霧の湖畔(2017.10.21)

台風の接近が伝えられる週末。

お天気が悪い日々が続く中ですが、山の紅葉は着実に進んでいます。

久しぶりに晴れた朝、雲が漸く晴れた八ヶ岳は色付きが一気に濃くなり、晩秋の装いに移ろってきました(10/18)。

小雨が混じる中、何時もの場所へ。

彩がピークを迎えた、奥蓼科、御射鹿池。既に白樺は落葉に入っています。

風もなく、少し蒸すくらいに暖かい昼下がり。

湖面に紅葉が映り込んでいます。

周囲の落葉松の色あいもぐっと濃くなってきました(ここだけトリミング済み)。

湖面に映る紅葉の彩。

湖畔には、駐車場の整備効果でしょうか、今までに経験したことが無い程の多くの方が、お越しになっています。大型車駐車場からバスが溢れて、路上にバスが数珠繋ぎになる驚きの風景。ちょっとしたアミューズメントパークの様相。

正午を過ぎると、山頂から低く垂れこめていた雲が、池の周りまで下ってきました。霧に包まれる湖面。

あっという間に湖面一杯に霧が立ち込めてきます。紅葉する木々が霧の向こうに沈んでいきます。

ミルクポッドの中に沈む御射鹿池。幻想的な湖畔は、台風の余波を受けた雨模様に移り変わっていきました。

広告

霧に沈む秋色(2017.10.15)

好天だった日々から一転、週末にかけて天候が崩れてしまいました。

秋雨前線の影響と云われていますが、既に外は深まる秋の景色。

刻々と彩を変える秋の景色を求めて、降りしきる雨の中、再び山へと足を向けます。

すっかり色付いてい来た小海の白樺林。こんな天候ですが、登山客の方を乗せた白駒池に登っていくシャトルバスが、目の前を通り過ぎていきました。

山から霧が下ってきた八千穂レイク。

この時期、ピークを迎えた紅葉を愛でつつ竿を振る釣り人が集まる湖畔も、今日はひっそりと静まり返っています。

湖畔に広がる白樺林もすっかり色が濃くなってきました。

雨の白樺林の中、しっとりとした赤い葉を魅せる紅葉。

白樺林の中を覗き込むと、雨に濡れた紅葉が彩を増しています。

ピークを迎えた白樺の紅葉。モミジの赤い紅葉がアクセントを与えてくれます。

撮影を続けていると、白樺林にも徐々に霧が降りてきました。

霧に沈み始める白樺林。

昼下がりの時間にも拘わらず、霧で真っ白に染められた白樺林は薄暗くなってきます。

霧に溶け込む紅葉した白樺の木。

冷たい雨が降りしきる白樺林は、霧の中に静かに沈んでいきます。

八千穂高原を更に登って麦草峠を越える頃には気温は5℃、地上とは全く違う世界が広がっています。

八ヶ岳を東側から西側に抜けて、何時もの場所。山から繰り返し霧が降りてくる、午後の奥蓼科、御射鹿池へ。

湖畔の彩も深くなってきました。

白樺の紅葉は今がピーク、そろそろ落葉松の色付きが始める頃です。

撮影している間にも、霧が山から迫ってきます。

湖畔の彩も、一週間前と比べると深みを増してきています。

霧に包まれる御射鹿池。今日もたくさんの観光客の方がお見えになっていました。

天気予報では、あまり優れない空模様が続く予報となっている今週。

霧と雨の中で秋の彩を探しながら。

 

濃霧、五月晴れ、そして冠雪!(2015.5.21)

4月に続いて、目まぐるしく天候が変わる5月。

それにしてもバリエーションが少々多すぎるようです。

そんな天候の変化を朝のスナップから(撮影はLumia1020です。画像をクリックして頂くとフルサイズの表示になります)。

濃霧の朝1真っ白な霧に包まれた、5/19の朝。

踏切に差し掛かった中央線の列車も霧に沈んで見えにくくなっています。

濃霧の朝2そうこうしているうちに、みるみる霧が濃くなって視程は僅かに30m程。対向車のヘッドライトすら視認が困難なくらいに。小さな圃場の畔すらも霧に消えかかっています。

濃霧の朝3霧の中を延びていく、新緑のあぜ道。少し霧が晴れて来ると、畔の鮮やかさが引き立ちます。

朝の鏡面翌日20日は、朝から風もなく穏やかに晴れ渡りました。

少し濁っているのが残念ですが、鏡面になった圃場には、甲斐駒と南アルプスの山並みが映し出されます。

季節外れの冠雪3天気の良かった昼間から一転、深夜に雷と強風を伴った強い通り雨が過ぎ去った21日の朝。

肌寒さで目覚めた朝は驚いたことに、八ヶ岳が白く冠雪をしています!

5月の後半にここまで雪景色になるのはちょっと記憶にありません。

季節外れの冠雪比較用季節外れの冠雪2念のため、今月13日に撮影した同じ場所のカットを比較として。

田圃の畔をご覧頂ければ判りますが、下が21日の風景です。ちょっと驚きの景色。

季節外れの冠雪1田植えを直前に控えた圃場の向こう、新緑の南アルプスの山々も再び白さを取り戻しています。

季節が逆戻りしてしまったような肌寒い青空。このページを編集している夜半も、外の気温は既に10℃を下回っています。

茜色の夕暮れの圃場1茜色の夕暮れ。長くなった日差しはゆっくりと暮れていきます(5/23)

茜色の夕暮れの圃場2こんな景色、めったに見られるものではありませんが、もう少し普通に季節が巡ってほしいと願わずにはいられない、春のシーズンもそろそろ終わり。高原に広がる圃場での田植えが終わる頃には梅雨を迎えている筈です。