何か」に多くの記述、特に人物思想面を依拠しています。私は未読なのですが、本書の記述は、当該書が既読である事がほぼ前提となっている点に充分に注意することが必要かと思います(従って、私は本書を読む前に既に「落第」です)。なお、当該書は版元の弁としても「究極の歴史推理を読む」とまで評される内容であることを予め理解する必要がありそうです
  • また、冒頭に掲載しました写真の2作品「足利尊氏と直義」(峰岸純夫 吉川弘文館・歴史文化ライブラリー)および、「足利尊氏と関東」(清水克行 吉川弘文館・シリーズ人をあるく)も文中で繰り返し引用されますので、既読であることが前提となるようです(あと、佐藤進一氏の「<日本の歴史9>南北朝の動乱」(中公文庫)も)。前著は政治史的な2頭体制について、もう一冊は人物史としての足利家及び一族が背負っていた歴史背景が詳しく語られていきます「足利尊氏と関東」については、下記にてご紹介しております

<おまけ>

本書と併せて読んでいた本達と、関連書籍のご紹介。

広告
今月の読本「日本の古代道路」(近江俊秀 角川選書)官道たる駅路を語る背景に映る律令制中央集権国家への憧憬

今月の読本「日本の古代道路」(近江俊秀 角川選書)官道たる駅路を語る背景に映る律令制中央集権国家への憧憬

最近積極的に古代の交通路に関する著作を発表されている著者の最新作。

これまで発表されてきた著作の集大成的な内容を念頭に置いた作品との事もあり、初めて読んでみる事にしました。

日本の古代道路日本の古代道路」(近江俊秀 角川選書)です。

著者は現役の文化庁職員。埋蔵文化財の調査を専門とされている方でもあり、本編にも要所で古代道路発掘成果の紹介が出て来ます。その成果から求められた今回のテーマは「過去から現在に続く駅路とその変遷の物語」。

古代王朝の最盛期に作られ、全国を通じていたと考えられる官道たる駅路について、その利用方法や変遷をいくつかのテーマに基づいて著述していきます。

駅路を実際に使用し、そこで使役されてきた農民や駅子たち。海上との結節点としての駅路。律令制が崩れつつある平安時代に入ってからの駅路のその後と、往来への想い。そして、現代に繋がる駅路の発掘結果と、史跡と現在の交通路との交わり合い。これまでの著者の著述の範囲からテーマを大きく広げて、縄文時代から現代に至るまで幅広い時代背景のもとで、古代道路との関わり合いを述べていきます。

平将門や最澄と徳一といった判りやすいテーマの導入から本題に綺麗に繋いでいく。発掘結果や現地に訪れた心象に基づく紀行文に歴史的著述を織り込んでいく、そのこなれた筆致には非常に好感が持てるのですが、読んでいくとどうしても引っかかる点が出て来ます。

本書では、それぞれのテーマーごとに、地方、そして道路を作る事となる為政者の置かれた立場と、実際にこの駅路とその名残を使ったであろう登場人物たちの物語が語られていきますが、その背景に語られてく視点は常に一定しています。たとえそれが縄文時代の会津と浜通り、日本海側との繋がりでも。坂東を縦横に動き回った平将門の活躍でも。ラグーンと駅路が交わる場所で活躍したであろう郡司たちでも…。交通路を伝わって文化や文明は「中央から地方へ」と一方向的に送り込まれていくという感覚。その感覚と同居する、為政者たる律令制中央集権国家の強力な統制と制度に対する一種の憧憬とも思える描写。そして、その後の律令制崩壊によって失われた律令制度やその高度な構築、管理体制であったと思われる駅路の残滓へ寄せる想い。想いの強さゆえでしょうか、時にその筆致には研究者の方とは思えない、解釈抜きでの指摘を伴った著述がなされていきます。

そのような著述が若干気になっていらっしゃるのでしょうか、時に補正するかの如く、古代律令制と地方支配体制を述べる際には、繰り返し郡司以下の地方行政官たちは中央から派遣される訳ではなく、地方豪族が就任したことを明記していきます。但し、その記述自体が中央から派遣された国司による支配体制確立の前段階としての認識であり、最終的には中央集権体制に収斂する=駅路を通じてという論述に繋がっていきます。

そして、古代道路たる駅路の終焉について、本書では、平将門の進軍ルートと常陸国の駅路の変遷を通じて、交通目的に応じて経路が変わっていく事自体は解説されていますが、なぜ維持されなくなったのか、なぜ駅路制度が終焉してしまったかについては明確に答えてくれません。宇佐八幡の例を取り上げて、朝廷による勅使が続いていたからこそ古代の駅路の跡が今も道筋として使われていると述べるにとどまります。そこには現代と律令時代との歴史的な繋がりを強く希求する一方、その中間に位置する時代がすっぽりと抜けているかのようです。

発掘成果が物語る、あまりにも立派な駅路。そして、それを成し得た古代王朝の律令制中央集権国家に対する著者の想いの強さに、いささか当てられ気味にもなる一冊です。

<おまけ>

本書より僅かに先に刊行されたこちらの一冊は、偶然にも同じ石川県の加茂遺跡から発掘された木簡をテーマに採り上げています。全く同じテーマでありながら、逆の視点から著述される本書を併せてお読みになると、その視点の違いに意外な発見があるかもしれません。実は双方の著者の略歴が非常に似通っている(時期は異なりますが、同じ機関に所属)点でも極めて興味深い2冊です。

本書と同じようなテーマの書籍を本ページよりご紹介。

 

今月の読本「日本仏教入門」(末木文美士 角川選書)土着を遂げた日本仏教のポイントは最澄のトラウマから

今月の読本「日本仏教入門」(末木文美士 角川選書)土着を遂げた日本仏教のポイントは最澄のトラウマから

気候も穏やかになり、桜の花開く四月。

季節が移り変わっていくのと同時に、日本の春はあらゆるものが入れ替わっていくシーズン。

オロオロ、あたふたとしているうちに、あっという間に月末になってしまいました。

忙しくなればなるほど買いたくなるけど読み切れない、山のようになった読みかけの本。4月からの続きでGWも忙しくなりそうなので中々読み切れませんが、そんな中で漸く読み終わった一冊をご紹介です。

叢書の中でも比較的硬派なシリーズ、角川選書3月の新刊から「日本仏教入門」(末木文美士)です。

日本仏教入門まず読む前にちょっと気になった、このページ数で果たして仏教伝来から現代の仏教の置かれた立場までと言う1500年を越える歴史の概観が描けるのだろうかという点は、やはりなあといったところで、残念なながら近現代の部分の記述は巻末の僅かな部分に留まります。

しかしながら、その内容が僅かだからといって、本書の一貫したテーマとしてはいささかも崩れることはありません。

本書のテーマはそんなところでは無く、東アジアの仏教圏の中でも特異的な発展を遂げてきた「日本仏教」特性のポイントを、大学所属の研究者として、宗派に囚われること無く描き出そうとしている点です。

本書は著者のあとがき、および出典一覧をご覧頂ければ判りますように、主に中国や東アジア仏教圏の研究者との議論を行った際の講演録をベースにしています。その執筆に当たって、著者が最も気を遣った、日本の仏教を論じる際に、同じ仏教圏にありながら日本だけが著しく異なる発展を遂げてきた点を明確化しておく必然性に迫られた点を繋いでいくことで、日本への仏教土着に当たっての変質と、現在の所謂葬式檀家に至る経緯を明快に示していきます。

ばらばらな初出を纏め上げた一冊にも関わらず、間違いなく日本仏教史通論としての一冊になっている点は各章における著者の揺るぎない筆致と、編集者の力量の為せる技でしょうか。

そして、各章を通して語られる筆者の日本仏教に対する共通のポイントは、一般書でよく語られる、宗派別の経緯や開祖の物語を列挙するのでは無く、開祖達がどのようにして、その宗派を起こすに至ったのかを一貫したアプローチで示していきます。そのアプローチこそが日本における仏教土着の素地である点に非常に興味を覚えます。

従って、本書は類似の書籍のように鎌倉新仏教に軸をおいた記述を取っていません。初出の都合で順序が入れ子になって書かれていますが、飛鳥時代の仏典の招来から始まる日本の仏教受容について、日本に伝わる前の段階からそれぞれにターニングポイントを示していきます。

大乗仏教の特徴と、中国、朝鮮における仏典編纂による仏教思想の再編。理論構築手法を持たない日本に仏教がもたらされたことで、初めて王朝による記紀を用いた土着思想の理論構築が始められたと提起します。

その後、命を賭して来日した鑑真による東アジア圏に共通する具足戒による戒律の伝道と、既に土着習合化しつつあった日本の仏教との乖離は最澄、空海という二人の巨頭によって大きな転換を見ることになります。

日本古来の山岳修行からスタートした空海は、密教を完全に捉えきって、そこに山岳修行者としての出自を投影することで、高野山という日本における聖地の確立と、自然崇拝から続く古来の信仰を密教という形で包み込むことに成功します。

そして、留学の際も、密教の受容という意味でも、その後の南都との対立でも、常に傍系としての立場の苦しさに苛まれ続けた最澄とその後継者達のアプローチは、傍系故に、自らが新たな流れを立てることに意を尽くし続けた結果、日本独特の仏教の受け皿を作り得たと筆者はみなしていきます。

最澄、そしてその後継者達の布教、それに対抗する南都の戒律復興活動の中に日本仏教の特異性が内包されていると看破します。

傍系故に多数の教義、経典を兼学し、その中から最も優れていると思われる点を択一していく。大乗仏教故の民衆への近さを更に先鋭化するための戒律。大衆化の先にある、広く教義を広げるための平易化、土着宗教との競合では無く、包括と分担。

その結果が、鎌倉新仏教の教祖達による、禅、念仏、唱名といった単純化された独自の布教方法や、日本に特有の法華経の尊重。もはや戒律すら無い状態ともいえる民衆の中に生きる、現代の僧侶。寺院で行われる荘厳な宗教儀礼に対する、一般家庭にほとんど宗教的風習が無いにも関わらず、葬送儀礼だけが仏式で行われる不思議さ。これら全てが、最澄とその後継者達(栄西、法然、日蓮にしてもご存じの通り、比叡山で多数の教義を学んだ上で、習合から択一化、立宗に至っています)が、同じアプローチの中で進んでいった結果だと筆者は見なしてきます。

独自の進化を遂げた日本仏教の姿。その信仰も、教義も戒律も、東アジアに広く普及していると謂われる仏教と大きく異なってしまいましたが、その間に勝ち得た民衆との近さ、時の政治状況に利用された側面が大きいとはいえ、今でも各家庭にしっかりと根付いている「葬式檀家」の受け皿としてのお寺の立場は、唯物論的な近代個人主義と、神秘論や救いがたい程の精神的な闇を抱える現代人の心の狭間で布教に苦しんでいる他宗派から見れば、羨ましくも思えるのかもしれません。

しかしながら、それもこれも「傍系」からスタートしたが故の、屈折した想いを超越するためのアプローチ。もしかしたら、日本の仏教は現代人が抱えるのと同じように、当時の最澄が抱えたトラウマにすっぽりと包まれているのかもしれません。

<追記>

本書を追うように刊行された、新潮文庫版の「仏典を読む」では、本書では解説を一部省略している仏典や宗祖たちの書籍からどのような思想に至っていたのかを、仏典、中国仏教、日本仏教、そして最後にカウンターとしてキリスト者(のちに転向)立場から、同著と同じ視点を持って語られています。こちらも、著者の碩学が滲み出る、平易で簡潔な文体であるにもかかわらず、時々現れてドキリとさせられる、本質すら裏返そうとする視点に驚かされると思います(少し落ち込み気味の時に読んでいたので、引き込まれる半面、苦しくもありました)。

余談ですが、本書を読んで、言葉を以て語る事の本質に対して、一度その考えを壊した上で本質を捉え直そうとする禅に対して、時として言葉を操ることを自体を仕事とする自分には適用性が全くないことを今更ながら、思い知らされたのでした(脱却できない壁なのかもしれません)。

仏典をよむ

<おまけ>

同じようなテーマの本のご紹介です。