24年に渡った林原めぐみさんの「ハートフルステーション」最終回とフラミンゴスタジオが結ぶ「マミ姉」と「めぐ姉」のラジオコミュニケーション

24年に渡った林原めぐみさんの「ハートフルステーション」最終回とフラミンゴスタジオが結ぶ「マミ姉」と「めぐ姉」のラジオコミュニケーション

昨晩(3/28)、24年に渡って放送された、ラジオ関西をキーステーションにネットされるラジオ番組「林原めぐみのハートフルステーション」が最終回を迎えました。

最終回収録の模様は、スポーツ紙にも掲載されたように、デビュー曲を手掛けた辛島美登里さんを迎えての放送となったようですが、遅れネットとなる当地でこの放送を聞くのは今夜になりそうです(唯一ステレオ放送で聴けるのです)。

所謂「アニラジ」という言葉が成立する以前から放送されていたこの番組。古くは「トピア」や「ラジオアニメック」の時代からラジオに親しんでいた私としては、これらの番組を特にアニメのラジオという点で意識せず、楽しいおしゃべりが聴けるラジオ番組として愛聴していました。

そして、最終回の収録場所のキャプションを観て懐かしい想いが蘇ってきました。「フラミンゴスタジオ」、このフレーズが何を意味するかはリスナーの方によってさまざまかと思いますが、私にとってフラミンゴスタジオといえばもちろん、往年の東海ラジオをキーステーションにネットされていた、小森まなみさんの「mamiのRADIかるコミュニケーション」。

小森まなみさんがその活動の拠点として、25年間の番組が終わる最後まで大切にしてきた同じスタジオで、同じマイクの前で24年間に渡って語り続け、そして最終回を迎えた林原めぐみさん。

アイドルDJからスタートした小森まなみさんと、アイドル化が始まった時代の声優としてスタートを切った林原めぐみさん。お二人のラジオパーソナリティとしてのトークのスタイルは大きく異なるかもしれませんが、そのスタートはとても似ている気がしています。そして、お二人の息の長い活動を支えたベースには、当時としては数少ないファンとのコミュニケーション手段であったラジオがあったと思います。

本来は自分たちの活動をアピールする場所(スポンサー持ち出しの所謂宣伝番組)としてのこれらのラジオ番組なのですが、彼女たちの番組はそのようなスタイルを越えて、リスナーと真摯に向き合い、はがきを通じたコミュニケーションをとても大事にしてきたように思えます。小森まなみさんが好んで使われた言葉「心と心のキャッチボール」。放送自体はOne wayかもしれませんが、はがきを通したリスナーとのTow way communicationをとても大切にした彼女たちの番組。ハートフルステーションが阪神大震災の直後に放送された際には、非難の声も挙がったようですが、それでも番組を通してリスナーの安否を気遣い、その後、須磨の仮設スタジオに駆けつけての放送を敢行。そして20年目の今年、盟友ともいえるラジオ関西の番組(青春ラジメニア、司会の岩崎アナとラジオ関西の震災における特別放送の記録は必見に値します)に再び生放送で登場して当時の想いを語る。

昨今であれば、多様な情報伝達手段が利用できるために、ラジオによるコミュニケーション手段に拘る必要性は薄くなっているのは事実。現に、既存の有償メディアに囚われずに、ストリーミングで自由に番組を作る事すら当たり前になっています。そんな中でもラジオというメディアを大切にしてきたのは、そこがパーソナリティとリスナーたちが集まる「スペース」だからでしょうか。遅れネットなどの時間差はあれど、同じ番組を同じように聞くという、放送だけが有する同時間性が生み出す共有感を大切にしてきた、これら長寿番組たち。

番組製作者や古参のリスナーからはマスコットのように愛され、年下のリスナーからは、少し目上のお姉さんのように慕われた彼女たち。スポン サー持ち出しに近い形態ゆえに、番組構成も進行も比較的自由に組めたであろう点は、昨今続々と終了を迎えている、一社提供番組と同じような構図が見られる ようです。

姉妹番組の方はまだ続くようですが、春を迎えて一つのシーズンがまた想い出の向こうへと旅立つようです。熱心なリスナーの証でもある雑音リスナーとしてではなく、今夜だけはFMでじっくり聴こうと思います。

ICR-SW700林原めぐみと小森まなみのCDジャケット背表紙

<おまけ>

広告
25年周年を迎えて「kewpie Heart of Sunday」もリニューアルへ(Thanks! 20 years.DJ nona)

25年周年を迎えて「kewpie Heart of Sunday」もリニューアルへ(Thanks! 20 years.DJ nona)

New!(2016.3.6):各所で噂になっているようですが、本日の放送中に2年間に渡るMay.Jのパーソナリティ降板と同時に、番組自体も3月に終了することがアナウンスされました。既に残す所あと3回の放送となります。

残り3回を各パーソナリティの担当ごとに分けた時代の曲で送るプログラムとなった2回目の今日。May.Jの代読という形でnonaからのお別れのメッセージも流されました。大好きな音楽への想いと、それをどのようにして伝えるかを日々考えながら送り出してきた、番組とそれを支えてくれた番組製作者の皆さんへの想いと感謝。そんな番組に寄せられた世界のアーティストからのメッセージへの感謝。そして、聴いて下さったリスナーへの想いが詰まった、あの時のテイストを思い起こさせる、素敵なメッセージでした(2016.3.20追記)

HOS_page2

 

 

 

 

 

 

 

キューピーのホームページを長く、長く飾り続けた、文化放送の祝日特番メロディホリデー(2016年度の年間放送スケジュールは既に出ています)と並ぶ、ハート・オブ・サンデーの番組案内。特徴のあった多くのCMたちは、福山雅治さんの番組に移るのでしょうが、歴史ある一社提供番組としての案内も、1時間番組だから出来るのであろう、90秒のロングCMも、これが最後の見納め、聞き納めですね(2016.3.27)

 

<本文此処から>

既にご承知のように、本日、TFM全国ネットワークで放送されている、kewpie Heart of SundayのDJを20年間続けてきたnonaの最後のオンエアーでした。

「ハート・オブ・サンデー」の放送が開始されたのが1989年。当時のナビゲーションは、城之内ミサさんでした。その翌年、25年間続いた、日曜朝10時から放送の、TBSラジオ系列「キューピー・バックグラウンド・ミュージック」が終了(番組自体はスポンサー、ナビゲーターを変えながら2009年まで続きますが、番組のスタイルは大幅に変わっていきます)。現在の「ハート・オブ・サンデー」は実質的にこれら二つの番組のテイストを引き継ぐことになります。

少し古めの80年代から90年代までの洋楽を中心に、時にはオールディーズ、時には映画音楽、そして最新の楽曲から直近の音楽賞受賞作品の紹介まで。比較的メジャーな楽曲を中心として、ライトな洋楽リスナーに焦点を絞った選曲と、DJ nonaの優しく、そしてちょっとスローなトークが、週休二日制がしっかりと根付いて、緩やかな時間の流れを見せる日曜の朝というひと時にはベストマッチでした(この番組では、パーソナリティという呼称ではなく、DJと呼びたいです)。

一社提供番組が大事にする、番組自体の一貫したテイスト、キャッチアップしたいと考えている顧客層に対する明確なメッセージ、番組の雰囲気に合わせたオリジナリティ溢れるCM…。現在では殆どが失われてしまった、高度成長期から続く、番組製作者、出演者、広告代理店、スポンサー、そしてリスナーとの幸せな関係がそこには濃厚に溢れています。

今回、最後の出演に当たって、DJのnonaが自身のblogに掲載している感謝の挨拶を見れば、その豊かで幸せな関係の一端が見えて来るようです(アーカイブはこちら)。

Kewpie Heart of Sunday2こちらは、番組のホームページからお別れのメッセージを。画像をクリックして頂ければ番組ホームページにジャンプします。

この幸せな関係は、昨年3月に多くのリスナーに惜しまれながら最後を迎えた、SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTIの製作者、出演者たちにも共通の想いがあったようです。どちらの番組でも、出演者、製作者のコメントから番組放送中は決して語られることがない、広告代理店の方々への感謝の想いが述べられていきます(Avantiは博報堂、Hart of Sundayは大広です)。

しかしながら、番組が長期に渡ることによって、視聴者層自体の年齢が上がってきてしまい、購買力が衰えてきてしまうことは宿命的な事実。この春終了を迎える「笑っていいとも」も同じ理由が囁かれています。

Avantiも最後の数年間は、その「高年齢化」対応に迫られて、女性、若者へ向けた番組構成の試行錯誤を繰り返していました。その変更には、番組のスタイルが余りにも確立してしまっていたために、古参のリスナーから苦言が出るほどになっていましたが、最後はTVの酒類広告における5:00から18:00迄の自主規制基準適用を踏まえての終了となったようです。

ハート・オブ・サンデーは、キューピーという日常生活に根差した商品を取り扱っており、番組リスナー層も決して高くはなかったと想像されますが、それでも番組開始から25年。nonaがDJになってから20年の年月を経て、番組自体もリニューアルの時期を迎えたようです。

nonaの最後のメッセージにこんな言葉があります「今ではお嬢さんと一緒に聴いていますというメッセージも・・・」。最近、山下達郎のサンデーソングブックでも頻繁に聞く言葉で、微笑ましい事ではあるのですが、スポンサー、広告代理店から見れば、新規リスナー=購買顧客が増えていない証拠でもあり、早晩テコ入れが必要だったことが判ります。

幸いなことに、番組自体はパーソナリティを変更して引き続きオンエアーされるとの事で、ちょっとほっとしていますが、ターゲット年齢が当然引き下げられる事でしょうから、今までのように80年代の曲が頻繁にかかる事もなくなるでしょうし、番組自体もよりアップテンポな進行になることが予想されます。

それでも、「ここまでのお相手は」のメッセージを残して、番組をcloseできるのは、リスナー、スポンサーにこの番組が愛されていた証拠。次のパーソナリティを迎えることが出来る、DJにとってはきっと幸せな最終回。

日曜の午前、ゆったりとした時の流れを感じさせてくれる素敵なひと時に聞こえてくる柔らかなトークと、何時も聞いていたい名曲の数々。これから出かけようとする車の中でほんの少しアクセルを緩めさせて一曲、聞き惚れたくなる、懐かしい洋楽たち。素敵な時間をくれた番組スタッフとDJ nonaに改めて感謝を。

Kewpie Heart of Sundayもうこれ以上カウントが進まないであろう、最後のオンエアーカレンダーを。画像をクリックして頂ければ番組ホームページにジャンプします。

<おまけ>