今月の読本「観応の擾乱」(亀田俊和 中公新書)すれ違う無二の兄弟の前を往く表裏する人物達と貴重な時代史の背景を描くその先

今月の読本「観応の擾乱」(亀田俊和 中公新書)すれ違う無二の兄弟の前を往く表裏する人物達と貴重な時代史の背景を描くその先

世間では人文書、歴史書が静かなブームだそうですが、読むのが遅い自分にとっては、これまで刊行されてきた書籍を追うだけでも手一杯、とてもブームの本まで目を通す事が出来ないもどかしさ(その以前に、田舎の本屋さんでは手に取れないという寂しさも)。でも本屋さんに新刊が並ぶと、ついつい手に取ってしまう悪癖がやはり出てしまいます。

今回ご紹介する本も、そんな訳で積読脇に寄せて読み進めた一冊。きっと前著同様、話題になるんだろうなぁ、などと思いながら。

今月の読本「観応の擾乱」(亀田俊和 中公新書)のご紹介です。

一般向けとしては実質的な処女作となる「南朝の真実」(吉川弘文館)でスマッシュヒットを飛ばした著者。その後、同時代の人物史を複数冊手掛けた上で挑んだのが、著者の専門である、南北朝から室町初期の時代史前半を形作る大きな転機となる観応の擾乱を、新書という限られたページ数で描いていきます。

全編で250ページ足らずですが、尊氏の将軍就任から実の息子である足利直冬を京から敗走させる時点までの時代史を、平明な筆致でほぼまんべんなく著述することに成功しています。その間、非常に多くの武士たち、歴代の天皇や上皇、公家や僧侶たちが登場しますが、著者の前著に見られるように、それぞれの登場人物について、少ないながらも極力説明を施し、個性的で魅力あふれる人物像を描き出す事に注力していきます。主役となる尊氏、直義兄弟の前を、時には味方、時には敵として行き交う彼らについて、これまでに言われてきた、最初から両方の派閥が出来ていたわけではなく、時々に応じて、与する相手を柔軟に変えていっていた事を、その時の状況を含めて明示していきます。更には二人が衝突して以降も直義自身は終始覇気が無いように見えるとし、むしろ周囲の主戦派の強硬論、特に二度目の衝突では尊氏、そして直義自身よりも尊氏の息子である義詮と桃井直常の代理戦争的な要素もあった事を指摘しています。結果として、武将の中でも終始この二人に付き従ったのは尊氏サイドであれば佐々木導誉であり(彼とて、降誘を狙っての為であったはずですが、直義方にも寝返っています)、直義サイドであれば上杉憲顕ぐらい(彼も直義にとって最後の戦いであった薩埵山では遂に逃走しています)だったようです。このような不安定で日和見な人物達を引き留める、味方につける際に切り札となるのが恩賞。しかしながら、どんなに政務から後退しようと守護の補任権を握り続け、武士に対して恩賞を振る舞う(時に口だけ、バッティングもあり)尊氏と、武士よりむしろ領家に対する安堵と施行に終始する直義。ここに二人の違いが大きく出て来る事を、実際に発給された史料から見出していきます。また戦力の集中を図る、ないしは禁じ手を取るためとはいえ、二人とも一度は南朝に帰参した経緯から、尊氏、特に直義にとって北朝の天皇はやはりお飾りであった点も(旧来の論説と切り離して)改めて明示していきます。

そして、著者が前著でも再評価を求めて描き出した、高師直と高一族の活躍。旧来の論説では、明らかに尊氏派として扱われてきましたが、著者は二人の決裂が決定的になるまでは、足利家の家宰、執事として双方に仕えてきたことを示します。そして、この北条家にもみられた御内人が権勢を持つ(実際には守護領国も少なく、勢力が突出していたわけではなかったようですが)最後の姿を高一族に見出し、その終焉こそが、将軍専制と、それを執行する有力守護大名がセットとなる将軍/管領制へと発展していったと見做していきます(それ故に、高師直の評価については、やや旧守的であったと見做しています)。更には二度の弟との衝突の先に、将軍就任以降は政務を含めて常に後方に退いていた尊氏自身が前面に出て戦い、感状を与え、恩賞を大盤振る舞いし続ける事で、将軍としてその指導力、専制権が発揮された結果、真に政治家として覚醒したとしていきます(これに対して、尊氏に対峙した直義、そして直冬のいずれもが、戦場に於いて直接的に尊氏に対峙することが無かった点は極めて示唆的です。こと武将として尊氏の人気が高い大きな理由ですね)。

長きに渡った南北朝の動乱の幕開けを告げる擾乱(この用語の発生由来については、終章で議論されています)の中で室町幕府の安定した政権の基礎となる諸政策、政体が築き上げられていったとする本書。著者はその流れをなるべく一次資料に依拠して描こうとしており、研究の中核となる将軍を補佐する体制、息子である義詮への政権移譲の段階、引付や恩賞方の変遷については、そのメンバーと、どちらの勢力に移っていったかについても詳細に述べていきます。しかしながら、その他の部分ではやや疑問が生じてしまう所もあります。それは、直近で他の研究者が著書に於いても重要視した、如意王と直義の野心に関する反論と、直義の二度に渡る出奔の位置づけ、さらにはそれを傍証するための論拠。すなわち、この擾乱がなぜ起きたかという理由についての論証への歯がゆさが感じられる点です。

著者は文中で、現在ではもっとも一般的と思われる佐藤進一氏及びその他旧来の論考に対して繰り返し反論を述べた上で(一般書なので、わざわざそれを強調する必要もないかと思いますが)、終章に於いて尊氏の実の息子である直冬に敵愾心を抱き、一向に認知しようとしない尊氏への憤り、多くの武家における庶子たちの不安とその代弁が擾乱を生んだ素地ではないかと示唆しています。その論考自体に議論を挟むつもりはありませんが、それを示す明確な論拠や史料がある訳ではないので、現時点ではあくまでも著者の見解として捉えておきたいと思います。

その上で、本書の冒頭から首を傾げてしまったのが、直義の嫡男であった「如意王」の存在への言及。これまでの同時代を扱った書籍ではあまり前面で語られることは無かったと思いますが、上述の影響を受けられたのでしょうか、その生誕によって、直義が野心を抱いたという論には、流石に力みつつも正面から否定をしていますが、一方で和解以降の直義の無気力な振る舞いを評して、如意王の喪失を関連付ける論も述べており、本書では明らかに引用を控えている太平記に対して、この近辺の著述だけは傍証として引用するなど、本書に於ける著者の平明かつ一貫した論考が、この部分だけ妙な方向に行ってしまっているようでなりませんでした。

更に、直義の二度に渡る出奔を描く部分。著者はそのいずれも尊氏やその周辺がノーマーク、過去の人として扱っていたとしています。確かに恩賞を期待できる訳でもなく、堅実な政治家と評される割には打算的な直義の政治生命は、既に途絶えていたかもしれません。それでも、一度京を脱出して兵を募れば侮れない勢力を築き、一度目は自らも窮地に追い込まれ、二度目も東国まで下向して討つ事になる(鎌倉での直義急死の件は置いておいて)相手に対して、ノーマークであったと言い切ってしまうのは余りにも淡泊な気もします。

側近同士の勢力争いでもなく、兄弟の相反でもない、ましてや魍魎的な物語を否定した上で、長々と続いた騒乱の原因については結論らしい結論が得られないままに終章を迎える本書。

本文を少し離れて持論を述べる終章の最後に綴った「努力が報われる政治」というキーワードへ集約した著者の想いを本当に描き切るためには、やはりその当事者である尊氏自身、それも著者の一貫した手法である一次資料を大前提として太平記の潤色を極力排除した人物史として、是非次に描いて欲しいと強く願うところです(できれば、東国戦線とその後の鎌倉府に至る流れも是非たっぷりと。あっ、武蔵野の広野を縦横無尽という表現は如何にもっぽいですが、地勢的にはちょっと微妙かなと)。

まだまだ描き足りない魅力的な登場人物が控えているこの時代の歴史物語はもっと深く楽しくなるはずと思わせる魅力を秘めた、もう少しその先も読んでみたい、そんなきっかけになる一冊として。

観応の擾乱と関連書籍<おまけ>

本ページでご紹介している、本書と関連する書籍から。

今月の読本「足利尊氏と関東」(清水克行 吉川弘文館)老舗歴史書版元が送る新機軸は如何に

今月の読本「足利尊氏と関東」(清水克行 吉川弘文館)老舗歴史書版元が送る新機軸は如何に

数々の歴史書を世に送り出している老舗中の老舗、吉川弘文館さんですが、毎年のように新しいシリーズを精力的にリリースされています。

新たにリリースされる刊行物も、どちらかというと、取り扱われる分野にかなり興味があるか、精通されている方、歴史書であればハイアマチュアからディープな歴史好きの方、研究者にも通ずるような方へ向けた書籍が多いように思われますが、今回ご紹介するのは、そんな吉川弘文館のイメージを打破しそうな雰囲気を持った一冊、全くの新シリーズとして送り出された「人をあるく」第一回配本の中から「足利尊氏と関東」(清水克行)のご紹介です。

足利尊氏と関東まず、この手の歴史本としては極めて珍しいオールカラーで構成された点に目を奪われます。そして価格も装丁の美しさをある意味裏切る2000円(パッと見だと2400円から3600円コース)という精一杯リーズナブルな設定をされている点から見ても、版元が本シリーズに非常に力を入れている事が窺えます。そして、両者を最大限生かすべく、豊富なカラー図版と写真が盛り込まれた紙面は歴史好きのライトファンに訴求する数々のポイントを備えています。

さらに、テーマに掲げている「あるく」ですが、今はやりの歴史散策に完全にフォーカス。「本を手にして散策してもらう」事を重視して、別章として纏められた散策マップと史跡の写真、訪問方法のガイドについてもカラー化された紙面が威力を発揮しています。もちろん、カラー化することによって、同系の書籍に対してページ数が若干犠牲になっていますが、持ち歩きにはむしろこの位のページ数が限界かもしれませんね。

さて、歴史書としては意欲的な装丁にまず驚かされますが、紙面の方は意外と?コンサバティブだったりします。

まず、本文下段に備考、引用の解説欄が設けられているのは(上段側ですが)同じく人物にフォーカスした山川出版の「日本史リブレット・人」シリーズと同じですし、紙面の構成も1章である人物伝(履歴書)の部分は驚くほど似ています(というか、差別化自体難しいですよね)。

そんな中でも、本書のテーマである「あるく」への差別化を図るべく、史跡についての記述には意を砕いています。しかしながら、本章を眺めてもあまり散策に出かけてみようという意欲には駆られないかもしれません。むしろ、本書の主人公である足利尊氏の不思議な魅力へと誘ってくれる、著者の筆致に見え隠れする想いに惹かれていきます。

この印象は、2章に入るとそのエキセントリックな各節の表題とは裏腹に、より魅力的に映っていきます。歴代足利家当主と他の御家人、そして御家人の筆頭である執権北条家との微妙な距離感が作り出す苦悩、源氏一門としてのプライド、そして謎に満ちた歴代当主の生き様から生じる、主家でありながらも分家に対して威令が達しないもどかしさ(これは宗主権の確立が未成熟な中世武家であればいずれの家でも抱えていた問題ですが)。それらに悩み苦しんだ結果が足利歴代当主の異常なまでの遍歴に繋がるのではないかと、著者は文献を引用しながら推論していきます。その推論は、かの難太平記の著者である今川了俊の筆致が宗家である足利家の名誉を守り、諸家に対する優位性を示す為であるばかりか、本人の分家筋故の苦労をも重ねていたのではないかとの想いにまで推し進めていきます。

そこまでは必要ないかもしれませんが、何故、北条家が滅亡する必然性があったのか、北条家の後釜として足利家が次代の権威を確立出来たのかの理由を考えるためには、非常に楽しい論考である事は間違いありません。

本書は「人間・足利尊氏」そして、彼を生み出した足利氏の鎌倉時代の歩みをもう一度俯瞰して捉えるには非常に優れた内容を備えていますし、歴史上もっとも毀誉褒貶が大きく、時として不当に低い扱いを受ける彼の人間味溢れる人柄(そして無二の片腕であり、余りにも悲劇的な最期を遂げる弟である足利直義との複雑な愛憎)に触れられる好著かと思います。

ここまで、人物論としての本書の楽しさばかりを述べてきましたので、ところで「あるく」のお話は?と言われてしまいそうなのですが、実はちょっとなのです…。

3章として設定されている「故地を歩く」には鑁阿寺本堂が国宝として指定された足利家の苗字の地である足利市と、鎌倉の2か所が紹介されており、それぞれについて由緒のある史跡の詳細な解説が述べられているのですが、ちょっと真面目すぎて散策のお供の文章としては少々重すぎるきらいが感じられます。また、本文(1,2章)との関連について、都度本文中に解説が述べられおり、対象ページへ誘導するための引用ページ先キャプションも挿入されているのですが、それぞれのページが離れてしまっているので、本文と連携して読んだり、図版を眺めたりするのに少々骨が折れます。

そして、ガイドブックをも標榜する本書としてはある意味、最も残念な点になってしまうのがメインとなるべき「ガイドマップ」が極めて寂しい点でしょうか。単純な輪郭街路図で表現されたマップはカラーページの優位性が生かされていませんし、散策場所も単なる赤い点で示されているのは、本書を期待して手に取られる歴史散策を好まれそうな熟年層の皆様にとっては興ざめになってしまうのではないでしょうか。この辺りは歴史書専門の版元さん故に、編集リソース範囲の限界を感じてしまう点です。

本シリーズはこれからも続々と刊行されるとの事ですので、もう少しガイドブックとしての体裁に気を使って頂けると、より多くの読者の方を獲得できるシリーズになるのではないかと思いながら、巻末の刊行予定を嬉々として眺めていたりします。

一読者の勝手な言い分です。

  • ガイドマップについては、少なくともイラストマップ化された方がより親しみやすいかと思います
  • 散策の部分については他書にも例があるかと思いますが、コラム的に各節に挿入された方が読みやすいかもしれませんね(意見は分かれると思いますが)
  • できれば、巻末に訪問史跡、観光案内所、関連博物館等の訪問方法、連絡先の一覧ページがあると、ガイドブックとしてより便利かと思います

<おまけ>

本ページで扱っている他の中世史の書籍のご案内も

足利尊氏と関東and中世史の本達