雪原の美ヶ原へ(2017.11.19)

雪原の美ヶ原へ(2017.11.19)

山々は本格的な降雪となった金曜日の晩から日曜日の朝にかけての週末。

幸い、里には降雪は無く、ほっとしていましたが、一段と冷え込んだ日曜日の朝。

もう、すっかり冬を想わせる強い風の吹く中、少し季節を先取りに行ってみます。

立沢の圃場の向こうに広がる八ヶ岳。

烈風が吹き抜ける中、北からの雪雲が八ヶ岳の上空にも再び押し寄せてきました。

西の端に位置する画面左手の編笠山から北に向けて、山を覆う雪が徐々に増えていくのが判ります。

すっぽりと雪雲を被る北八ヶ岳、蓼科山と横岳。

麓の落葉松もすっかり葉を落としました。

標高を一気に上げて、1700mオーバーのビーナスラインの伊那丸富士見台。

周囲の山麓には殆ど雪は見当たりませんが、正面に伸びる八ヶ岳連峰全体を雪が覆っているのが判ります。

更に標高を上げて、2000mに達する美ヶ原へ。

山本小屋ふるさと館の駐車場から望む蓼科山。

今登ってきた道路が足元に見えていますが、霧ヶ峰から先は断続的に凍結とスノーの連続。扉峠から先の区間は一部除雪されていますが、昨夜の新雪がうっすらと積もった状態で、運転にはかなり緊張が伴う状態です。

日射しも見えますが、強風が吹きつけるとブリザード状態に。周囲は完全に雪景色になっています。

強風に煽られる樹氷した木。空を流れる雲は、秒速の速さで目の前を飛んでいきます。

山本小屋へのアプローチ路の途中で。雪化粧をした針葉樹の稜線の中を渡っていきます。

山本小屋を過ぎると、美ヶ原の主峰、王ヶ頭のアンテナ群が見えてきます。

ダイヤモンドダストを振り撒きながら吹き付ける烈風に、体を持って行かれそうになります。

美しの塔へ向かう遊歩道。

雲の隙間から眩しい程の日射しが差し込む雪原。吹き続ける風に足跡も完全にかき消されてしまっています。

強風の中、軽登山靴に地上の冬の衣装でこれ以上何もない雪原を進むのはちょっと危険を感じて(ここまで登ってくる間の運転も結構ハードだったので)、此処で引き返します。

風は強いままですが、雲は徐々に切れ始めてきました。

振り返って高原美術館方向を望みます。

風と雪が入り混じりながらも日差しが徐々に戻ってきました。

真っ白に雪化粧をした蓼科山を正面に遠望します。

標高2000mともなると、雪雲に手が届きそうです。

眩しい冬の日射しを受けて輝く美ヶ原の雪原。

雪雲が抜けた北東の空は、抜けるような冬の碧空が望めました。

氷点下4度とそれでも厳寒期と比べれば暖かい、風と雪が織りなす美ヶ原の初冬の景色。

ビーナスラインの美ヶ原方面は一部の区間を除いて、今週水曜日(22日)に冬季閉鎖になります。

再び霧ヶ峰まで戻ってきました。

冬の装いとなった草原の上を雪雲が勢いよく流れていきます。

一足早く冬を迎えた八ヶ岳山麓、寒気が流れ込む明日も降雪の予報が出ています。

果たして里にも雪が訪れるでしょうか。

広告

雪原と樹氷の野辺山にて(2016.3.12)

再び雪が降った週末。

上着が要らないほど暖かかった先週末と打って変わって、冬らしい寒さが戻ってきました。

雪色の南アルプス1遠くに臨む南アルプスが久々に真っ白になった金曜日の朝。

木曜日の午後辺りから、八ヶ岳南麓はずっと雪雲に覆われた天気が続いています。

雪色の南アルプス2麓に広がる白州の集落と圃場も再び白く雪化粧。

雪雲の向こうに、うっすらと雪化粧をした甲斐駒が見え隠れしてます(小淵沢町、城山公園)。

樹氷と雪原の野辺山3土曜日を迎えても山々は雪雲に覆われたまま。

東麓側はしっかりと降雪だったと聞いて、野辺山方面に足を延ばします。

海ノ口別荘地のエントランスに伸びる落葉松林も真っ白に雪化粧していました。

樹氷と雪原の野辺山6ぱらぱらと雪が舞う午後、周囲の森は樹氷に覆われます。

樹氷と雪原の野辺山5

樹氷と雪原の野辺山4風もなく、しーんと静まり返る海ノ口牧場にて。

うっすらと雪化粧する木々を愛でながら。

樹氷と雪原の野辺山8海ノ口から野辺山側に戻ってくると、少し雲が切れてきて、飯盛山を始め野辺山の西に延びる秩父山塊の山並みが見えてきました。

樹氷と雪原の野辺山7八ヶ岳の西麓側は殆ど降雪がありませんが、東麓側はここ数日続けての降雪で山並みも真っ白に雪化粧しています。

樹氷と雪原の野辺山10僅かに切れた雲間から、男山が姿を見せてくれました。

樹氷と雪原の野辺山9八ヶ岳側の山裾、雪原の向こうに雪化粧した落葉松の列が伸びていきます。

樹氷と雪原の野辺山2八ヶ岳は姿を見せてくれませんでしたが、落葉松林が伸びる雪原に一瞬、日差しが戻ってきました。

樹氷と雪原の野辺山1落葉松の樹氷に僅かな日差しが射していきます。

樹氷と雪原の野辺山11平沢峠から八ヶ岳方向を望みます。

眼前に広がる野辺山の高原地帯は一面に白く雪に覆われています。

樹氷と雪原の野辺山12なかなか雲が切れてくれず、時折雪が舞う生憎の天気。その天気が、広がる雪原と樹氷を楽しむには丁度いい寒さを保ってくれているようです。

樹氷と雪原の野辺山13

こんなシーンを楽しめるのも、冬ならでは。道路には殆ど雪が残っていない点が如何にも3月らしい、ちょっと名残惜しさもある雪原と樹氷の眺めを堪能して。

 

 

八ヶ岳ブルーに包まれた午後に(2016.2.7)

久しぶりに戻った八ヶ岳南麓。

既に節分が過ぎた、春節を迎える日差しは少しずつですが力強さを取り戻しつつあるようです。

陽射しが気持ち良い、良く晴れ渡った午後。冬のお楽しみ八ヶ岳ブルーを愛でに出掛けました。

八ヶ岳ブルーの下で4真っ青な空の向こうに八ヶ岳の山々が広がります(茅野市玉川)。

八ヶ岳ブルーの下で2雪に埋もれた農道の向こうに、横岳と赤岳を望んで。

八ヶ岳ブルーの下で3こちらは北八ヶ岳の山並みを。

八ヶ岳ブルーの下で1蓼科山と北横岳も綺麗に雪化粧をしています。

気温は0℃。少し冷たい風が日差しの眩しさを和らげてくれます。

八ヶ岳ブルーの下で5尖石縄文考古館前から望む八ヶ岳。

雪原となった前庭の向こうに見える山並みは、少し雪が少ないようです。

八ヶ岳ブルーの下で17少し気になって、更に標高を上げてビーナスラインまで登ってみます。

ここは標高1700mの伊那丸富士見台。道路はドライ、懸念通り周囲の雪原の雪はほんの僅かです。

八ヶ岳ブルーの下で8ガボッチョの方を望んでも、枯草が一面に見えてしまい、これではスノーシューは出来そうにもありません。

八ヶ岳ブルーの下で6伊那丸富士見台から望む八ヶ岳。

山頂部分は雪がしっかり乗っていますが、麓の方はまばらで、木々の隙間から少し見えている程度です。

八ヶ岳ブルーの下で9富士見台駐車場から望む、南アルプスの山並み。

少ないとは言っても麓の街並みは雪に覆われて、まるで雪原のようです。

八ヶ岳ブルーの下で11眩しい西日の向こうに、遠く御嶽山を望みます。

噴煙が南に向けて流れているのが判りますでしょうか。

八ヶ岳ブルーの下で7蓼科山と北横岳を正面に。厳冬期だけ楽しめる砂糖菓子のような姿、大好きな風景です。

八ヶ岳ブルーの下で10車山の頂を目指す山裾。唯、碧い空が広がります。

八ヶ岳ブルーの下で12夕暮れが迫ると、ギャラリーが一気に増えてくる富士見台駐車場から逃げ出して、霧ヶ峰側に降りてきます。

草原の向こうに八ヶ岳の山並みが伸びていきます。

八ヶ岳ブルーの下で13吹きさらしの草原は気温は-6℃。かじかむ手を摩りながらシャッターを切りつつも、日差しの暖かさを感じて。

こんな時、ダイヤル操作が主体のカメラは手袋をしたまま操作ができるので助かります。

八ヶ岳ブルーの下で14そうこうしているうちに、随分と長くなって5時を過ぎても明るさを保っていた日差しは、ゆっくりと西に傾いていきます。

八ヶ岳ブルーの下で18日暮れを迎えた、池のくるみ。

草原が黄金色に輝く時間。

八ヶ岳ブルーの下で15夕暮れ色に染まり始めた、蓼科山と北横岳。

八ヶ岳ブルーの下で16八ヶ岳もゆっくりと日暮れを迎えます。

久しぶりに冬の八ヶ岳を満喫した午後。

さて、次にこの景色を楽しめるのは何時になるでしょうか。それまでの想い出として。

 

県境の小邑、信濃境をカメラ片手に(四季の撮影マップ)

甲斐と信濃の境に位置する、山梨県北杜市小淵沢町と長野県諏訪郡富士見町との境界の町、富士見町信濃境。

八ヶ岳南麓のリゾート拠点である小淵沢と、八ヶ岳周辺でも最も標高が高い、国内有数の高地に広がる(1000mを越えます)市街地、富士見に挟まれた静かな小さな町です。

何の変哲もない山間地ですが、のんびりと写真を撮影するにはとても良い場所。お休みで少し時間が取れる際には、ちょこちょこと撮影して廻っています。

こちらのページで、そんな信濃境の撮影場所を季節に合わせてちょっとご紹介させて頂きます。皆様がお越しの際に多少なりともご参考になりますことを。

大切なお願い : 撮影場所付近は一部には駐車場がありますが、殆どの場所が公道沿いとなります。地元の皆様が日常生活で使われる、大切な生活道路です。お車でお越しの際には、通行の迷惑にならないよう、駐車場所には十分に配慮して頂けますよう、お願い致します。

各画像のNoには、掲載先のリンクを用意させて頂いております。

信濃境撮影マップマップをクリックして頂くと、フルサイズで表示されます。

キャプションNoの場所で撮影した写真をご紹介していきます。

<春>

①田端の枝垂桜

田端のしだれ桜と南アルプス②鼎談桜

田端新田鼎談桜20140504_2③池生神社

池生神社④信濃境駅の夜桜

信濃境駅と夜桜⑤-1高森観音堂と周辺の桜たち

高森観音堂の枝垂れ桜と信濃境の桜達140420_8⑤-2高森観音堂と周辺の桜たち

高森観音堂の枝垂れ桜と信濃境の桜達140420_5⑤-3高森観音堂と周辺の桜たち

高森観音堂の枝垂れ桜と信濃境の桜達140420_4⑤-4高森観音堂と周辺の桜たち

高森観音堂の枝垂れ桜と信濃境の桜達140420_2⑥境小学校の桜とこいのぼり

境小学校の桜と鯉のぼり⑦葛窪の枝垂桜

葛窪の枝垂れ桜140425_2⑧葛窪界隈の枝垂桜

葛窪地先の枝垂桜1<初夏から盛夏>

A.南アルプスと水田

水田越しに甲斐駒をB.井戸尻考古館の古代蓮

井戸尻遺跡の大賀ハス20140720_1B.井戸尻考古館の水車と南アルプスの山並み

井戸尻遺跡の水車と南アルプスC.境の落葉松林と網笠山

D.高森中山間地向日葵畑

富士見町・高森

<秋>

E.葛窪の蕎麦畑

快晴の蕎麦畑4F.葛窪の蕎麦畑2

甲斐駒と蕎麦畑G.葛窪トンネルの蕎麦畑

霧に沈む蕎麦の花1H.先達甲六公園の蕎麦畑1

晴れた朝の蕎麦畑1I. 先達甲六公園の蕎麦畑2

晴れた朝の蕎麦畑2③池生神社の蕎麦畑

蕎麦畑と池生神社J.工業団地横の蕎麦畑

光芒と蕎麦畑2K.先達のコスモス

コスモスと八ヶ岳L.先達の圃場と稲穂

黄金色の夕暮れM.境の落葉松林黄葉

富士見町・境N.蔦木の落葉松の黄葉と富士山

山並の黄葉と夕暮れの富士山

<冬>

K.先達の雪原と南アルプス

 雪に覆われた水田越しに南アルプスをE.葛窪から夕暮れの甲斐駒

甲斐駒にかかる茜雲A.どんど焼きと雪の八ヶ岳

どんど焼きと八ヶ岳O.机より雪の釜無川河岸

実験撮影雪の落葉松林P.高森より南アルプスの山並みと春先の夕暮れ

春まだ早い夕暮れの水田

春めいてきた風の強い夕暮れ

一日中、暖かな強い南風が吹き続けた週末の日曜日。関東であれば「春一番」と呼ばれるはずなのですが、長野地方気象台にはそのような「しきたり」が無いそうですが(気象予報士の方にお教えいただきました)、ともかく春めいてきたことは間違いありません。

曇ったり晴れたりを繰り返す、春らしい天気の中、買い物に出た夕暮れに撮影した写真を何枚か(全てLumia1020の5MPixelでの撮影です)。

夕暮れの雲がたなびく八ヶ岳大分雪が減ってきた畑の先に夕暮れの八ヶ岳を。

山頂付近の雲は西から東へと急速に流れていきます。

夕日を浴び落葉松林 原村側の鉢巻道路沿いの林はまだ雪がたっぷり残っています。

西日を浴びる雪原アイスバーンのようにつるつるになった牧草地に、まぶしい西日が降り注ぎます。

重たい雲がかかる夕暮れの八ヶ岳八ヶ岳にかかる重々しい雲のさらに上には、西日を浴びて僅かに黄色みがかった青空が覗いています。

夕暮れの雪原と霧ヶ峰麓に降りて、エコーライン沿いを車で走ると、夕暮れで暗くなり始めた雪原の向こうに、雲間に霞む霧ヶ峰が見えてきます。

夕暮れの雪原と蓼科山1同じく、少し東側にカメラを振ると、夕日でほんのりと染まる蓼科山と横岳が見えてきます。

夕暮れの雪原と蓼科山2夕暮れに霞む蓼科山と横岳をアップで。風は相変わらず強いですが、春らしい柔らかな夕暮れの日差が差し込んできます。一日毎に春が近づいてくるようです。

大雪の後で(積雪50cm越えの八ヶ岳西麓より)

大雪の後で(積雪50cm越えの八ヶ岳西麓より)

昨年の積雪を上回る大雪となった昨日。

50cmを超える積雪は、流石に除雪にも一苦労でしたが、今日の気温は氷点下とはならず、天気も回復したため、急速に融けてくれました。

除雪の済んだ道路も、アスファルトが顔を覗かせるようになってくれたので、生活物資を補充に車を走らせます(以下、撮影は全てLumia1020、出力は5Mpixel modeです)。

大雪の後で1富士見町、小六から眺める八ヶ岳。

気温が高いせいでしょうか、それほど雪が積もっては見えません。

もちろん、畑の中は真っ白です。

大雪の後で2八ヶ岳側から、南アルプスの釜無川源流の谷を望みます。

山の上には、まだ雪雲がへばりついています。

大雪の後で3富士見町を越えて、原村まで進むと、気温は氷点下に。雪も大部残っています。

八ヶ岳実践大学校へのアプローチルートから、雪を被った木々と八ヶ岳を。

大雪の後で4車が余り入り込まない道路には、雪がまだ残っています。

木々には昨日降った雪で綺麗にデコレーションされています。

大雪の後で5大雪の後で6大雪の後で7雪を戴く山麓の森の風景を。

大雪の後で8何時もの場所から、八ヶ岳を正面に眺めて。

空にはぷかぷかと雲が浮かんでいます。気温は氷点下ですが、日の光のありがたさ。除雪された路面はアスファルトが見えるようになっています。

大雪の後で9真っ白な雪原となった圃場越しに、蓼科山と霧ヶ峰を(茅野市泉野)。

大雪の後で10こちらも、圃場越しに八ヶ岳の山々を望みますが、真正面は2車線の農道。

除雪が済んでいない道路はこの通り、圃場との境界も判らない状態です(茅野市泉野)。

大雪の後で11夕暮れが差し掛かり、暗くなり始めた西の山並。淡い空の色と、墨絵のような山の景色が印象的です(富士見町先能)。

大雪の後で12道の駅「信州蔦木宿」から望む山並み。白と黒の美しいコントラストが現れています。

大雪の後で13夕暮れを迎えた八ヶ岳を、富士見町葛窪の交差点より。こちらも雪原の向こうに、淡い空の色が広がります。

年の瀬に雪の八ヶ岳西麓を巡って(快晴の霧ヶ峰と蓼科)

年の瀬の3連休。世間ではクリスマスホリデー等と呼ばれているようですが、そんな休日に相応しい、雪景色となりました。

雪景色を眺めながら八ヶ岳西麓を回遊です。

雪雲に霞む雪の八ヶ岳スタートは美濃戸口から。昼頃まではお天気は不安定。時折薄日が射す程度、八ヶ岳はどんよりと雪雲に覆われています(E420)。

落葉松の樹氷1林道沿いの落葉松林。雪を被ったモノトーンの景色が奥へ奥へと広がっていきます(Lumia1020)。

雪原から望む蓼科山山を下ってエコーライン沿いに。正面左側の車山方面には光が差し込んでいます(Lumia1020)。

雪雲を被る蓼科山蓼科山と横岳の正面へ。大分雪雲が晴れてきました(Lumia1020)。

雪の霧ヶ峰と碧空2と、いう訳で晴間を追って、一気にビーナスラインまで登ってみます。

ビーナスラインは全線圧雪状態。気温が低いのでグリップ状態は良好です(Lumia1020)。

雪の霧ヶ峰から蓼科山遠望後ろを振り返ると、蓼科山と横岳をはじめとした雪の八ヶ岳が広がります(Lumia1020)。

雪の霧ヶ峰から八ヶ岳のパノラマ雪を被った八ヶ岳の大パノラマを。こういう時にはLumia1020が持っている16:9の画面サイズの威力が発揮されます。

雪の霧ヶ峰から茅野の市街と富士山冬季の間、白樺湖から霧ヶ峰ICの区間で数少ない駐車可能な場所になる、富士見平に到着です。

右手には、雪原の中、茅野から富士見峠に抜けている谷間に集落が点々としているのが判ります。峠の更に先には富士山が望めます(Lumia1020)

霧ヶ峰から樹氷と雪の山々を西側には雪を被った落葉松の森林越しに霧ヶ峰グライダー発着場、そしてアルプスの峰々が遠望できます(Lumia1020)。

雪の霧ヶ峰と碧空1雪に覆われた車山の先には真冬の真っ青な空が広がっていきます(Lumia1020)。

雪の霧ヶ峰と碧空3真っ白に輝く車山の稜線と紺碧の空を(Lumia1020)。

雪原の池のくるみから富士山霧ヶ峰ICを抜けて、池のくるみに廻り込みます。

湿原も真っ白な雪に覆われています。こちらからも遠くに富士山が望めます。車の殆ど通らない静かな午後のひと時です(E420)。

落葉松の樹氷2振り返ると、青空の下、美しい落葉松の樹氷が広がっています。時折、金属の弾くような音を立てながら氷がはらはらと落ちていきます(Lumia1020)。

落葉松の樹氷3落葉松の樹氷をアップで【E420:クリックでフルサイズ】

気温は-7℃と冷え込んでるのですが、風も殆ど無く、むしろ日の光の暖かさを感じるくらいの穏やかな霧ヶ峰。碧空の下に立つ落葉松の枝に風の流れに沿って樹氷が育っているのが判ります。

雪原の向こうに夕暮れの八ヶ岳を池のくるみから、再び麓に下ってきました。

こうして八ヶ岳の峰々を眺めてみると、雪が北側(左)から南側に向かって、徐々に少なくなっていくのがとてもよく判ります(Limia1020)。

紅色に染まる雪の蓼科1冬至の翌日ともなると、夕暮れは早く4時過ぎには徐々に暗くなり始めます。

再び、何時もの蓼科山を望む場所まで移動すると、鮮やかに夕焼けに染まった山々を見ることが出来ました【E420:クリックでフルサイズ】

紅色に染まる雪の蓼科2蓼科山をアップで【E420:クリックでフルサイズ】。

紅色に染まる雪の蓼科3そして、西の塩嶺に日が沈むと、山々は薄紅色に染まっていきます【E420:クリックでフルサイズ】。