初冬の点描(2018.11.24)

初冬の点描(2018.11.24)

好天に恵まれた11月終盤の3連休。

八ヶ岳山麓の紅葉は既に終わり、季節は初冬へと進んでいきます。

既に山上の道路は冬季閉鎖、特に出掛ける予定もない土曜日の午後、お散歩がてらに撮った何枚かを。

すっかり葉を落とした落葉松林に囲まれる、奥蓼科、御射鹿池。

農閑期となるこの時期、農業用ため池としての役割も一休みで流れの少なくなる池の水は驚くほど澄んでいます。

穏やかな湖面の水面に映り込む、落葉した落葉松の木々。

湖面が凍結して雪で覆われる厳冬期を前にした、初冬の鏡像。

夕暮れの諏訪湖。

大きく南へと遷った初冬の夕日が、穏やかな湖面に差し込んできます。

暫く湖畔で佇んでいると、杖突峠の向こうに沈んだ夕日が雲を焦がし始め、真っ赤に染まる雲の羽を羽ばたかせ西の空へと飛び去っていきました。

日暮れを過ぎた後、所用を済ませて八ヶ岳の懐深く、原村の八ヶ岳美術館前を通ると、冬の一大イベント、星空のイルミネーションが始まっていました。

連休中日の土曜日、イベントが開催されていたようで、美術館の駐車場も周囲の路上も車が溢れ、普段は静かなこの場所もちょっと賑やかな夜を迎えていました。

午後7時を前にして気温は既に1℃を下回る、初冬らしい冷え込みとなった夜。地上より半月早い山の季節は、徐々に本格的な冬へと進んでいきます。

梅雨の走り(2018.6.5~9)

梅雨の走り(2018.6.5~9)

6月に入ると、いよいよ梅雨入り。

カメラを抱えてフィールドに立つ事は減ってしまいますが、日常のワンシーンで収めた写真から。

梅雨入り目前となった圃場。

雲が織りなす景色を楽しみながらも、空模様が気になりだす頃(2018.6.5)。

雨模様となって梅雨入りが宣言された翌朝、厚く雲を被った甲斐駒の山頂が僅かに顔を覗かせ始めました。雪渓が僅かに残る山頂付近。

雲が取れはじめた南アルプス。暑い雲海の上空から青空が広がり始めました。

山脈をダイナミックに動く雲間から顔を覗かせる甲斐駒。梅雨の走りのワンシーン(2018.6.7)。

一旦は天気が回復して暑くなった土曜日の夕暮れ。

雲は晴れましたが、夕暮れに掛けて強い風が吹く中、まるで浜辺のような波飛沫を上げる諏訪湖の湖畔。そろそろ台風の足音が聞こえて来たようです。

 

緑の季節から移り変わる空へ(2018.5.24~26)

緑の季節から移り変わる空へ(2018.5.24~26)

天気の移り変わりが徐々に早くなってくる5月の末。

空の色も薄く霞んで、一足早く夏を思わせる天気が続きます。

山里の圃場。田植えのシーズンも最盛期。

夜半まで降っていた雨が止んで、明け方に南アルプスへ掛かっていた雲海が少しずつ山並みから離れていきます。

クリアーな空となった夕暮れ。

宵の明星を残してどっぷりと日が西に沈んだ後、カエルの大合唱が響く圃場には涼しい風が吹いています(2018.5.24)。

寒暖の差が大きく、宵の内は綺麗に晴れていても、朝になると雲に覆われれる事が多い5月の末。朝になると、圃場の上には強い風に流された雲の尾がたなびいていきます。すっかりと雪渓が痩せた甲斐駒をバックに(2018.5.25)。

気温が上がって午後になると雲が沸き立ってきた八ヶ岳西麓。

標高が1300mを越える八ヶ岳自然文化園と農業実践大学校の間に広がる白樺林の中でレンゲツツジガ咲き始めました。何時もより2週間ほど早く満開まで進んだレンゲツツジの花。季節の進むペースに翻弄される今年の春でした。

梅雨を迎える頃、高原野菜にとっては夏の収穫を前に苗を植え付けるシーズン。

遠くに沸き立つ、少し早い入道雲を望みつつ、原村の名産、セロリ(地元ではセルリーと呼ばせます)畑でも苗の植え付けが真っ盛りです。

日没を迎えた諏訪湖。長くなった陽射しが塩嶺の向こうに沈んでいきます。

青空とオレンジ色の日射しが湖面で交わる時刻。

陽射しが山並みに完全に沈む前、湖面を染める空の色はパープルが混じるオレンジから、琥珀色に移り変わっていきました。

夜半になると空は雲に覆われ通り雨が過ぎていった週末。そろそろ梅雨の季節です。

 

厳冬の朝に、神が渡る湖上の道筋(諏訪湖の御神渡)2018.2.9

厳冬の朝に、神が渡る湖上の道筋(諏訪湖の御神渡)2018.2.9

厳冬と雪が繰り返される今年の八ヶ岳山麓の冬シーズン。

月曜日の5日には、諏訪の皆様が待ち焦がれた御神渡の拝観式が八釼神社の氏子の皆様が氷上に居並ぶ中、無事に執り行われ、諏訪湖の湖面を渡る氷の道が正式に御神渡と認定されました(この記録は、後ほど諏訪大社に報告され、更に気象庁と宮内庁へと報告があげられる事になっています)。

冷え込みが続いたために、一度凍った諏訪湖の湖面は容易には溶けることも無く、日々成長を続ける御神渡の氷の道。平日にもかかわらず、続々と湖畔に訪れる皆様をちょっと羨ましく思いながら、山懐に近い、こちら八ヶ岳南麓も厳冬の日々が続いています。

再び夜半にサラサラの粉雪が舞った火曜日の朝。

甲斐駒と周囲の山々も雪雲に覆われています。

朝8時を過ぎて、雪雲が離れつつある南アルプス、鳳凰三山。

雪煙を上げながら離れていく雪雲を眺める、節分を過ぎても厳冬の日々が続きます。

そして、週末の悪天候と気温の上昇が伝えられる中、やはりどうしても見ておきたいという欲望には勝てず、金曜日の朝に諏訪湖へと足を向けます。

諏訪湖の西岸、湊小学校前の船溜まり近くには、沖へと向けて伸びていく氷の道がくっきりと表れていました。

沖合を下諏訪方面へと延びていく氷の道。

船溜まりから伸びた氷の道は、沖合でもう一本の氷の道に繋がっています。

近づいていくと、八ヶ岳をバックに、昇りはじめた朝日を受けて、氷の道が輝いています。

湖畔の岸辺に降りてみます。

氷の道が岸辺へと寄り添うように伸びてきていました。

霧ヶ峰をバックに岸辺から沖合へとうねるように伸びる、氷の道。

道の先は、対岸の諏訪大社下社がある、赤砂崎へと繋がっていました。

肌が切れるほどに冷たい、気温-10℃を記録した午前7時過ぎの諏訪湖畔。

厳冬期に訪れた、冬の奇跡ともいうべき景色に、訪れていた多くの方が魅入っていました。

日が昇ってきて、氷の道が浮かび上がって見えて来る頃、御来光を目当てに訪れていた皆さんが徐々に帰られる中、少し静かになった湖畔から、南八ヶ岳の峰々を望んで。

厳冬を待ちわびた先で、再び見る事が出来た、素敵な冬の朝の一ページとして(あ、このあと車を飛ばしてぎりぎりでの出社となったのは言うまでもありません…というか、地元の皆様も「朝活」ご苦労様です)。

暖かな3連休最初の土曜日、夕方から「かみ雪」が降りしきる中、湖に浮かび上がった氷の道はどうなっているでしょうか。

注記:

本来の御神渡はこちらのリンクの図にありますように、上社側の渋崎から、今回ご覧頂いた氷の道の先に繋がって下社側の赤砂崎に弧を描く様に繋がる事となっており、写真で掲載している部分は「本当の意味での」御神渡ではない事をご承知おきください。

神事としての御神渡や諏訪大社の特殊神事にご興味のある方は、非常に有名な八ヶ岳原人さんのサイトをご参照願います(今回の写真も掲載されています)。

 

立春の午後に(2018.2.4)

厳冬の満月と月食の夜を越えて、5年ぶりの御神渡確認の知らせに歓喜湧く諏訪の皆様がちょっと羨ましかったりするこの週末。

日曜日、季節の移り変わりを知らせる立春を迎えました。

昼下がりの長坂、清春白樺美術館前。

輝く雪渓を戴き厳然と眼前に佇む威容。厳冬期の昼下がりに、この場所から望む甲斐駒は、他を圧倒する威厳を放っています。

気温5℃と標高800m近いこの場所にしては暖かな、立春の名に相応しい眩しい日差し溢れる午後。

凍結した溜池越しに望む八ヶ岳も、先週の降雪で再び白さを取り戻しています。

麓に降りて用事を済ませて再び戻ってくると、陽射しをたっぷりと浴びていた甲斐駒は、再び雪雲の中に。

穏やかだった昼下がりと打って変わって、冷たい風が吹き抜け、気温は0℃程まで下がってきました。

今年の冬は、本当に風が吹く日が多いです。

天候が悪くなる前にと、夕飯の食材を調達するために、峠を越えて諏訪湖側に降ります。

普段は静かで、ランニングをする方がちらほらと見受けられる程度の湖畔には、驚くほど多くの方々が訪れています。

日没を迎える頃、正面の雪渓を戴く美ヶ原は、うっすらと夕日に染まり始めています。

雪雲に覆われた塩嶺の向こうから、柔らかな夕日が凍った湖面を照らしています。

そろそろ日没。

湖面を這うように進む氷の裂け目の先に、夕日に染まる美ヶ原を望みます。

流石にこの時間になると湖畔を歩かれる方もまばらに。

湖面を伝う冷たい風を受けながらも、暫し、移りゆく空の色を眺めつづけていました。

陽射しがぐっと長くなってきましたが、まだ厳冬の只中にある諏訪湖。明日の朝、氏子の皆様がこの5年間、願って止まなかった御神渡の拝観式を迎えます。

Frozen days2(全面結氷を迎えた諏訪湖)2018.1.28

Frozen days2(全面結氷を迎えた諏訪湖)2018.1.28

朝から薄曇りとなった日曜日。

前日に再び全面結氷となったとのニュースを聞いて、夕飯の買い出しの序に諏訪湖まで足を延ばしてみました。

諏訪湖を一望できる立石公園。

足元の湖面は完全に凍結していました。

ニュースを聞きつけて訪れた多くの皆様が、口々に「凄いね」と声を上げていました。街中にある、これだけ大きな湖が全面結氷すると、何度観ても流石にインパクトは大きいです。

正面向かって左側、諏訪大社、上社がある渋崎側をアップで。沖に向かって筋が伸びています。

立石公園の正面反対側、岡谷市湊の周辺です。

御神渡の候補になるでしょうか、沖に向けてカーブをしながら筋が伸びています。

正面右側の岡谷市川岸から、諏訪湖唯一の流出河川となる天竜川の源流点、釜口方向を望みます。

川の流れがあるために凍結しにくいのですが、今日は綺麗に凍り付いています。

そして、立石公園の手前右側、諏訪大社の下社がある、下諏訪町赤砂方向です。

こちら側の湖面は白く凍結しています。それでは、山を下りて湖畔に行ってみましょう。

下諏訪町赤砂から、上社のある渋崎方向を望みます。

お天気が良ければ、正面に富士山が望める場所ですが、午後になってお天気がさらに悪くなってきました。

波打つ事のない、凍りついた湖面が沖に向かって静かに広がっています。

諏訪湖を囲う山並みを氷上に映す、岡谷側から湖面を望みます。

葦原に打ち寄せられた水が、そのままに凍り付いています。

 

立石公園の反対側、岡谷市湊に来ました。

山の上から見えた、沖合に延びる氷の筋が幾重にも折り重なっています。

湖畔に立つと、時折ピシピシという、氷がせめぎ合う音が響いています。

暫くすると、西の塩嶺から雪雲が迫ってきて、一面雪雲に覆われてきました。

この後、遠くに白く霞む霧ヶ峰を望む湖畔は、あっという間に吹雪になってしまいました。

地元の方々が願って止まなかった今シーズン2度目の諏訪湖の全面結氷。

吹雪のような雪が降り、今夜までは引き続き寒さが続くとの気象情報の中、果たして神様が湖面を渡ると言い伝えられる、御神渡への道は今週、開かれるでしょうか。

 

燃える落葉松の秋色(2016.11.12)

クリアーな秋晴れに恵まれた土曜日。

里にも季節外れの雪が降るのではないかと冷や冷や(実際に麦草峠は前倒しで冬季閉鎖となりました)だった今週、遠出をしたい思いをぐっと抑えて、朝から冬支度に勤しみます。それでも、昼過ぎには一通り完了。短い午後の陽射しを追って八ヶ岳の西麓を進みます。

立沢大橋と八ヶ岳裾野を鮮やかに染めた立沢大橋から望む、昼下がりの八ヶ岳。

先週降った雪がまだ残っています。

晩秋の落葉松麓の落葉松もすっかり色付いてきました。

落葉松の森の中から鹿の声が響く頃、季節は晩秋から初冬へと歩みを進める八ヶ岳の西麓。

落葉松の黄葉と雪を戴く八ヶ岳1青空の下に落葉松の黄葉を添えて、雪を戴く八ヶ岳を。

落葉松の黄葉と雪を戴く八ヶ岳2落葉松の黄葉もそろそろ終盤、更に山の奥へと進んでいきます。

晩秋の池のくるみ八ヶ岳の峰々を遠望する、霧ヶ峰、池のくるみは木々の葉も落ちてすっかり冬の装い。

乏しくなる日射しを追って、山の西側に廻り込みます。

落葉松色に染まる森1燃えるように輝く落葉松の黄葉。

他の木々が葉を落とした後、落葉松の森は一斉に黄金色に輝きます。

落葉松色に染まる森2西日が落葉松の黄葉を染め上げていきます。ウィスキーにも似た、琥珀色の輝き。

落葉松色に染まる森3夕暮れまでの僅かな時間だけ楽しめる、輝く落葉松の黄葉。

それそれの木々に、それぞれの紅葉や黄葉もありますが、唯一つ、山を彩る針葉樹の中で一斉に森を輝かす落葉松の黄葉は、心を捉えて離しません。

落葉松色に染まる森4麓側に降りて振り返ると、西日に染められて、真っ赤に色付く紅葉する木々。

彩が色あせていく季節を前にして、最後の輝きを魅せてくれます。

日暮れの諏訪湖山を下り、諏訪湖まで降りてくると、まだ5時前ですが日差しはどっぷりと山の向こうに。

山々を巡る季節の速さに相乗りするように、麓も初冬の装いへと進んでいきます。