4月の雪、御射鹿池(2017.4.1)

3月も終わりになって、すっかり春めいてきた日々。

標高780m、甲斐駒を正面に望む七里岩の段上に位置するこの場所に植えられた枝垂桜は、この界隈で一番最初に花を咲かせます。蕾も大分膨らんで、いよいよ開花を待つ状態に…などと呟いていたのですが、昨晩から再び雪に。

カメラ不調で露出が定まらない状態ですが、重たい春の雪は、周囲の木々を真っ白に染め上げていきます。午後になって小降りになった雪の合間を突いて、何時もの場所へ。

真っ白になった、奥蓼科、御射鹿池周辺の落葉松林。お休みの日ともあって、小雪の中、一人、また一人と観光客の方が訪れています。

湖面は霧で真っ白に。新雪に白く彩られた白樺の木を重ねて。

静まり返った湖面。木々も真っ白に雪化粧をしています。

暫くすると、霧が少しずつ晴れてきます。

霧の中から稜線が見え始め、落葉松の木々が湖面に映り始めます。

雪雲に覆われた中から、すっと姿を現した御射鹿池の全景。

雪が止んだ湖面。湖面に映る落葉松から静かな旋律が流れます。

重たい春の雪は、山々も真っ白に染め上げていきます。墨絵のようなモノトーンに包まれる湖面。

このシーズンだけ望める風景。周囲の環境は大分変ってしまいましたが、小さなこの場所の美しさは変わりません。

再び霧が降りてきた湖畔にて。雪化粧をした木が一人佇みます。白と白のコントラスト。

春の雪は、重たくどどっと降りますが、アスファルトの路面には殆ど積もらず、陽射しがもたらされなくともすぐに溶けてしまいます。純白と漆黒が折り重なる湖畔が望めるのは僅かな時間だけ。そうして、雪と暖かな日を繰り返しながら、山里にも少しずつ春が訪れます。

4月の雪は暖かく、気温0℃でも上着も着ずにシャッターを切り続けていると、ふと岡崎律子さんの「四月の雪」の歌詞を思い出します。

♪でておいでよ 寒くないよ

四月はじめの雪

もう春だよ 冬にさよなら♪

春、四月のスタートです。

 

雪景色となった八ヶ岳山麓の午後(2016.1.9)

季節外れの雪が降った11月末以来、随分ご無沙汰振りで本格的な降雪となった日曜日の晩。

朝になって雪は小康状態となり、気温が高かったこともあって、午後になると除雪の済んだ道路はドライに。車での移動には問題ない状態となりました。

p1090334

すっかり晴れ渡った空が広がる、八ヶ岳の麓。

高い空には、まだ薄く雲が残る、ちょっと安定しない八ヶ岳ブルー。

p1090329

かみ雪らしく、写真で右側となる南麓側の斜面が真っ白になっています。

p1090338振り返って南アルプスの山並みを望みます。まだ甲斐駒の上空には雪雲が残っているようです。

遠くに富士山を望む、穏やかな雪晴れとなった午後のひと時。

p1090341それではと、山に入るとやはり空は雲に覆われてしまいます。

谷筋から雲が湧きあがってくる、奥蓼科、御射鹿池。

結氷が進む湖畔は、ひっそりと静かです。

p1090349

雪化粧をした御射鹿池。

暖かいとはいえ、夕暮れの気温は0℃。静かな湖畔に佇むと、ひんやりとした風が湖面を伝ってきます。

本格的な冬景色になった八ヶ岳の麓、そろそろ一年で最も寒いシーズンの到来です。

春めいた午後には雪景色残る奥蓼科、御射鹿池へ(2016.3.13)

寒々とした曇り空の土曜日から、予報がちょっと外れて暖かな日差しがこぼれる、小春日和となった日曜日。読書三昧を決め込んでいた予定をちょっと変更して、お散歩に出掛けます。

春先の八ヶ岳全景まだ冬の気配が残る圃場から眺める八ヶ岳連峰の山々。

先週以来降り続いた雪で真っ白になりました。冬の始まりのころは雪が無くて驚かされたものですが、ここに来て何時もの冬の八ヶ岳の姿を見せています。

春先の蓼科山蓼科山も北横岳も真っ白に雪化粧しています。

霞んだ空の色が、ちょっと春を思わせる午後の昼下がり。

御射鹿池の樹氷9ならばと、何時もの奥蓼科、御射鹿池まで上がってみました。

霞んだ青空の下、雪化粧した木々が一面に広がります。

御射鹿池の樹氷5

湖面の氷はすっかり解けてしまいましたが、木々は真っ白にお化粧をしています。

御射鹿池の樹氷10

何時もは数人は必ず居るであろう休日の御射鹿池の湖畔。今日は誰もいません。

御射鹿池の樹氷7ひんやりとした風が吹き抜けていく湖面はゆらめき、鏡のような湖面はちょっとお預け。

御射鹿池の樹氷8

さざ波立つ湖面を何時ものカモがゆっくりと進んでいきます。

御射鹿池の樹氷6午後の日差しを受けて影を延ばす、雪化粧した湖畔の木々。

御射鹿池の樹氷1

湖面に映る、雪化粧した木々。

御射鹿池の樹氷2

 

御射鹿池の樹氷4

 

御射鹿池の樹氷3

時折、木々に降り積もった雪が風に乗って舞い込んできます。

御射鹿池の樹氷11

静かな御射鹿池で、暫し散策。春を目前に迎えてちょっと暖かな午後の日差しの中で巡り合った、冬の名残を収めて。

春先の南アルプス

薄ぼんやりとした、春めいた空の向こうに沈む南アルプスの山並み。

今夜から明日にかけて、断続的に雪の予報が出ていますが、そろそろ名残雪となるのでしょうか。

八ヶ岳ブルーの午後(2015.1.12)

夜半になって、さっと降った雪が止み、快晴となった連休の最終日。

強い風が吹き続ける午後に、真っ青な空の下を往きます。大好きな「八ヶ岳ブルー」を愛でるために。

八ヶ岳ブルーと小海線ハイブリット列車雪煙を上げる八ヶ岳の上空は、美しい碧空が広がります。

目の前を、一日一本だけ小淵沢まで上がってくるハイブリット列車「こうみ」が、野辺山方向に戻っていきます。

フィフォーレから望む富士山振り返ると、富士山が青空の向こうに浮かんでいます。

強い風が吹く午後、風で飛ばされてるのでしょうか、雲が殆ど見えません。

どんど焼きと八ヶ岳圃場を過ぎると、どんど焼きの準備が進んでいました。

青空の下、八ヶ岳を向こうに、真っ赤な達磨たちが吊るされていました。

雪化粧をする網笠山と西岳西日に背中を追われるように、八ヶ岳の裾野を西に進みます。

柔らかい山容を見せる網笠山と西岳には、ふかふかの雪が掛かっています。

雪原の向こうに広がる八ヶ岳の山々八ヶ岳エコーラインを西に進んで茅野市内に入ると、一面の雪原に。

真っ青な空の下、雪原の向こうに八ヶ岳の山並みが広がります。

雪原から望む蓼科山と横岳北側から蓼科山と横岳を。

雪原の先に聳える硫黄岳と天狗岳麦草峠を挟んで、南八ヶ岳の天狗岳と硫黄岳を。

雪原から望む硫黄岳と赤岳南に控える、威厳を以て雪煙を上げる主峰、赤岳を遠望。

ビーナスラインの雪景色標高1000m程の茅野市郊外から一気に標高を上げて、標高1700mを越えるビーナスラインへ。

快晴の空の下、雪煙を巻き上げながらのスノードライブです。

ビーナスラインから望む蓼科山振り返ると、紺碧の空の下に、真っ白な蓼科山が迎えてくれます。

ビーナスラインから車山をアップで裾野までしっかりと雪化粧をした蓼科山をアップで。

ビーナスラインから望む八ヶ岳のパノラマビーナスライン、伊那丸富士見台から望む、八ヶ岳のパノラマ。

ビーナスラインから赤岳遠望同じく、南八ヶ岳を遠望。こちらも真っ白に雪化粧しています。

車山の雪原から八ヶ岳と富士山遠望雪原の向こうには富士山を僅かに望む事が出来ます。

車山から望む雪原車山の雪原と碧空車山の雪原と碧空抜けるような八ヶ岳ブルーの下に広がる雪原をしばし堪能。但し、気温-7℃と雪景色を楽しむには万全の防寒装備を要求します(私のように、部屋着そのままといったふざけた格好で歩かないように…。場合によってはスノーシューも欲しいかも)。

雪と落葉松の杜1雪と落葉松の杜2日差しが西に傾きかけ、落葉松林も徐々に西日で色づいていきます。

夕暮れの雪原となった池のくるみと八ヶ岳西日を浴びる八ヶ岳の山並みを、池のくるみより。冬至からまだ20日程しか経っていませんが、夕暮れはぐっと長くなり5時近くまで夕暮れが続くようになりました。

夕暮れの霧ヶ峰牧場雪原となった霧ヶ峰牧場の林の向こうに夕日が沈んでいきます。

厳冬の八ヶ岳を美しく輝かせる紺碧の空。お越しの際には、充分暖かくして、じっくりとお楽しみください。

またしても大雪となった八ヶ岳南麓

2週間前の史上最大を大幅に上回る大雪も冷めやらぬ中、またしても雪となってしまった八ヶ岳南麓。前回に比べれば全然少ないのですが、それでも積雪は20cm以上に達しました。

しかしながら、カレンダーは既に3月。冷え込んでいるとはいえ、やはり春先らしい重たく湿った雪はそれほど積もる事はありません。

日も長く、地温も大分上がっているので軽い除雪程度でも、翌朝になれば道路はドライ。駐車にも、運転にもほとんど支障はありませんでした。

雪晴れの朝、南アルプスそんな雪晴れの朝となった甲斐駒と南アルプスを収めた一枚を【Lumia1020:クリックでフルサイズ】

雪煙をあげる甲斐駒雪煙を上げる甲斐駒をアップで【Lumia1020】

雪化粧した麓の山々麓の山々は北に上がるほど、真っ白な雪化粧で覆われていきます【Lumia1020】

冬の始まり(冬季閉鎖前の美ヶ原)

偶然にも仕事の都合で3連休となった週末。

地上では紅葉が盛り上がっているようですが、標高の高いここ八ヶ岳南麓では既に冬の足音が聞こえてきます。

そして、この時期を境に山に向かう観光道路は徐々に本格的な冬シーズン「冬季閉鎖」となっていきます。

冬季閉鎖を翌日に控えた日曜日。今年も一足早く冬を迎えにビーナスラインの終点、美ヶ原に行ってみました。

初冬の霧ヶ峰スタートは何時もの霧ヶ峰より。

すっかり枯野の風景です。遠くに雪を戴いた北アルプスが望めます。この時期にしては6℃という、例外的な暖かさ。八ヶ岳ブルーも心なしかキレがありません(Lumia1020)。

三峰展望台から蓼科山ビーナスラインを霧ヶ峰から和田峠を抜けて美ヶ原方面に下っていきます。

和田峠を抜けて最初に眺望の開ける三峰展望台付近。峠の茶屋は既に店じまい。シーズン中の週末であれば本線上まで駐車する車が溢れるこの界隈も、今日はとても静かです。

遠くに蓼科山を望みます(Lumia1020)。

ビーナスラインの積雪2013/11/24ビーナスラインは霧ヶ峰までは完全ドライですが、その先は山影毎に凍結路が顔を見せ始めます。

特に霧ヶ峰駐車場から八島駐車場の間にある沢渡は、この時期になると完全凍結路になります。途中にヒュッテがある関係で八島駐車場までは冬季閉鎖にならないため、この時期になると必ずノーマルで侵入してスリップしたり、スタックする車が何台も現れます。

※たとえ凍結部分を通過できても、八島駐車場から先はどの方向も冬季閉鎖になっているので再び霧ヶ峰に戻る事になります。霧ヶ峰まではドライだからと、スタッドレスやチェーンをお持ちでない車は八島方面には進入しないように心がけてくださいね。

落合大橋から美ヶ原台地を凍結路を幾度か越えながらビーナスラインを北上していくと、美ヶ原台地の足元に架けられた落合大橋に到着します。

橋から見上げる美ヶ原は冬の青空。標高1600m程のこの場所では、木々はすっかり葉を落としています(1.Lumina1020)。

さて、ここから一気に300mの標高をつづら折りでよじ登っていきます。馬力の弱い我が愛車SX-4にはキツイ登りです。

山本小屋からのアプローチキツイ上り坂を上り詰めると、標高約1900m。小さな駐車場を備えた山本小屋の売店前に到着します。

一般車はここで終点。車を降りて、後は徒歩で美ヶ原台地を進んでいきます。

この季節にしては異様な程の暖かさ。それでも足元の雪を踏みしめながら台地の上の遊歩道を進んでいきます(2.Lumia1020)。

雪の美ヶ原台地遊歩道山本小屋を通過すると、景色が一気に開けてきます。雪原の美ヶ原です。

右手には美ヶ原の主峰、王ヶ頭に林立する電波塔群が見えてきます(3.Lumia1020)。

王ヶ頭電波塔群と北アルプス連峰柵越しには遠く、北アルプスの峰々の連なりが見えていきます(4.Lumia1020)。

美しの塔と王ヶ頭電波塔群駐車場から15分ほど、雪に足を取られながら台地の遊歩道を進んでいくと、美ヶ原のメインステージ、美しの塔に到着です(5.Lumia1020)。

美しの塔1もはや冬晴れと言っていいでしょう。青空の下、起立する美しの塔です(6.Lumia1020)。

美しの塔2もうワンカット、美しの塔の先には天空までも抜けていく青空が広がります(7.Lumia1020)。

美しの塔から北アルプス美しの塔から北アルプスの山々を遠望。もうすっかり冬山の装いです(8.E420)。

美ヶ原台地の雪原風景美しの塔から望む美ヶ原台地の雪原風景。シーズン中とは全く異なった装いを魅せてくれます(9.E420)。

登山客がしばし途絶えると、広大な草原を抜けていく僅かな風の音以外、何も聞こえなくなってしまいます。遮るもののない、眩しい光だけが単調に降り注ぐ美ヶ原の雪原には日常と隔絶した世界が広がっています。

王ヶ頭電波塔群遠望もう少し台地を進んで塩舐め場にて、王ヶ頭の電波塔とホテルが間近に見えてきます(10.E420)。

冬山装備を持っている訳でもなく、日の傾くのが早いこのシーズン。王ヶ頭まであと半分といったところですが、ここで引き返します。

塩舐め場の看板塩舐め場の柵に取り付けられた牛さんの看板(11.Lumia1020)。

電波塔を所有する各社のスポンサードによってこの牧場が維持されている事が判ります。美ヶ原は霧ヶ峰同様に、長年人の手によって作り出されてきた景観なのです。霧ヶ峰の焼き入れで問題となっている事(森林化)と同じ事が此処、美ヶ原でも大きな問題となっているのですが、このような形で企業を含めた観光対策として、美ヶ原の景観が維持されている事を忘れないようにしたいですね。

美しの塔3日が西に傾き始めた午後。静かに佇む美しの塔(12.Lumia1020)。

明日からは観光客がぐっと減ってしまう、静かな冬シーズン。美しの塔は次の春を待ちながら此の場所で佇み続けます。

夕暮れの八ヶ岳を池のくるみより再び何時もの霧ヶ峰、池のくるみに戻ってきました。

夕暮れを迎えて枯野に広がるススキの先には雪を戴く八ヶ岳連峰のたおやかな裾野が広がっています。

春の野焼き延焼で丸坊主になってしまったガボッチョがちょっと寒そうにも感じます。上空では今シーズンの終わりを惜しむように夕暮れまでグライダーの風切音が響いていました(Lumia1020)。

赤色立体地形図コンビニで山っぷによる美ヶ原散策路赤色立体地形図(コンビニで山っぷ)による、本日の美ヶ原散策路と撮影場所です。

来シーズンまで約半年、美術館のTV-CMのように春を待つ美ヶ原は静かで厳しい冬のシーズンを迎えます。