身近な彩を探して(2016.10.16)

好天が続いたこの週末。

せっかくのお天気、家の片づけをする前に少し外に出て、彩を探してみます。

観音平から秋の富士山自宅から10分ほど車を走らせて、標高1600mの観音平へ。

山を覆う落葉松の黄葉は、この標高まで上がっても緑がまだまだ交る、緑茶色。

ちょっと拍子抜けしながら、雲海の向こうに浮かぶ富士山を眺めます。

ツタウルシ1そうはいっても、既に十月も中旬。色付きを深めるツタウルシが、彩の秋に入っている事を教えてくれます。

ツタウルシ2まだ緑を残す落葉松に絡み込みながら、鮮やかな彩を魅せる、ツタウルシの紅葉。

ツタウルシ3朝日を受けるツタウルシ。光が透き通って、まるでステンドクラスのようです。

秋色浅い東沢大橋少し東に移動して、清里の東沢大橋へ。

少しずつですが、彩を見せはじめています。

八ヶ岳横断道路はクラッシックカーの走行会(例の有名なやつです)に参加する車が、西の富士見高原に向けてひっきりなしに通っていきます。

野辺山の紅葉2少し脇道に入って、野辺山の某所へ。

既に落葉が始まっているのですが、色付きはあまりよくありません。

野辺山の紅葉1昼下がりの陽射しが差し込む林の中に入ると、漸く秋らしい彩に巡り合う事が出来ました。赤蕎麦と八ヶ岳うっすらと雲が掛かり、穏やかな日差しの朝から、昼過ぎになると急に風が強くなり、空の様子は一転。眩しい日差しが降り注ぐ、雲一つない青空が広がりました。

八ヶ岳を遠望する赤蕎麦の畑では、遅咲きの蕎麦の花が一面に広がります。

昼下がりの牧草地より八ヶ岳遠望秋とはちょっと思えないほどに光あふれる昼下がりになった日曜日。

それでも、刈り取られた牧草地の色合いからは、秋の深まりを感じさせます。

午後になると急速に天気が悪化してきた八ヶ岳の南麓。今夜は雨になりそうです。

 

広告

小春日和の午後(2016.2.11)

祝日の木曜日。

なかなかペースが戻らない中での休日は、ほっとできる瞬間。

前から楽しみにしていた講演会(八ヶ岳自然ふれあいセンターの「自然について楽しく学び、深める講座」)を聴講するために、八ヶ岳の東麓に向けて車を走らせます。

WP_20160211_12_18_50_Pro八ヶ岳の東麓を貫く、レインボーライン沿いの農道から眺める八ヶ岳。

真っ青な空の下、暖かい陽射しが降り注ぎます。

WP_20160211_12_19_33_Pro南アルプスの山並みは陽射しを受けて輝いています。

圃場の雪も、暖かな日差しでかなり溶けてきています。

P1060476ぐっと標高を上げて、まきば公園へ。

秩父の山並みも雪に覆われています。標高1500m程もあるのに、昼下がりのこの時間で気温3℃。小春日和を思わせる、とても暖かい冬の休日となりました。

P1060474まきば公園から望む、赤岳。

くっきりとした八ヶ岳ブルーの下で、雪を被った赤岳が美しく輝きます。

P1060475こちらは権現岳と編笠山。

雪は少な目ですが、むしろくっきりと山の稜線が浮かび上がってきます。

P1060484鉄板ですが、東沢大橋から望む八ヶ岳。

陽射しが嬉しい午後。

P1060493あっという間の楽しい講義の後、少し足を延ばしで、野辺山の平沢峠へ。

午後4時を過ぎてもすっかりと日が長くなった、春節を過ぎた夕暮れの日差しを受ける八ヶ岳の峰々を。

上空を北に向けてジェット機が高度を上げながら飛び越えていきます。

穏やかな日差しに恵まれて、少し季節を先取りしたようなお休みの午後。週末には早くも春の嵐がやって来るようです。