四月のなごり雪、桜と共に(2020.4.14)

先週来の冷え込みがピークに達したタイミングで訪れた南岸低気圧。

所謂「かみ雪」が降るパターンですが、例年ですと4月も1週目くらいまで。既に夏タイヤに交換した後に降って湧いた大雪の予報に戦々恐々とする週末からの日々。

夜半に霙交じりの雨が屋根をたたく音が響く度に肝を冷やすこの数日でしたが、八ヶ岳の南麓は辛うじて降雪を免れたようです(もう少し標高の高い別荘地帯にお住いの方々は除雪に追われたようです)。

雪雲が去って抜けるような青空が広がる朝。

勤め先まで車で向かう途中、ほんの少し寄り道しながら、ピークを迎えた桜と新雪に覆われた山々のコラボレーションを楽しみます。

氷点下まで下がった冷たい風が吹く中、新雪に覆われる甲斐駒をバックに花を咲かせる、諏訪郡富士見町信濃境、田端の枝垂桜。

南アルプスの稜線もきれいに雪化粧をしています。

雪煙を上げて新雪に染まる八ヶ岳の山裾。

実は山裾が白く染まるのは「かみ雪」の時だけ。冬場の乾いた軽い雪はそのまま地面へと積もっていきますが、春先の重たく湿った雪は山裾を覆う落葉松の枝々にも降り積もり、山裾を白く染め上げていきます。

南アルプスの山並み、更に北側の入笠山方面は朝日を浴びて真っ白に輝いています。春先の雪はちょっと困りものですが、この時期だけの美しく染まる白銀の稜線。

寒の戻りで花を咲かせ続ける、北杜市小淵沢町、神田の大糸桜。八ヶ岳の裾野は東側まで雪で白く染まっています。

抜けるような雪晴れの青空の下、満開の花を咲かせる枝垂桜。

雪に染まる南アルプスの上空から下弦の月がゆっくりと沈んでいきます。

新雪に覆われる南アルプスの山裾へと続く、北杜市長坂町、蕪の桜並木。

雪煙を上げて新雪に染まる甲斐駒の山裾を彩る桜並木。滅多に見る事が出来ない貴重なコラボレーションです。

麓近くの山裾まで新雪に染まる南アルプスと、少し葉が交るようになってきた標高760mの桜並木。

これでシーズン最後となるはずのなごり雪が去っていくと、八ヶ岳山麓の桜前線は標高1000mを超える高原地帯へと昇っていきます。

桜咲く静かな八ヶ岳山麓、春の日々(2020.4.5~11)

例年になく早い訪れとなった春の陽気ですが、4月に入ると寒の戻り。

日中は日差しも眩しく春心地ですが、朝晩はまだまだ冷え込む八ヶ岳山麓です。

さっと雪交じりの雨が降った朝。

午後になって青空が広がる八ヶ岳の麓、例年より1週間ほど早く咲き始めたコブシの花を追うようにほころび始める、信濃境、田端の枝垂桜。

雨上がりの夕暮れ。

透き通る西の空、ビニールハウスを照らし出すオレンジ色の夕日がゆっくりと沈んでいきます。既に午後6時を過ぎていますが、四月の日暮れは長く、春分迄は南アルプスに沈んでいた夕日も塩嶺の更に向こう、木曽の山々の先へと沈んでいきます(2020.4.5)

少し早く帰宅する夕暮れ。

18時半を回っても僅かに明るさが残る西の空に浮かぶ八ヶ岳のシルエットと咲き始めた桜の木(2020.4.6)

少し冷え込んで空の霞が取れた朝。

集落沿いの道端に咲く桜も満開を迎えました(2020.4.8)

寒の戻りが続く四月上旬。

氷点下まで下がった朝、雪渓を戴く甲斐駒を望む集落の高台で甲斐駒を見上げるように咲き誇る桜(2020.4.9)

春霞の朝。

旧道に連なる集落へと続く道筋で満開を迎えた蕪の桜並木。

雲が多く、まだ冷え込む朝。桜並木の更に向こう、春霞の中に八ヶ岳の雪渓が顔を覗かせています。

雪渓を抱く南アルプス、鳳凰三山を遠くに望む牧草地沿いに連なる桜並木。春の日差しが戻り、輝きだす桜の木。

桜のシーズンになると、朝から多くの方が行き交う場所ですが、今日はひっそり。時折、道筋の奥にあるゴルフ場へと向かう車が通過するだけです(2020.4.10)

少し涼しい快晴の朝を迎えた週末土曜日。

空模様は徐々に下り坂、春霞の下で輝く甲斐駒の雪渓の上空には雲が広がり始めました。

行き交う車の驚くほどの少なさに暫し呆然としながら、買い出しのために車を走らせる途中で。

雪渓を僅かに残す八ヶ岳の懐。燕が飛び交う青空の下、小さな谷戸の高台で咲き始めた信濃境、田端の枝垂桜。

まだ咲き始めですが、青空の下、満開の頃合いには見られない桃色に染まる印象的な色合いを見せてくれます。

俗に三色に染まると称される桜の木。

後背のコブシの花は散り始めていますが、八ヶ岳側で咲くもう一本の桜の木はまだ咲き始め。それぞれのコントラストが浮かび上がります。

春の日差しの中、谷戸の奥尻に当たる高台にで寄り添うように花を咲かせるそれぞれの木々。

枝垂桜の下に潜り込むと、鮮やかな桃色に染まる枝垂桜の枝の向こうに甲斐駒の雪渓が望めます。

春の日差しを浴びて桃色に染まる枝垂桜の枝々。

江戸の終わり頃からこの地で花を咲かせ続けていると伝わる古木。

周囲に点在する古い枝垂桜たちと同じく濃い桃色に染まる花は、幾百年を経て、今年も同じ場所で、時を重ねながら花を咲かせてくれています。

八ヶ岳の方から湧き上がる雲が少しずつ空を覆い始める静かな午後。

夕暮れに向けて崩れ始めた空模様。明日の晩には再びの降雪予報が出る中、足早に自宅へと戻ります。

少し歩みのペースを緩めた今年の春。山里に佇む桜の木々は、今年も山麓の集落をゆっくりと巡りながら春の訪れを告げていくようです。

桜の古木が伝える、何時もより早く訪れた静かな八ヶ岳南麓の春(2020.4.1~4.4)

記録に例のないほどの暖冬そして、早い春の訪れ。

高冷地である八ヶ岳山麓も例外ではなく、例年より1週間以上早い、春の訪れとなりました。

雲に沈む八ヶ岳を望む圃場の脇。

江戸の始め頃よりこの地で時を刻み続ける、小淵沢町、神田の大糸桜。

枝が薄紅色に染まり始めました(2020.4.1)

春が訪れたといっても山はまだ冬景色。

再び雪が舞って新雪に装う朝の甲斐駒。界隈で一番早く花を咲かせる枝垂桜はもう花盛りです(2020.4.2)

まだ春早い、氷点下に冷え込んだ朝。

春を迎えて少し霞んだ空に下に聳える甲斐駒を望む桜並木。あともう少しで開花を迎えそうです(2020.4.3)

初夏を思わせる眩しい日差しを遮るかのように雲が所々広がる土曜日の昼下がり。

柔らかな日差しを受けて今年も満開の花を咲かせる、白州町、関の桜。

江戸の中頃からこの地にあった関所の脇で、春が訪れるたびに花を咲かせてきたと伝えられる古木。春の日差しをいっぱいに受けて咲き誇ります。

うっすらと紅が差す、同じエドヒガンでも白さが美しく映える桜。

賑やかだったはずの当時の信州往還から今は民家もまばらな静かな山里の片隅。春の訪れとともに、今年も毅然と花を咲かせ続けます。

竹藪を抜けた先にある、小さくとも鬱蒼とした杉の巨木に囲まれた社業。

遥か平安の昔から当地で崇敬を受け、歴代の甲斐を治めてきた武人達からも寄進を寄せられ、守られ続けてきた神社の境内。

当地でも古い歴史を有する、高根町の熱那神社。

境内には、こちらも江戸時代から伝わる桜の古木が花を咲かせています。

晴れ間が広がった春空の下、空へと枝を伸ばし、一杯の花を咲かせるエドヒガンの古木。

八ヶ岳山麓の厳しい気候の中、それに抗うかの如く天へと幹を伸ばしていきます。

満々と枝々に花を湛えるエドヒガンの古木。暖かな春の風が抜けていく静かな境内で、暫し、その姿に向き合います。

幹を断たれ、枝を打たれても尚、遥か空へと伸び続け、花を咲かせる古木。

神楽が舞われる時以外は静かな境内。穏やかで静かな春心地を満喫する午後のひと時。

風が強くなってきた夕暮れ時。

例年であれば日没近くまで観光で訪れた皆さんが行き交う神田の大糸桜。今年は八ヶ岳から吹き降ろす風の音だけが響いています。

夕日を浴びて精いっぱい花を咲かせる、樹齢四百年とも称されるエドヒガンの老木。樹勢の衰えは著しく、枝を断たれ、八ヶ岳颪から守るために植えられた木陰に隠れるような姿となってもう何年も経ちますが、それでも尚、春の訪れを告げるために、この地で花を咲かせ続けてくれるようです。

標高800mを越えてくる八ヶ岳南麓、更に標高1000mを超える八ヶ岳西麓の桜のシーズンはこれから。等高線を足早に跨ぎながら、静かに訪れた春は再び山裾を登っていきます。

雪の止んだ朝に(2020.3.15)

暖かったこの冬。

雪の少なかった今シーズンですが、3月も中盤に入って急に降った「かみ雪」で白銀に染まる八ヶ岳山麓。

少し早く目が覚めた雪の止んだ翌朝。晴れ渡る空が広がりました。

日の出より少し前の北西の空。

うっすらと桃色に染まるビーナスベルトが稜線沿いに広がります。

西の空に19番目の月が輝く中、朝焼けに南アルプスの山並みが染まっていきます。

雪雲が晴れて顔を覗かせた、新雪を纏う甲斐駒を染める朝焼け。

新雪を装う北に聳える八ヶ岳も朝日に染まります。

少し西寄りに移動すると、ひんやりとした朝の空気に包まれた、雪原となった圃場の先に八ヶ岳のシルエットが映し出されます。

東から昇ってきた朝日が、新雪に染まる南アルプスを稜線いっぱいに照らし出す頃。

下弦の月がゆっくりと下っていきます。

氷点下3度まで下がった雪の止んだ朝。

八ヶ岳の上空には澄み切った青空が広がります。

日差しがたっぷりと降り注ぐ空の下、雪渓が輝く昼前の南麓側から望む八ヶ岳。

午後になると風が吹き始め、八ヶ岳の上空には雲が広がり始めてきました。

暖かな3月の日差しに照らされる新雪の山々。今夜は再び降雪の予報が出ています。

眩しい春の日差しと春の雪を繰り返しながら、八ヶ岳の山麓も少しずつ春へと歩みを進めていきます。

まだ早い春の午後、雪降る御射鹿池(2020.3.14)

東京では記録に残る最も早い桜の開花を迎えたとの事ですが、標高1000mに迫るここ、八ヶ岳南麓はまだ冬の装い。

暖かな日が続く3月ですが、時に朝の気温が氷点下まで下がる日も。

降り続く雨に洗い流されて、青空の下で美しく輝く甲斐駒の雪渓(2020.3.12)

雲は多めながら暖かかった金曜日。この気温で明日は積雪とはちょっと予報がおかしいのではないかと首を傾げながら迎えた週末。

明け方の雨が少しづつ雪へと変わり、昼過ぎの森の中は一面の銀世界へと変わっていました。

重たく湿った雪が降り続ける午後、山懐へと車を走らせます。

白銀に包まれる静かな奥蓼科、御射鹿池。

既に湖面の氷は解けて、水面には白銀を装う落葉松たちが映し出されます。

徐々に霧に沈んでいく、雪化粧をした落葉松の木々達。

降りしきる雪の中、ぽつりぽつりと登ってくる湖畔に訪れた方々は、思い思いにその景色を楽しまれているようです。雪降る御射鹿池降りしきる雪の向こうに映る、御射鹿池の水面。

静かな、静かな午後のひと時(Panasonic Lumix DMC-GX7Mk2/SIGMA 30mm f2.8DN Art)山を下っていくと、空一面を覆っていた雪雲が徐々に切れ始めてきます。

雪と共に乏しい光芒が雪化粧をした防風林の上へと降り注ぐ午後。

一面の雪原となった入笠山を望む圃場。

山裾に掛かる雲海が徐々に薄くなり、雲間からは光が零れ始めます。

うっすらと青空が覗き始めた雪原の上空。

夕暮れを迎えて、南の方から南アルプス上空の雲が離れ始めます。

雪雲が離れ始めた山並みから、雪化粧をした山裾が浮かび上がります。

明日は朝から晴れの予報。

雪晴れの空の下、雪化粧を施された美しい山々が望めるでしょうか。

 

ゆっくりと過ぎていく厳冬期の夕暮れと朝に(2020.2.11~2.29)

例年にない暖冬となったこの冬。

暖かな日が続きますが、それでも冬ならではの澄んだ空気に包まれるこのシーズン。透き通る空気に包まれる冬の山々の景色はこの時期だけの美しさ。朝、そして夕暮れに移り変わる空の色が彩を添えてくれます。

澄み切った夕暮れの空。夕焼けに焦がされた空がゆっくりと褪めていくと頃、入笠山の山裾にスキー場の夜間照明が浮かび上がります(2020.2.11)

節分を越えて日暮れの時刻が午後5時を大きく過ぎるようになる2月の中旬。すっかり日が落ちて街明かりが浮かび上がる、諏訪盆地を遠望する圃場。

オレンジに染まる山の端がゆっくりと夜の帳が落ちていきます(2020.2.15)

暖冬と叫ばれるこのシーズンですが、それでも季節は2月。久しぶりに氷点下5℃を超える朝、澄み切った空は眩しい八ヶ岳ブルーに染まります(2020.2.19)

例年であれば大雪となるような強い雨が降る日が繰り返し訪れる中、星空から一転して夜半に思いもよらぬ雪が舞った朝。日が昇って雪雲が離れていくと、八ヶ岳の山裾は新雪に覆われます(2020.2.27)

翌日。雪雲が綺麗に離れると、山頂部に新雪の残る八ヶ岳が抜けるような青空の下に裾野を延ばします。

冬の乾いた畑越しに望む、朝日に雪渓を輝かす甲斐駒。

火の見や櫓の向こうに望遠で臨む、勇壮な甲斐駒の雪渓。

厳冬の2月もそろそろ終わりです(2020.2.28)

少し早く目が覚めた週末の朝。

朝日で淡く色づく東の空。

早くなった朝の訪れ。午後6時半、南アルプス上空の雲がほのかに色づき始めます。

中望遠に切り替えて東の空を覗くと、秩父山地の向こう側では分厚く延びる雲を朝日が焦がしていきます。

桃色に染まる朝の鳳凰三山。

山の端から立ち上がる光芒が分厚い雲へと吸い込まれていく日の出。

朝焼けが褪せていくと、日差しを受けて甲斐駒の雪渓が浮かび上がってきます。

繰り返し訪れる冷え込みは徐々に穏やかになり、朝は早く、夕暮れは徐々に伸びていく、厳冬の季節がゆっくりと過ぎ去っていく2月の終わり。夜になると再び雨が降り始めた八ヶ岳南麓です。

厳冬を迎えた2月の八ヶ岳山麓(2020.2.6~9)

過去に例がないほどの暖冬と云われる今年。

暖かいままに節分を過ぎてしまいましたが、ここ数年で冷え込むのは2月の中旬。今年もやはり遅れて寒さがやってきたようです。

寒気が入り、南アルプスの上空に雲が広がる朝。

朝の気温が氷点下5度を下回ってくると、漸く厳冬期に入ったと実感できます。

月明かりが眩しい冷え込む夜。

雪の少ない八ヶ岳ですが、それでも月明かりに照らし出される雪渓が浮かび上がる夜の姿はこの時期ならではの風景。風を凌ぐ場所のない吹きさらしの圃場の隅、まだ20時前にもかかわらず、手が痺れてシャッターを押すことすら苦戦する冷え込んだ夜(2020.2.6)

夜が明けると、氷点下10度を下回る、この冬一番の冷え込みとなった朝。

枯れた野原の向こうに八ヶ岳ブルーの空をバックに聳える、冬の八ヶ岳の姿(2020.2.7)

冷え込みが続く週末土曜日の夕暮れ。

圃場に影が落ち始めると、東の空から月が昇り始めます。

西の山の端に沈んでゆく日差し。

冬の強い風が空の塵を吹き流した後、透明な夕日が輝いています。

山の端を焦がす厳冬の夕日。

厳冬の月明かりと八ヶ岳残照西の空に日差しが沈む中、残照の中を昇る月が八ヶ岳の峰々を照らし出していきます。

南アルプスの上空にかかる雪雲を赤々と焦がす夕暮れの残照。

夕日がすっかりと西の空に沈んだ後、雲が広がり始めた八ヶ岳の山並みを眩しい月明かりが照らし出していきます。深々と冷え込む週末、明け方にはさっと雪が舞い散りました(2020.2.8)

朝には雪雲が離れ、抜けるような青空が広がった日曜日。

冷え切った夕暮れの空の下に八ヶ岳の峰々が聳え立つ、八ヶ岳南麓の夕暮れ。

薄桃色の夕暮れと富士山振り返ると、甲府盆地の上空は薄紫色に染まっていました。

午後5時の時点で既に氷点下3度。もうしばらくの間、厳冬の真冬日が続く八ヶ岳山麓です。