長野県立歴史館「自然を見つめた 田淵行男展」(終の棲家、信州・安曇野で見つめたもう一つの姿を)2019.1.4

長野県立歴史館「自然を見つめた 田淵行男展」(終の棲家、信州・安曇野で見つめたもう一つの姿を)2019.1.4

安曇野のナチュラリストと呼ばれた田淵行男氏は、日本における山岳写真の第一人者であり、昆虫、特に高山蝶の研究でも知られる人物です。

没後30年を迎える今年、終の棲家があった豊科(現:安曇野市)に建てられた田淵行男記念館の全面的な協力により、彼の足跡をたどる展覧会が長野県立歴史館で開催されています。美術館ではなくなぜ歴史館で開催される事になったのか、図録の冒頭に笹本館長が綴られた経緯を是非お読みいただきたいと思いますが、彼の足跡から第二の故郷ともいえる信州、安曇野の地で想い描き、写し、描き残していった作品たちに着目した展示を目指しています。

エントランスにまだ雪が残る、屋代にある長野県立歴史館。約73000点にも及ぶ氏の残した写真、絵画、資料は、小さな田淵行男記念館ではとても紹介しきれない分量ですが、より大きな展示スペースを持つ当館における展示でも、前述のとおりその全容のうち信州、安曇野に関係する僅かな作品、資料およそ80点ばかり(写真機材等を含めると100点程)が紹介されるに過ぎません。それでも2005年に東京都写真美術館で開催された生誕100年記念以来の規模となるであろう展示。まだお正月休みが残っている方も多い金曜日の午後に訪問させて頂きましたが、会場には途切れることなく来館者が訪れていました。

来館された皆様がまず注目される氏の出世作「冬の浅間 黒斑山の中腹より」からスタートする展示順路。この作品が太平洋戦争開戦一年前の昭和15年(1940年)に撮影されたと聞くと驚かれるかもしれません。

冬の浅間らしい足元に広がる筋を描く雪渓と礫のリアリティ、遠くに湧き上がる噴煙の手に届きそうなほどの立体感を同時に収め込む驚異的な描写。当時の写真機、レンズ、フィルム解像度を考えると驚嘆に値する描写力は、氏の作品に通底する写実を越えた実体感を映し込んでいく姿勢に繋がっていくようです。

来場者に強烈なインパクトを与える山岳写真で始まるエントランス。このまま氏の代表作である山岳写真が続く様に思えますが、著名な山岳写真作品の中から今回展示されるのは冒頭の僅か2枚だけ。この後は本展が歴史館で開催される意義を問う「安曇野を見つめる」をテーマにした展示が続いていきます。

一つ目には氏の代表作である蝶の写真と絵画。本展では保存コンディション維持の関係で公開される機会が極めて限られるカラーによる蝶の精密写真と主に不透明水彩を用いた氏の絵筆による10倍以上の拡大という大きなサイズの蝶の絵画がそれぞれ10点以上展示されています。高山蝶に限らず、安曇野の野を飛び交った蝶たちを精密に映し込み描いていく氏の作品たち。絵画をベースとした図鑑が一般的であった当時としても驚異的なち密さと正確さを兼ね備えた(写蝶と呼んだ作品たち、それでも氏はその絵を写実とは言わず抽象的であると述べています)蝶の絵画。デジタル全盛の現在、細密さとリアリティを競い合う標本写真と比較すると確かにディテールも発色も甘いですが、それらの突き放すほどの実体感を強く印象付けるモノクロ、そして登場初期のカラー標本写真。博物学を修め、科学的であることを何よりも重んじた氏の作品に対するリアリティには圧倒されるばかりですがそれだけではありません。透徹な眼差しを向ける中で、その姿や色合い、飛び交う姿からユニークなあだ名を付けたり、山に向かえば、その山の形に似た大きな石を気に入った物が手に入るまで探し続け、歩き続ける。手作りの写真集で用いられる切り貼りや凝ったデザインのフォント、商業作品でも装丁や構成、構図、レイアウト、添えられる文面や紙質(自らの遍歴を綴る文章にまで当時絵を描くために使っていた用紙の名称を書き記すほど)にまで徹底的に自らの主義を貫き拘る。氏のユーモアと入れ込んだテーマに対する何処までも貫かれる真摯さが伝わってくる作品たち。展示内容も氏の作品を印象付ける細密に描かれた絵画や写真が続きますが、実は展示されている中で一番気に入ったのは、パンフレットや図録の裏表紙にも採用されている、モノクロフィルムで撮影された上高地のミヤマシロチョウ。精密な標本写真と比べると明らかに緩い映りなのですが、フォーカスが落とされた羽の燐と地面との相対で生み出す光線感や蝶が生み出す陰、フォルムの捉え方が何とも言えない味わいを出しています。

二つ目には本展の中核をなす安曇野、信州の山里を収めた写真たち。主に2015年に刊行された「田淵行男が愛した安曇野-田淵行男作品集」に収められた作品のプリントが展示されていますが、現在の風景との比較や、なぜ風景が変わってしまったのかと言う理由をしっかりと提示する点は、古代から近代まで全ての時代に渡ったテーマを扱う歴史館という施設、学芸員の方々の面目躍如。氏の作品の中では顧みられる事が決して多くない路傍の石仏を捉えた作品や北アルプスをバックにレンゲ畑を収めた写真など、精細な描写と繊細な構図設計の中に、氏のかの地への愛おしさを感じさせる作品が並んでいます。雪を戴く北アルプスの姿は変わらないかもしれませんが、緩やかな時の流れが感じられる今は失われてしまった安曇野の田園風景を人と自然が織りなす人工美として美しく切り取る氏の作品たちと、その変化にしっかりと目を向けて欲しいと願う企画者の想い。展示室内で足を止める事、度々でした。

そして、本展の白眉と言うべき雪形が結んだ民俗学者、向山雅重氏との交流を扱った展示。この展示主体が歴史館であることを象徴する様なテーマ設定と展示内容ですが、私が括目したのは実は向山雅重氏が綴った、氏が記念講演で語った内容の速記メモにある写真に対する姿勢。


美しなくてはいかん

美しい物を見つけ出す、その美しさをどう表現するか(抜粋)


写実だけではない、作品を作り上げていく過程における、氏の強い矜持に打たれる言葉の数々が綴られています。

実はこのメモの続きにはもっと苛烈な言葉が綴られているのですが…是非本展で実物をご覧頂ければと。

山岳写真家、昆虫、高山蝶の研究者、ナチュラリストという一般的に捉えられる氏のイメージでは語り切れない側面を、安曇野と言う地を軸にして歴史館という別のスコープを通じて見せてくれる今回の展示。

展示全作品の写真が収められた図録。

お値段は少し高いのですが、長野県立歴史館の図録は県立博物館に相応しい美しい装丁と目を見張る高品位な写真印刷品質を有しており、保存版としても極めて価値のある一冊。特に今回の図録では氏の作品にとって命でもある細密さを限りなく引き出すことを目指したと思われる、展示されるのプリント以上に精細なモノクロ作品の印刷化を達成しており(少々やり過ぎな程)、会場で観て、気に入った作品のディテールの隅々までをご自宅で心行くまで堪能する事が出来ると思います(個人的には日本の里山の新緑を箱庭を思わせる構図の中に全て納め込んでしまったようなNo24が一番のお気に入りです。クリアーでち密な絵作りだけではない、画面全体に張りつめたまだ少し冷たい山里の凛とした空気すら感じさせる作品。何時かこのような写真が撮れるようになりたいと願いつつ)。

歴史館の正面から望む、うっすらと雪を戴く黒姫山。常に山と人の営みが眼前で交わる信州の風景。田淵行男が残したもう一つの姿を想いながら。

来週日曜日(1/6)には日曜美術館で田淵行男氏が紹介される事になっていますが、この機会に多彩な側面を持つ氏の作品を多くの方に知って頂き、見て頂けると嬉しいです。

平成30年度 長野県立歴史館冬季展

自然を見つめた 田淵行男展

2018年12月15日(土)~2019年2月17日(日)

今回の展示作品の大多数を収蔵する旧豊科町(現:安曇野市)の田淵行男記念館では、連動企画展示を実施中です。氏の山岳写真にご興味を持たれた方は是非訪れてみてください。

広告
長野県立歴史館の企画展「君は河童を見たか! -水辺の出会い-」とオープニング講演会「妖物の誕生」(2018.6.16)

長野県立歴史館の企画展「君は河童を見たか! -水辺の出会い-」とオープニング講演会「妖物の誕生」(2018.6.16)

2016年に信州大学副学長から転じた、中世史に関する多くの著作を有する笹本正治氏が館長を務める長野県立歴史館

就任以降、県内各地の博物館、美術館を巡っての講演を始め、今年からは信州学をテーマにして、歴史館の職員を執筆陣にした書籍シリーズの刊行を始めるなど、積極的な活動を繰り広げられていますが、この夏、それらの活動の決定版とも言うべき企画展を仕掛ける事になったようです。

長野電鉄屋代線廃線の時以来で訪れた屋代。

実は初めての訪問となる、森将軍塚古墳の麓に位置する、長野県立歴史館です。

本館内の展示内容は建物のサイズ通りで(右側は体育館のような大屋根で柱のないプレーンな展示エリア)スケールは大きいのですが、その内容は各時代ごとに設けられた撮影セットのような摸擬建築物の展示に、添えられるケース内の展示物もその殆どが模造や複製品(但し、富士見町の札沢遺跡から出土した動物装飾付釣手土器は長野県宝としてこちらに実物が展示されています…)と、実際の出土物、史料だけが有する無言の説得力を前面に掲げた博物館や考古館が増えてきた中ではちょっと寂しい内容。故にこの場所が「歴史館」である理由を暗示させる展示内容でもあるのですが、今回の企画展は果たして如何でしょうか。

通常展示とは別扱いとなる今回の企画展「君は河童を見たか! -水辺の出会い-」。残念ながら著作権の関係で、全ての展示物の撮影が禁止となっていました(歴史館の常設展示は撮影OKです)。

何でかなぁと思って、配布されていた展示物一覧の所蔵先を見れば一目瞭然。当館の収蔵品は半数にも満たず、更にその殆どが「河童」との直接的な関係が薄い、奈良時代までの出土物にほぼ限られる事が判ります。

館長自らが講演会の冒頭で指摘するように、この企画展、妖怪や文芸としての河童だけをテーマにするのではなく、人と水辺の関わり合いをテーマとして歴史的な背景を学んでもらおうという企画意図に立ったもの。その中で、最も身近な存在である「河童」にテーマを仮託した(その結果、多様な展示物を各所から掻き集める結果に、芥川龍之介の作品などは山梨県立文学館の所蔵なので…嗚呼)と捉えられるかと思います。縄文土器の蛙状の文様から、本展のメインキャラクターを担う、松代の銅鑵子、そして文学の中に生きる芥川龍之介の河童とそのインスピレーションを与えた上高地。水辺に生きる人々の触れ合い方、畏敬から絵画としての親しみへと変化する中で、その想いを重ねる存在としての河童を見出していきます。

水を治める為の祈りを捧げる物から、妖怪としての河童の登場、そして南信に伝わる、河童からの恩返しとして製法を伝えられたとされる痛風薬としての加減湯。水を恐れ、御し、使いこなした先に親しみながらも、なおも畏敬の念を持ち続け、時に自らをその姿に仮託する様をじっくりと見せてくれる展示内容です。

そして、企画展のオープニングとして催された、笹本館長の信州大学での一年先輩という、関西学院大学の西山克教授による講演(開演前の紹介で、今回の企画担当の方の出身大学と西山先生の所属大学で妙なスクラム話が盛り上がるという小ネタ付き。笹本館長、ネタ振り過ぎです)。実は前述の展示内容同様に、今回のテーマを妖怪としての河童だと捉えて掛かるとちょっと拍子外れな講演内容になってしまったかもしれません。

定員220席に対して、7割以上の入りとなった講演会。年齢層がかなり高めな中で明らかにそちら系にご興味を持たれてお越しになられた方も散見されましたが、1時間半に渡る講演内容の過半は、河童とは少し離れた「百鬼夜行図」の読み解きから「妖物」が生み出された背景を探っていくというテーマ。最近、中世史の研究で非常に活発な絵図からの解釈を織り込んだ研究の一端を紹介される内容には期待外れだった方もいらっしゃったかもしれません。もっとも、民俗学ベースの妖怪、怪異系のお話があまり得意でない私にとっては、大陸由来の白話から説き起こしていく今回の内容には大満足。むしろ、絵解きの神髄でもある、其処に付された比喩から制作者を読み解いていく西山先生の解説は目から鱗で、そこで真珠庵から一休宗純に繋ぎこむのか!と思わず膝を打ってしまいました(判っている方はほくそえんでいらっしゃったようですが、前フリがまた憎いです)。

その上で、如何にも民衆の伝承の中から生まれたように見える河童の「名付け」自体も、大陸からの白話に由来する物語に当てはめられて、逆にその名を付けられた(カワタロウからカワ・ワッパ)。子供の姿で描かれるようになったのも、童(本来は髷を結ばない状態)の字面から逆にイメージされたものだとの認識を示していきます。

民俗学的な素朴なイメージで捉えようとすると完全に足元を掬われる、知識人層の機知を含ませたイメージの延長にあったとする妖怪(妖物)自体が、当時の激しい飢饉に対する施餓鬼としてのイメージに、痛烈な諷刺を重ねた先に生み出された物であることを暗示させる講演内容。

歴史館と言う多面的な歴史の捉え方を念頭に置く施設が送り出すテーマに相応しい、ここから広がっていくテーマの起点として「河童」を採り上げた企画の面白さ。そして、文献史学と美術史(図像学)の交点を絶妙に織り交ぜた、実に興味深いお話を聞かせて頂いた西山先生の講演に大満足だった一日。

長野県立歴史館の企画展では毎回、このような形で豪華な図録が制作されます(今回はずっしりと重たいグラビア用紙を用いたA4版オールカラーで100ページ。撮禁でしたが、図録で大満足。ここでも笹本館長、売り込みに躍起でした)。

左右の二冊はどうしても欲しかった、国立博物館と上野動物園を生み出した、飯田出身で博物学者の祖、田中芳男の企画展の図録と、観光地図というジャンルを成立させた、鳥瞰図絵師、吉田初三郎をサブテーマに扱ったパノラマ図と観光地絵図の企画展の図録。どちらも二度と出てこないと思われる貴重な図録なのです)。

じっくり企画展を眺めて、タップリお話も聴けて、只今、お家に帰ってゆっくり図録で楽しんでおります。

今月の読本『信州を学ぶ 日常生活からひもとく信州』(長野県立歴史館編 信濃毎日新聞社)信州学のスタートは郷土史を越えて広がる視点を添えて

今月の読本『信州を学ぶ 日常生活からひもとく信州』(長野県立歴史館編 信濃毎日新聞社)信州学のスタートは郷土史を越えて広がる視点を添えて

New!(2019.9.4):こちらでの紹介が遅くなってしまいましたが、長野県立歴史館による信州学シリーズ。全3巻が完結しました。2巻目の「広い世界とつながる信州」はちょっと発散気味でしたが、執筆者の皆様の現状を見据えた視線と、歴史を扱う研究者として未来へとその想いを伝えたいという願いが込められた3巻目「新たな時代にはばたく信州」。大きな歴史の小さな断片としてではなく、地域史、地方史が大きな歴史へと映し出す姿を追ったシリーズ、是非ご一読ください。

本書とほぼ同じ執筆陣が手掛けて、シリーズ完結のすぐ後に刊行された「古地図で楽しむ信州」(笹本正治:編著 風媒社)内容的にも本書の地図解説版という位置付けになる一冊です。

なお、本シリーズにも関連する内容ですが、あとがきで笹本先生が書かれているように、地方の教育委員会に所属する博物館職員は一方で教員としての側面も有しており、定期の配置転換による執筆陣の離散によって安定した執筆環境と論述内容を確保できなかった点を述べられています。お読みいただく際には、そのような背景もあるという事を頭の片隅に置いて頂ければと思います。

<本文此処から>

連年オリジナル企画を送り出してくる、長野県を代表する新聞社であり出版も手掛ける信濃毎日新聞社。

今年の新企画は、新たに「信州学」をテーマに据えたシリーズを刊行するようです。

シリーズの概要は明らかにされていませんが、スタートとなる本書は、その入口となる「衣食住」をテーマにした一冊。

今月の読本『信州を学ぶ・足元を探る編 日常生活からひもとく信州』をご紹介します。

本書の編者は長野県立歴史館。前の信州大学副学長で館長を務める笹本正治先生は数多くの中世史に関する著作で知られる方ですが、館長として着任して以来、積極的に県内各地の博物館や美術館での公演を行ったり、これまでの歴史館としては初めての、収集品以外に武田信玄直筆の書状を県の予算で古書店から購入するなど、積極的な歴史普及活動を続けられています。

今回の一冊も、はじめにで書かれているように、大きな歴史の流れに対する単なるパーツとしての地方史、郷土史ではなく、信州の地に生きた人々を主人公とした歴史を記したいとの強い想いを述べられています。

笹本館長率いる歴史館のスタッフ総勢20名を擁して三つのテーマに振り分けて描く本書。流石にこれだけの人数が手掛けますと、内容や記述についてかなりばらつきが出ますが、その中でも一貫した執筆方針を採られているようです。

一つ目には、その記述がどんな時代、テーマであれ、身近な生活と密着した内容であること、二つ目として、特定の時代、専門分野の叙述に留めず、時間的、空間的な俯瞰性を持たせることを意図していることがはっきりと見えてきます。

「衣」であれば、今の地名に繋がる、律令時代の麻の生産から始まり、女子高生の埴輪ルックと寒冷地信州における衣服の特徴へと繋いでいく。「食」であれば、もちろんジビエと諏訪信仰における鹿免食を繋げますが、遥か長崎の卓袱料理と諏訪神社へと着目する。そして本書で出色なのは「住」の項目。古代から近代まで、居住空間や生活拠点に関する内容の中でも、特に近世初頭から近代に着目した部分の筆致は実に魅力的。流石に主編者となる笹本先生が書かれた項は一発で判りましたが、それ以外にも、佐久平を起点に全国に広まった踊念仏と善光寺から始まる信州の芸能と建築の伝統や、山への信仰と街路の方角、雪国における特異な建築条件、特産の菜種油と照明のテーマでは日本で初めての商業油田が長野で成立したことから繋げるなど、歴史的な経緯を近現代に延長させることで見えてくる意外なテーマが目白押し。そこには、人は何故其処を住居としたのかという着目点を突き詰めた先に、雪と山間に閉じ込められたどん詰まりに生きる貧しい人々という、近代までの信州に対するステレオタイプをどんどん打ち消していく様な内容が綴られていきます。

更には、本書が「歴史館」という、博物館や考古館、文学館、歴史民俗館とは異なるスタンスを持った、すべての歴史時代から現代までの時代背景を通貫して描けるスタッフが著述を手掛けたという事を明確に示す点が、要所に織り込まれたコラム。発掘土器は現代の会食のマナーにまで繋がり、信州ならではの塩イカの歴史も現在の製造(実は福井県の三社ですべて生産)や販売傾向といった現代の食文化に直結。そして、信州と長野の呼称に対する微妙な使い分けを歴史的な経緯から探り出すといった、県民の皆様ならちょっと冷や汗が出てくるような小論考まで。

歴史館という、ち密に細分化された現代の歴史研究環境に於いて、ちょっと中途半端にも思える位置付けにある、その場所で活動を続ける方々が思いを込めて綴る、信州を軸に時間と空間を広げていくオムニバスストーリー。本書の性格故に本格的な議論がなされる訳ではありませんが、この一冊をきっかけに信州のことをもっと知ってほしい、その先に広がる世界、時代と必ず繋がっているという事をはっきりと教えてくれる一冊です。

雑学もたっぷりの「信州学」を標榜するに相応しい、次回以降のシリーズも楽しみにしながら。本書が好評の暁には、県立歴史館だけではなく、他の研究機関、博物館、美術館、山岳や観光、技術や工業、スポーツの団体など、信州の歴史/文化全般に渡るシリーズになる事を期待してしまいます。