暖かな新年の午後・霧ヶ峰(2018.1.7)

暖かな新年の午後・霧ヶ峰(2018.1.7)

寒かった年末年始。

外に出るのが億劫になるほどの強い風が吹く日々が過ぎて、漸く落ち着いた天気となった最初の日曜日。

穏やかに晴れた午後に、空を眺めながら。

八ヶ岳を正面に望む圃場では、どんど焼きの準備が進んでいます。

ちょっとユーモラスな達磨のアーチが八ヶ岳を飾っているかのようです。

連日冷え込んでいる八ヶ岳の南麓側、例年より雪が少なめです。

一気に標高を上げて、霧ヶ峰に向かいます。

 

北アルプスの山々を一望する、車山肩の富士見台からの眺め。

振り返って、蓼科山から南八ヶ岳へのパノラマを望みます。

霧ヶ峰も雪は少なく、トレッキングシューズで歩けるほどです。

八ヶ岳から釜無川/宮川の谷筋を越えて、南アルプス方向。

正面を西に向かう飛行機雲が横切っていきます。

雲間からの柔らかい冬の日射しが雪上を照らします。

雲海の向こうに、中央アルプスの山並みが連なります。

刻々と変わる雲の姿と冬の日射しを暫し追いながら。

陽射しは徐々に西の空に傾いていきます。

ぐるりと西側に廻り込んで、霧ヶ峰、池のくるみへ。

遠く望む八ヶ岳上空の雲が綾なす空。

雪原の上をたなびく雲が舞い踊ります。

八ヶ岳の西麓もやはり雪は少な目です。

穏やかで柔らかな冬の夕暮れ。

標高1700~1800m に位置するこの場所でも気温0度と暖かな一日。

明日は少し荒れ模様の天気となりそうです。

 

 

広告
雪原の美ヶ原へ(2017.11.19)

雪原の美ヶ原へ(2017.11.19)

山々は本格的な降雪となった金曜日の晩から日曜日の朝にかけての週末。

幸い、里には降雪は無く、ほっとしていましたが、一段と冷え込んだ日曜日の朝。

もう、すっかり冬を想わせる強い風の吹く中、少し季節を先取りに行ってみます。

立沢の圃場の向こうに広がる八ヶ岳。

烈風が吹き抜ける中、北からの雪雲が八ヶ岳の上空にも再び押し寄せてきました。

西の端に位置する画面左手の編笠山から北に向けて、山を覆う雪が徐々に増えていくのが判ります。

すっぽりと雪雲を被る北八ヶ岳、蓼科山と横岳。

麓の落葉松もすっかり葉を落としました。

標高を一気に上げて、1700mオーバーのビーナスラインの伊那丸富士見台。

周囲の山麓には殆ど雪は見当たりませんが、正面に伸びる八ヶ岳連峰全体を雪が覆っているのが判ります。

更に標高を上げて、2000mに達する美ヶ原へ。

山本小屋ふるさと館の駐車場から望む蓼科山。

今登ってきた道路が足元に見えていますが、霧ヶ峰から先は断続的に凍結とスノーの連続。扉峠から先の区間は一部除雪されていますが、昨夜の新雪がうっすらと積もった状態で、運転にはかなり緊張が伴う状態です。

日射しも見えますが、強風が吹きつけるとブリザード状態に。周囲は完全に雪景色になっています。

強風に煽られる樹氷した木。空を流れる雲は、秒速の速さで目の前を飛んでいきます。

山本小屋へのアプローチ路の途中で。雪化粧をした針葉樹の稜線の中を渡っていきます。

山本小屋を過ぎると、美ヶ原の主峰、王ヶ頭のアンテナ群が見えてきます。

ダイヤモンドダストを振り撒きながら吹き付ける烈風に、体を持って行かれそうになります。

美しの塔へ向かう遊歩道。

雲の隙間から眩しい程の日射しが差し込む雪原。吹き続ける風に足跡も完全にかき消されてしまっています。

強風の中、軽登山靴に地上の冬の衣装でこれ以上何もない雪原を進むのはちょっと危険を感じて(ここまで登ってくる間の運転も結構ハードだったので)、此処で引き返します。

風は強いままですが、雲は徐々に切れ始めてきました。

振り返って高原美術館方向を望みます。

風と雪が入り混じりながらも日差しが徐々に戻ってきました。

真っ白に雪化粧をした蓼科山を正面に遠望します。

標高2000mともなると、雪雲に手が届きそうです。

眩しい冬の日射しを受けて輝く美ヶ原の雪原。

雪雲が抜けた北東の空は、抜けるような冬の碧空が望めました。

氷点下4度とそれでも厳寒期と比べれば暖かい、風と雪が織りなす美ヶ原の初冬の景色。

ビーナスラインの美ヶ原方面は一部の区間を除いて、今週水曜日(22日)に冬季閉鎖になります。

再び霧ヶ峰まで戻ってきました。

冬の装いとなった草原の上を雪雲が勢いよく流れていきます。

一足早く冬を迎えた八ヶ岳山麓、寒気が流れ込む明日も降雪の予報が出ています。

果たして里にも雪が訪れるでしょうか。

静かなGWの一コマを、最終日の夕暮れに美ヶ原と霧ヶ峰(2017.5.7)

お天気が不安定だったGW後半。

日曜日の今日も、南アルプスは日射しはあれど雲が多めで残念と諦めかけていた午後、窓を開けて北の空を眺めると、なんと雲が無い。慌てて夕暮れ迫る山並みへと車を走らせます。

車を走らせること暫し、流石に連休最終日とあって通行量もめっきり少なくなったビーナスラインのどん詰まり、美ヶ原の入口、山本小屋の駐車場まで一気に登ります。

日影に当たる場所にはまだ雪が残る美ヶ原。車を降りると、冷たい風が草原を吹き抜けていきます。

遠く蓼科山と南八ヶ岳の峰々が裾野を広げます。東の空には月が上がってきています。

気温は10度を下回り、時折強い風が吹く美ヶ原。上着なしではちょっと危ない状況なので、程々にしながら草原の遊歩道を歩きます。

殆ど人影のない遊歩道を行くと、眩しい西日を浴びる主峰、王ヶ頭の電波塔群と美しの塔が見えてきます。

西日を浴びる東の空には大きな雲が広がります。空の向こうに連れて行ってくれそうな眺め。美ヶ原のハイライトは朝や日中より西日の時間帯なのではないかと、来る度に思うシーンです。

美しの塔の前まで来ました。夕日を狙ってスタンバイしている方もいらっしゃいましたが、上着も持ってこなかった大馬鹿者は此処で撤退。視界の中に人影はほんの数人。折り返しで美術館側にも行ってみましたが、広大な収容800台の駐車場に止まる車は僅かに2,3台(自分含む)。ピーク時には満車となってしまう事もありますが、最終日の夕暮れ時にはひっそりと静まり返っていました。

既に薄暗くなり始めたビーナスラインの東側から和田峠の鞍部を越えて西側に抜けると、一気に夕日が眩しく差し込んできます。

西日を一杯に浴びる霧ヶ峰、高く上った月が西日に照らされて輝いています。

遠くに望む八ヶ岳の上空には、その長い山体に添うように南北に太々とした雲が伸びています。これじゃ周辺の天気が良くなっても、山麓では気が付けない訳です。

そうこうしているうちに、日射しがゆっくりと西の山並みに沈み始めます。夕日が眩しかった草原も谷筋から徐々に暗闇に落ちていきます。

日没。空が昼と夜の境界を渡っていきます。

雲が微妙に山筋で割れたために、再び日差しが差し込んできました。

空は黄砂の影響でしょうか、黄色く霞んでいます。

再び日差しは雲間に沈んでいきます。

もう殆ど人の居ないGW最終日の日没を迎えた霧ヶ峰。

皆様はどんなGWをお過ごしになられたでしょうか。

 

静かなGWの一コマを、霧ヶ峰(2017.4.30)

世間はGW。

普段は静かなこの地も、この時期ばかりは有数の観光地ということもあり、多くの人々が押し寄せます。

インターから溢れ出す車から逃げるように、ちょっと静かな場所を探して。

この地域でも一、二を争う観光地でもある霧ヶ峰。

ドライバーの皆さんが車を走らせるビーナスラインからほんのちょっと外れた池のくるみへ下る道端にて。メインルートの裏側となるこの場所は車もほとんど通らず、枯草を揺らす風の音だけが響き渡ります。

何とも言えない碧空の色と、枯草が広がる霧ヶ峰。遠くにグライダーが横切っていきます。

丘の上に登ってみましょう。

日差しを浴びて、頭上を一気に旋回していくグライダー。

風の強い日には、上空を優雅に舞うグライダーの姿が楽しめます。

スポイラー(エアブレーキ)とフラップを一杯に広げて、アプローチに入るグライダー。

五月晴であれば、滑走路の向こうに雪を戴く中央アルプスや御嶽山が望めるはずですが、春霞に隠れてしまいました。

吹き流しのポールが斜めになるほどに強い風が吹く昼下がり。

ぼんやりした春らしい空の下、たっぷりの雪を湛えた八ヶ岳を遠望しながら手作りパンをかじる、ちょっと素敵なお昼休みです。

燃える落葉松の秋色(2016.11.12)

クリアーな秋晴れに恵まれた土曜日。

里にも季節外れの雪が降るのではないかと冷や冷や(実際に麦草峠は前倒しで冬季閉鎖となりました)だった今週、遠出をしたい思いをぐっと抑えて、朝から冬支度に勤しみます。それでも、昼過ぎには一通り完了。短い午後の陽射しを追って八ヶ岳の西麓を進みます。

立沢大橋と八ヶ岳裾野を鮮やかに染めた立沢大橋から望む、昼下がりの八ヶ岳。

先週降った雪がまだ残っています。

晩秋の落葉松麓の落葉松もすっかり色付いてきました。

落葉松の森の中から鹿の声が響く頃、季節は晩秋から初冬へと歩みを進める八ヶ岳の西麓。

落葉松の黄葉と雪を戴く八ヶ岳1青空の下に落葉松の黄葉を添えて、雪を戴く八ヶ岳を。

落葉松の黄葉と雪を戴く八ヶ岳2落葉松の黄葉もそろそろ終盤、更に山の奥へと進んでいきます。

晩秋の池のくるみ八ヶ岳の峰々を遠望する、霧ヶ峰、池のくるみは木々の葉も落ちてすっかり冬の装い。

乏しくなる日射しを追って、山の西側に廻り込みます。

落葉松色に染まる森1燃えるように輝く落葉松の黄葉。

他の木々が葉を落とした後、落葉松の森は一斉に黄金色に輝きます。

落葉松色に染まる森2西日が落葉松の黄葉を染め上げていきます。ウィスキーにも似た、琥珀色の輝き。

落葉松色に染まる森3夕暮れまでの僅かな時間だけ楽しめる、輝く落葉松の黄葉。

それそれの木々に、それぞれの紅葉や黄葉もありますが、唯一つ、山を彩る針葉樹の中で一斉に森を輝かす落葉松の黄葉は、心を捉えて離しません。

落葉松色に染まる森4麓側に降りて振り返ると、西日に染められて、真っ赤に色付く紅葉する木々。

彩が色あせていく季節を前にして、最後の輝きを魅せてくれます。

日暮れの諏訪湖山を下り、諏訪湖まで降りてくると、まだ5時前ですが日差しはどっぷりと山の向こうに。

山々を巡る季節の速さに相乗りするように、麓も初冬の装いへと進んでいきます。

 

八ヶ岳ブルーに包まれた午後に(2016.2.7)

久しぶりに戻った八ヶ岳南麓。

既に節分が過ぎた、春節を迎える日差しは少しずつですが力強さを取り戻しつつあるようです。

陽射しが気持ち良い、良く晴れ渡った午後。冬のお楽しみ八ヶ岳ブルーを愛でに出掛けました。

八ヶ岳ブルーの下で4真っ青な空の向こうに八ヶ岳の山々が広がります(茅野市玉川)。

八ヶ岳ブルーの下で2雪に埋もれた農道の向こうに、横岳と赤岳を望んで。

八ヶ岳ブルーの下で3こちらは北八ヶ岳の山並みを。

八ヶ岳ブルーの下で1蓼科山と北横岳も綺麗に雪化粧をしています。

気温は0℃。少し冷たい風が日差しの眩しさを和らげてくれます。

八ヶ岳ブルーの下で5尖石縄文考古館前から望む八ヶ岳。

雪原となった前庭の向こうに見える山並みは、少し雪が少ないようです。

八ヶ岳ブルーの下で17少し気になって、更に標高を上げてビーナスラインまで登ってみます。

ここは標高1700mの伊那丸富士見台。道路はドライ、懸念通り周囲の雪原の雪はほんの僅かです。

八ヶ岳ブルーの下で8ガボッチョの方を望んでも、枯草が一面に見えてしまい、これではスノーシューは出来そうにもありません。

八ヶ岳ブルーの下で6伊那丸富士見台から望む八ヶ岳。

山頂部分は雪がしっかり乗っていますが、麓の方はまばらで、木々の隙間から少し見えている程度です。

八ヶ岳ブルーの下で9富士見台駐車場から望む、南アルプスの山並み。

少ないとは言っても麓の街並みは雪に覆われて、まるで雪原のようです。

八ヶ岳ブルーの下で11眩しい西日の向こうに、遠く御嶽山を望みます。

噴煙が南に向けて流れているのが判りますでしょうか。

八ヶ岳ブルーの下で7蓼科山と北横岳を正面に。厳冬期だけ楽しめる砂糖菓子のような姿、大好きな風景です。

八ヶ岳ブルーの下で10車山の頂を目指す山裾。唯、碧い空が広がります。

八ヶ岳ブルーの下で12夕暮れが迫ると、ギャラリーが一気に増えてくる富士見台駐車場から逃げ出して、霧ヶ峰側に降りてきます。

草原の向こうに八ヶ岳の山並みが伸びていきます。

八ヶ岳ブルーの下で13吹きさらしの草原は気温は-6℃。かじかむ手を摩りながらシャッターを切りつつも、日差しの暖かさを感じて。

こんな時、ダイヤル操作が主体のカメラは手袋をしたまま操作ができるので助かります。

八ヶ岳ブルーの下で14そうこうしているうちに、随分と長くなって5時を過ぎても明るさを保っていた日差しは、ゆっくりと西に傾いていきます。

八ヶ岳ブルーの下で18日暮れを迎えた、池のくるみ。

草原が黄金色に輝く時間。

八ヶ岳ブルーの下で15夕暮れ色に染まり始めた、蓼科山と北横岳。

八ヶ岳ブルーの下で16八ヶ岳もゆっくりと日暮れを迎えます。

久しぶりに冬の八ヶ岳を満喫した午後。

さて、次にこの景色を楽しめるのは何時になるでしょうか。それまでの想い出として。

 

そろそろ来年のカレンダー準備など(2015.12.22)

毎年親しい方に送るために作成する八ヶ岳南麓の写真カレンダー。

何時もはのろのろと年が明けてから準備に入るのですが、今年は少し早く年内からセレクションを開始。

私にとっては余りにも色々あった2015年でしたが、果たして皆様にとってどんな年だったでしょうか【サムネイルをクリックすると、スライドショーが始まります】

 

秋色の野辺山3お持ち帰りはご自由にどうぞ。