過ぎゆく夏の空に(2019.8.25,31)

8月も今日で最後。高原の空の色は既に秋模様となってきました。

標高1000m、網笠山を目前に望む圃場の蕎麦畑。8月末になると蕎麦の花が咲き始めます。

すっきりと晴れ渡った空の下に広がる蕎麦畑。ひんやりとした風が吹く朝はもう秋の心地です。

夕方、思い切って車山の肩まで一気に車で登っていくと、西の空に広がる雲間から琥珀色の光芒が伸びていきます。

御嶽山の方向に沈んでいく夕日が雲を焦がす草原の夕暮れ。夜7時前ですが、標高1800mの鞍部を越えていくビーナスラインでは既に気温17℃と、ひんやりとした風が吹き抜けていきます(2019.8.25)

酷い夏風邪で寝込んでしまった今週。

まだ立ち上がると頭がくらくらする最悪な体調ですが、日射しが戻ってきた週末の夕暮れ。買い物へ出る途中に圃場に寄ると、雨上がりのウエットな空の下、蕎麦の花が満開を迎えていました。

八ヶ岳を望む蕎麦畑をぐるりと廻り込んで。

2段目の花が咲き揃った蕎麦畑、雨上がりでちょっと霞んだ空の下、最も美しい瞬間です。

夏色に染まる八ヶ岳をバックに広がる蕎麦畑。

八ヶ岳西麓の初秋を彩る景色です。

午後の青空の下で花を開く小さな小さな蕎麦の花たち。

買い物を終えて家路につく頃、西の空は赤々とした夕日が雲を焦がしています。

蕎麦の花が広がる圃場の脇に車を止めて暫し夕暮れを見送ります。

夏の前にはあれほど長かった日暮れも、8月最後の日となると6時半を過ぎてあっという間に暗くなってしまいます。

昼間はまだまだ暑い日が続きますが、季節は秋、明日から9月のスタートです。

 

初冬を迎えた霧ヶ峰の午後(2018.11.23)

紅葉のシーズンも終わり、日に日に寒さが増してきた11月の後半。

氷点下まで冷え込んだ朝。周囲の木々が葉を落とす中、朝日を浴びて最後の輝きをみせる銀杏の紅葉(2018.11.21)。

漸くの冷え込みで、雪化粧を纏いはじめた八ヶ岳の峰々。

風は強いですがそれでも日差しは暖かく、気温7度とぽかぽか陽気に誘われて、少し山の方へ。

車山の肩、富士見台から望む雪化粧をした八ヶ岳の峰々。

落ち着いた色彩に包まれる、日差し溢れる初冬の午後。

蓼科山も北横岳も山頂付近は綺麗に雪化粧となりました。

少し湿り気の残る西の空。

雲の帯が上空を駆っていきます。

初冬の草原の向こうに延びる、南八ヶ岳の峰々。

ひんやりした風が吹き抜けていきます。

視界いっぱいに広がる霧ヶ峰の草原。

水平に山並みの上を伸びていく雲と、添うように西へと下っていく飛行機雲。

池のくるみを見下ろす台地の上から。日が傾き始めると、枯草が輝き出します。

日射しが西の空へと遠ざかっていく、夕暮れ時。

南アルプスの山々を飾る雪渓が夕日に輝き出します。

手前に見える雪煙は富士見パノラマスキー場の人工降雪でしょうか。

夕日を受けて柔らかな色合いに包まれる八ヶ岳の峰々。

夕暮れの空を駆け往く、雲の羽。

時刻は4:30、霧ヶ峰の向こうへと夕日が足早に立ち去っていきます。

一瞬、茜が射した霧ヶ峰の草原と柔らかな八ヶ岳の空。

霧ヶ峰の山裾側に廻り込むと、黄金色に輝く夕日が落葉松林の向こうに沈んでいきます。

西日がどっぷりと沈んだ後、桃色に染まる蓼科山。夕日が残した残照が雲を染める夕暮れ。里では暖かな日差しも、標高の高いこの場所では、日が沈むと気温は氷点下に。

季節の進みは少し遅れているようですが、それでも冬の足音は着実に近づいているようです。

 

真夏の霧ヶ峰、夕暮れ(2018.7.22)

真夏の霧ヶ峰、夕暮れ(2018.7.22)

熱波が列島を覆い留まり続けるこの夏。

例年であればクーラーすら殆ど必要としないこの八ヶ岳南麓でも、夕立も殆ど無く、連日の30℃オーバーや35℃まで上がるとなると、流石に萎えてきます。

車載温度計が35℃を越えた昼下がりの八ヶ岳南麓を抜けて、一気に標高1800m、霧ヶ峰を望む高台へ。

大きく広がる青空を雲がどんどんと流れていきます。

涼しい風が吹く草原。気温は24℃と別天地の心地よさに包まれます。

山裾の奥に広がる夏の雲の向こうに夕日が沈み始めると、空の色は徐々に黄金色に染まりはじめます。

草原の上で青空と夕暮れの色が交わる時。

山裾に張り付いていた雲が夕日と共に一気に吹き流されていきます。

黄金色からオレンジへと色合いを変えていく夕日。

南の空に浮かぶ入道雲も夕日に照らされていきます。

熱波に覆われた山並みが夕日に霞んでいきます。

空を渦巻く雲と、オレンジ色に染まる山裾。

夕日が山裾を覆う雲の向こうに落ちる頃。

沸き立つ入道雲も夕日に染まります。

暑い一日が山裾の向こうに送られていきます。

長い長い夕暮れが過ぎていきます。

空には高く半分の月が昇っていきます。

夕暮れの欠片が残す残滓が色付き始めました。

輝く光と熱を与え続けた太陽はすっかり山の向こうに。

そして、空は太陽の残した色で染まっていきます。

燃えるような夕暮れに染まる霧ヶ峰。

また明日も暑くなりそうです。

 

梅雨の晴れ間に、霧ヶ峰のレンゲツツジ(2018.6.12~17)

梅雨の晴れ間に、霧ヶ峰のレンゲツツジ(2018.6.12~17)

本格的な梅雨空となってきた6月中旬。

ぐっと冷え込む日があるかと思うと、早くも台風が接近したりと目まぐるしく天気が移り変わっていきます。

雨上がりの麦畑。

前日までの激しい風雨で倒れてしまった場所もありますが、梅雨空の下、漸くの色付きを迎えたようです(2018.6.12)。

風の強い朝。

雨上がりの空に雲が勢いよく流れていきます。

ピカピカに磨かれた青空の下で輝く圃場の上を足早に往く、長く尾を曳く雲たち。

梅雨の晴れ間、気持ちの良い朝の日射しです

強い風が吹いて雲が押し流された後に、再び厚い雲に覆われてきた夕暮れ時。鮮やかに色付いた夕焼けの残滓が、雲と圃場を染めていきます(2018.6.13)。

今年の梅雨は長い雨が続かず、晴れ間も広がる日があるのですが、一度降り出すと極端に冷たい雨となる、気温変化の激しさに驚かされます。一面の霧に包まれた夕暮れ時の野辺山駅前。午後5時過ぎのこの時間で10℃と、まるで4月の終わりのような冷え込みです(2018.6.16)。

天候の回復した日曜日。

まだ涼しい風が残る午後に、霧ヶ峰まで上がってみます。

例年よりかなり早く咲き始めたレンゲツツジですが、気温の上昇が鈍いためでしょうか、ゆっくりと時間を掛けて満開を迎えたようです。

車山肩のレンゲツツジ。

まだ花を開いていない木もありますが、ほぼ満開となっています。

ビーナスライン沿いの山裾を染めるレンゲツツジ、色付きは今一歩ですが、例年並みに花を咲かせているようです。

夕暮れ前のビーナスライン、伊那丸富士見台。

西日を受けて輝く、周囲に広がるレンゲツツジを。

西の空は、早くも次の雲たちでびっしりと覆われてきました。

梅雨の晴れ間の僅かな間に花を開かせるレンゲツツジたち、今年はもう暫く楽しむ事が出来そうです。

 

梅雨入り前の空(2018.6.1~3)

季節の移り変わりが足早な今年。

心も体もついていけないまま、早くも梅雨、6月を迎えてしまいました。

僅かに雪渓を残すだけとなった甲斐駒を遠望する朝の麦畑。

麦秋を迎えて、風に揺れる麦の穂も淡い黄色を帯び始めました。

穏やかな夕暮れ。

夕暮れを迎えると車や農作業を行う人も絶えて一時、静かになる圃場ですが、日射しがどっぷりと沈んでくると賑やかなカエル達のコーラスが響き始めます。

深い朱色に染まる空と水田。

梅雨を挟んだこのシーズン。夕暮れの空の色が最も色濃くなる時期です(2018.6.1)。

八ヶ岳山麓で最近増えてきた夏蕎麦の栽培。今年は例年以上に早く、もう蕎麦の花が咲き始めています。

八ヶ岳を望む圃場を埋める小さな白い花。

甲斐駒もあともう少しで夏の装いです。

小さく可愛らしい花弁に対して、赤い雄蕊が強く自己主張をする蕎麦の花。

周囲の山並みも初夏の緑。

山の木々はそろそろ雨が恋しくなる頃でしょうか。

標高1000mに近い圃場でも気温が25℃に達する夏日となった日曜日の午後。

早々と到来した暑さから逃げるように、更に標高の高い霧ヶ峰へ。

こちらも例年より半月ほど早く、レンゲツツジが花を咲かせ始めています。

午後の強清水。

高原の高い青い空の下、落葉松の緑と、花を咲かせるコナシのコラボレーション。

梅雨を前にした眩しい陽射しを和らげる木陰に入ると、涼しい風が吹いてきます。

高原の新緑と初夏の狭間で。

高い空に雲が尾を曳き始めると天気は下り坂。

そろそろ梅雨入りの足音が聞こえて来そうです。

 

列島の要衝たるこの場所で過去から未来へと時を刻み繋げて(諏訪湖時の科学館儀象堂と下諏訪町埋蔵文化財センターは「しもすわ今昔館おいでや」へ)

列島の要衝たるこの場所で過去から未来へと時を刻み繋げて(諏訪湖時の科学館儀象堂と下諏訪町埋蔵文化財センターは「しもすわ今昔館おいでや」へ)

縄文文化の故郷とも呼ばれる八ヶ岳西麓。

エリア内の各自治体には、それぞれに工夫を凝らした考古館が整備されていますが、これまで独立した施設を有しなかった下諏訪町にも新たな考古博物館「下諏訪町埋蔵文化財センター」が昨年開設されました。

ところが、開館から僅か1年後のこの春、敷地を共有する、下諏訪町の名所でもある時計の組み立てが体験できる博物館「諏訪湖時の科学館儀象堂」が、下諏訪町の観光情報発信拠点として改装される事になり、三つの施設を統合して新たに「しもすわ今昔館 おいでや」として再出発、傘下の二つの体験型施設としてリニューアルを受けることになりました。

  • 諏訪湖時の科学館儀象堂 から「 時計工房 儀象堂」
  • 下諏訪町埋蔵文化財センター から「星ヶ塔ミュージアム 矢の根や」

リニューアルを迎えた4月14日、無料開放となった両施設を訪ねてみました(普段から辺りをウロウロしているくせに、無料に事付けてのこのこ見学に来る小悪人を、どうかお許しください…)。

ここ数年で綺麗に街路が整備された大社参道と平行に伸びる、一本左側に入った細い路地の中にある時計台が目印。エントランスには足湯が用意されています。

中庭には諏訪湖時の科学館時代からのシンボル、古代中国で実際に作られたとされている水車を動力にした天球儀と時計が一つのからくりに収まっている巨大な水運儀象台。中に入って実際に水車と歯車が動いている様子を見る事も出来ますし、毎正時にはスタッフの方(セイコーエプソンOBの方でしょうか)による、動作についての解説を聞く事が出来ます。

儀象堂の方は、組み立て工房が2階から1階に移されてウィンドウ越しに眺める事が出来るようになり、博物館としての位置付けから体験施設としての位置付けがより強くなったためでしょうか、展示内容にはあまり変更がないようですので、ここでは割愛させて頂き、裏側に廻ってみる事にします。

なお、此処ではIEEEマイルストーンに認定された、世界初のクォーツ式腕時計であるセイコークオーツアストロンSQ35の実物を始め、歴代の諏訪精工舎、セイコーエプソンが手掛けた時計たちも見る事が出来ます。

以前には設けられていた塀が完全に撤去されて、儀象堂と一体の施設となった、星ヶ塔ミュージアム 矢の根や。黒曜石をイメージした建物外観はそのままですが、表の看板は新たに架け替えられたようです。

儀象堂と一体運営になった影響でしょうか、受け付けはあるもののカーテンが掛けられ完全無人運用となった館内(20席ある地下シアターで上映される下諏訪町の歴史を紹介する、岩波映画社制作のPV(12分)もオートリピートに)。

な・の・で…。

係の者へお申し出ください書かれているミニ解説書が買えないじゃないですか!!!

まぁ、このパターンは観光案内所と管理を統合した開田高原の木曽馬資料館でも同じだったので今更驚きませんが、せっかくの無料開放の日で多くの見学者の方がお越しになっているのに、これは残念でなりません(やっぱり鷹山に行かないとダメなのかなぁ)。

気を取り直して…小さなエントランスの床には下諏訪を中心に置いた衛星写真の上に、このミュージアムのテーマでもある霧ヶ峰から産出された黒曜石が何処まで広がっていたのかを示す、発掘場所のプロットが示されています。

縄文文化、いえ当時の日本の中心がこの地であったことを雄弁に示す、実にシンボリックな地図です。

エントランスに並ぶ、星ヶ塔の解説。現在の名前で呼ばれる前から「星糞峠」とまで呼ばれた、黒曜石を豊富に産出する霧ヶ峰山麓。現在も土壌改質剤となるパーライト(その場所を称してビーナスライトとも)鉱山が稼働しています。

他の考古博物館であれば、大事そうに飾られるであろう黒曜石の原石。

でも、ここは今も鉱山のお膝元。ごっそりと黒曜石の原石が山盛りで飾られています。

下諏訪町における考古学の歩みを綴った年表。地味な展示ではありますが、町にとっては国指定史跡となり、このミュージアムを整備するきっかけとなった大切な足取の記録。

そして、このミュージアム最大の見せ物である、黒曜石鉱脈と縄文人たちが採鉱した跡をそのまま体感できるジオラマ。横には、剥ぎ取り標本もありますが、採掘跡どころか選鉱して捨てた黒曜石スラグの跡だというのですから、驚きです。

2階に上る階段からもジオラマを俯瞰で眺める事が出来ます。建物1階分を掘り進んで黒曜石の鉱脈を掘り当てた跡と考えられているこの遺跡。当時の非力な道具でここまで掘り進める熱意を実感できる展示です。

2階に上がると遺跡からの発掘物の紹介コーナーへと誘われます。

流石にこの地で発掘、加工までされていた訳ですから、豊富な黒曜石の発掘物とその時間軸の長さに圧倒されます。

そして、このミュージアムのビューポイント。実は、裏手には青塚古墳と言う、長野県内では珍しく、諏訪地域では唯一と言われている、確実に中央の影響を受けていたと見做せる前方後円墳。その石室をテラスから直接眺める事が出来るという、アイデア賞の展示。実は、入館する前に古墳の周囲を掃除中だった地元役員の方に事前に教えて頂いていたのでした(ありがとうございます)。こんな展示、古墳ファンじゃなくてもちょっと盛り上がりますよね。

古墳を望むベランダの反対側は、星ヶ搭遺跡以外の発掘物を紹介するコーナー。

平安時代までの町内からの発掘物が展示されています。

本館のお宝ともいえる展示物。有名な亀ヶ岡式の土器が遥か中部高地のこの場所から発掘されたという事実、この地が縄文時代には既に日本中と繋がっていた事を雄弁に示す証拠です。

そして本館で最も印象的な展示は館内の一番隅にあります。

多くの書籍で語られるように、縄文時代と弥生時代を分かつものは稲作と、青銅器の導入。

しかしながら、黒曜石を豊富に産出するこの場所では、弥生時代中期になっても黒曜石による道具を大量に使用していた事を示す発掘成果が残されています。

弥生時代に入ると八ヶ岳を中心にした中部高地は忽然と無人の広野に戻ってしまったかのような印象を完全に払しょくするこの発掘物たち。

その先には、これら展示物の背後に今も姿を残す古墳の埋葬者達やそれを支えた人々、更にはその発祥すらいまだ解明できない、諏訪の神々を祀る人々が、日本中、更には北東アジア全般に繋がりながら営々とこの地に住み続けていた事を、発掘物たちが教えてくれます。

今回の改修で、観光案内施設の一アトラクションに堕ちてしまったかのような印象もありますが、その溢れるばかりの発掘物が語りかけてくる無言の言葉は些かも変わりはない筈。

歴史と人が交わり合う、縄文の中心地から諏訪信仰の中核へ。諏訪湖を眼前に控え、四方の峠を越えて街道が交わる一大ジャンクションは今、世界の精密機械工業を牽引する場所へ。列島の要衝に位置し続けてきた下諏訪町の歴史を、時計の針の刻へと委ねて、未来へと繋げるこの場所。

綺麗に整備された展示環境を得て、新たに多くの方々の目に触れられるようになった貴重な発掘成果が、より深い歴史理解に繋がる事を願って。

 

藍の空、八ヶ岳ブルーの下で(2018.2.18)

藍の空、八ヶ岳ブルーの下で(2018.2.18)

春節を迎えた今週。

長くて寒い、八ヶ岳山麓の冬も漸く折り返し点。

寒さはまだまだ続きますが、冬の八ヶ岳が最も美しく映えるシーズンは、冷え込みが続くこの時期です。

ピークを迎えて藍色に染まる八ヶ岳ブルーの空の下、快晴になった日曜日にぐるっと一周です。

冷え込みが再び戻ってきた朝の八ヶ岳。中央線や中央道から眺められる方にとってはお馴染みの八ヶ岳を南側から望む冬の景色です。中央高速の八ヶ岳P.Aを見下ろす場所から。

粉雪に塗された八ヶ岳が美しく映えるのは、やはり朝の青空です(2018.2.14)。

午前中は八ヶ岳の東側、野辺山から清里の方向が順光になります。

東沢大橋の赤と雪を戴く八ヶ岳の前衛、権現岳のコラボレーションが楽しめます。

清里を越えて野辺山側まで廻り込むと、標高は1300mを越えてきます。

正面に主峰の赤岳と後方には横岳が望めるようになります。

高原地帯の牧場を抜けていくと、八ヶ岳を側面から一望できる場所に至ります。

冬の低い太陽が真上に上る頃、八ヶ岳の雪渓が八ヶ岳ブルーの空から浮かび上がります。

唯々、藍色の空が広がる下で、暫し風の音に身を委ねながら。

今年は降雪が多いのですが、一方で風も強く、地温も高いのでしょうか、広大な牧草地の所々に枯れた牧草が顔を覗かせています。

冬の低い太陽は、お昼を過ぎると急速に角度を低くします。

ぐっと海ノ口側に廻り込むと、傾き始めた陽射しが柔らかな表情を作り出します。

野辺山を離れて、八ヶ岳の裾野を北側を廻り込んでから、再び山懐に飛び込んでいきます。

西に傾いてきた日差しを受ける、蓼科牧場から眺める蓼科山。

昨日までの強い北風が収まって、穏やかな表情を見せてくれました。

3時を過ぎて日差しが西に傾いてきましたが、既に春節。まだ日差しが充分に残っています。

もう少し足を延ばしてみましょう。

大門峠を越えて八ヶ岳の西側に廻り込みます。

ビーナスラインから望む八ヶ岳のパノラマ。気温-9℃と地上に比べればぐっと冷え込んでいますが、風が穏やかなので寒くは感じません。

先ほどは足元から見上げていた蓼科山を今度は正面から。

標高1800mに迫る車山の肩にある、伊那丸富士見台からは、南北双方の八ヶ岳連峰の全てを俯瞰で望む事が出来ます。

そして、陽射しが西へと落ちてくると、空の色は藍色から柔らかな青へと移り変わっていきます。

夏のシーズンであればハイカーが昇るであろう車山の山頂へ至る小路も、今は小動物の足跡が残るばかり。

西日が低く山裾から照らし出すようになると、木が殆ど生えない車山の山裾が真っ白に染め上げられていきます。柔らかな夕暮れの青。

振り返ると、霧ヶ峰の向こう、西の空には既に次の雲たちがやって来ました。

5時近くなっても山の上は明るく、随分と夕暮れの訪れが遅くなってきた春節の夕暮れ。

厳冬の空を藍色に染める八ヶ岳ブルーが楽しめるのも、あと一ヶ月ばかりとなりました。