梅雨空は彩を変えながら(2017.6.18~7.5)

少雨、空梅雨と言われながらも、6月も中盤に入ると空模様はどんより、そして強い雨が降る日も。今年も梅雨空がやって来ました。

お天気が優れないので、どうしても撮影に出る足が遠のくのですが、それでも日々を過ごす僅かなタイミングで素晴らしい色合いが望めるのが八ヶ岳山麓の素敵なところ。そんな日々のカットからご紹介。

どんよりとした早朝、何時もの奥蓼科、御射鹿池の周りには、陽射しを待ちわびる多くの観光客の方が訪れていました。ひんやりとした緑が移り込む湖面を眺めるのもまた、心地よいひと時。

一雨ごとに緑が濃くなる御射鹿池周囲の落葉松。梅雨が明ける頃にはぐっと濃い、夏の緑に移り変わっていきます(2017.6.18)。

雨上がりの朝、梅雨らしいウエットな青空には巻雲が高く巻いています。

今年も早々と夏蕎麦の花が満開を迎えていました(2017.6.20)。

一年で一番日射しが長く降り注ぐ夏至。その翌日の夕暮れは7時になっても稜線を黄金色に染めています。夏を迎え入れる夕暮れです(2017.6.22)。

梅雨とは思えないほどに晴れ上がった朝、すっかり雪渓が細くなった甲斐駒を望む圃場の麦は黄金色に染まります。収穫を待ちわびる喜びの色(2017.6.23)。

梅雨空は複雑な雲を空に描いていきます。雨上がりの空に広がる高いうろこ雲と、八ヶ岳を吹き抜ける西からの風が雲を沸かせています。雨をいっぱいに受けた緑の苗はぐんぐんと伸びていきます(2017.6.23)。

朝まで降り続いた雨が止んだ後、ひんやりとした霧が流れ込む雑木林に陽射しが差し込んでくると、うっすらとした緑のカクテルが出来上がります。梅雨の合間に現れる一瞬のシーン(2017.6.30)。

強い雨が過ぎ去った夕暮れ、雲と霧が次々と目の前を過ぎていく圃場の上空に僅かに開いた雲間から、うっすらとフレアが差し込んできました。天使が舞い降りる刻。この後、気まぐれな天使達にきりきり舞いにされる事に(絶好のチャンスを逃して落ち込む2017.7.1)

梅雨の合間に広がった青空。夏のそれとは異なり、雨上がりで何処までも高く澄み切った雲間の紺碧が心を捉えて離しません。一番大好きな藍(2017.7.2)。

再び強い雨が降った後、南アルプスの上空には複雑に尾を曳く雲が次々と流れていきます。雲間から覗く、その上に広がる青空は既に夏の色です(2017.7.3)。

台風一過の朝。巻雲がたなびく高い空は夏の色を湛えています。圃場の苗はすっかり伸びて、もう空の色を映す事はありません。

夕暮れ、少し早く仕事場を出ると、遠くに望む八ヶ岳を駆け上る雲が夕日に色付いていました。立沢の圃場の脇に車を止めて、暫し夕空に付き合ってみます。

午後7時を過ぎて夕日が西に沈んだ頃、圃場を染める空の色は刻々と変わっていきます。

入笠山から北に向かって長く長く筋雲が伸びていきます。

夕日が西の空の向こうに落ちると、華やかな夕暮れのショーが始まりました。

圃場を染める夕日と茜の空。

空を焦がす茜色。シャッターを切る間にも、どんどんと色を変えていきます。

日射しが雲の向こうに去っていくと、周囲もぐっと暗くなっていきます。

どっぷりと日が暮れた午後7時20分。長いようで短い梅雨の夕暮れに催されたショーは幕を下ろします。梅雨もそろそろ終盤ですが、空模様を気にしながらの日々はもう暫く続きそうです(2017.7.5)。

 

 

広告

夏を迎えた八ヶ岳西麓の天候はちょっと不安定(2015.7.19)

台風が過ぎ去った週末の日曜日。

朝方の澄み切った晴れ間は、梅雨明けの発表が行われた後の午後になると、どんよりとした曇り空に変わってきましたが、折角の梅雨明け。少しでも夏の心地を拾いに出かけてみます。

立沢から望む梅雨明けの南アルプス圃場越しに南アルプスの山々を望む諏訪郡富士見町立沢にて。びっしりと空を埋める雲間から夏の青空が覗いています。

梅雨明けの立沢のトウモロコシ畑雲間から零れて降り注ぐ西日を浴びるトウモロコシ畑。

久々に戻ってきた日差しを嬉しそうに浴びているようです。

立沢の向日葵畑立沢の向日葵もいよいよ開花を始めました。

これから圃場一面に向日葵の花が咲き誇る筈です。

(Lumix DMC-GM5 + LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/1600,f2.8,ISO200,-0.7EV)

霧の池のくるみとミヤマシシウド2少し蒸してきたので、終わりかけのニッコウキスゲでも眺めながら涼をとろうかと考えてビーナスラインに上がってみると…一面霧で真っ白。

池のくるみのご覧のように霧に沈んでいます。

霧の池のくるみとミヤマシシウド5池のくるみはレンゲツツジが終わって、オオカサモチミヤマシシウドが白い花を付けています。

霧の池のくるみとミヤマシシウド3撮影している間にも、霧はどんどん濃くなっていきます。

気温は20度を下回り、霧と共に少し肌寒い風が肌にまとわりついてきます。

霧の池のくるみとミヤマシシウド1霧の霧ヶ峰とオオカサモチミヤマシシウドを。

(Lumix DMC-GM5 + LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/250,f3.5,ISO200,-0.3EV)

梅雨明けの夕暮れ、諏訪湖3しばらく池のくるみにいましたが一向に霧は晴れず、麓の諏訪側に降りてきます。

夏の西日を浴びる諏訪湖が遠くに見えてきました。

梅雨明けの夕暮れ、諏訪湖2油を引いたような夕暮れの諏訪湖の湖面。諏訪湖を望む立石公園に立つと、少し蒸した風が湖畔から吹き上げてきます。湖畔の街並みはそろそろ夕暮れに沈もうとしています。

梅雨明けの夕暮れ、諏訪湖1夕焼け前の空に光のシルエットが広がります。

すっきりとしない空が如何にも夏らしいかもしれない梅雨明けを迎えた八ヶ岳西麓。

いよいよ、夏本番です。