爽やかな晩夏の空の下、緑広がる高原野菜畑にて(川上村、南牧村)2018.8.18

爽やかな晩夏の空の下、緑広がる高原野菜畑にて(川上村、南牧村)2018.8.18

急に涼しくなった今週末。

金曜日の朝に続いて10℃近くまで気温が下がった土曜日の朝。

清々しい風に誘われて、高原へ足を延ばします。

昼下がりの野辺山。牧草を撫でる様に風が吹き抜けていきます。

昨日より少し雲が多めとなった八ヶ岳東麓。空には筋雲が伸びていきます。

野辺山、そして川上村に広がる畑では、瑞々しい高原野菜たちが心地よい風と眩しい晩夏の陽射しを受けてぐんぐんと成長しています(南佐久郡南牧村野辺山)。

お昼を過ぎても気温20℃と、週前半の連日30℃を超える気温から10℃以上下がってぐっと晩夏の心地となった中、高く伸びる雲と瑞々しい緑を追って圃場を巡ります。

風は涼しくとも眩しい太陽の日射しが燦々と降り注ぐ昼下がり(南佐久郡川上村信州峠)。

心地よい風と空、眩しい日射しと土の匂いに包まれる週末です。

広告
暑い高原の夏(2018.7.31~8.5)

暑い高原の夏(2018.7.31~8.5)

異例のルートを辿った台風が列島を東から西に抜けた後、更なる熱波がこの八ヶ岳南麓の高原も熱し続けています。

まだ涼しい朝。

眩しい圃場を照らす陽射しは厳しさを増し、南アルプスの上空には早くも雲が沸き立ち始めています(2018.7.31)。

暑さが続き、雨が少ない中でも、圃場の稲たちはぐんぐんと育っています。

朝の日射しの中で咲き始めた稲の花。秋の豊かな実りへと繋がる一瞬の輝きです(2018.8.1)。

八ヶ岳から高原の牧草地へ向けて広がる雲。

熱い夏空は、朝からダイナミックに移り変わっていきます。

男山をバックに眩しい陽射しを一杯に浴びて輝く高原野菜たち。暑さに備えて、各所でスプリンクラーが廻っています。

台地の上に拓かれた川上村の広大な圃場は農作業のピーク、朝からトラクターが忙しく走り回り、既に収穫の終わった圃場では秋に向けて、次の苗付けが始まっています(2018.8.3)。

野辺山でめったにない30℃を越えたという話が伝わってきた日曜日。

連日続く暑さ、でも空を見上げると、一面の鱗雲が広がっています。短い高原の夏空は、猛暑の中でも確実に次の季節へ移り変わる事を教えてくれます。

暑かった陽射しが西の空を埋める雲の中に沈むと、空に光芒が広がりました。

雲を焦がしながら西の空に沈んでいく暑い夏。

標高の高い高原は、日が暮れると気温が一気に下がり、遠雷が響き始めました。

暑さの続くこの夏、今週は再び台風の接近が予想される荒れた天候になりそうです。

 

暑い立秋の午後(みずがき湖から信州峠へ)2016.8.7

立秋を迎えた週末。

本格的な夏らしい暑さとなる一方、漸く夕立からも解放されて、ここ数日は安定した天気が続いています。

ちょっと所用のため、韮崎に降りてみると、気温は34℃から36℃と、うだるような暑さ。早々に茅ヶ岳側に逃げ込んでみると、今度はひまわり畑へ向かわれる観光客の皆さんの大渋滞に巻き込まれて、ほうほうの体で逃げながら、更に北上してみます。

夏空のみずがき湖厚く広がる夏の雲の合間から光が差し込む、みずがき湖。

流石に、此処まで来ると観光客の方もまばらに。

それでも、名物のソフトクリームを片手に湖畔を散歩する方がちらほらと見受けられます。ここまで上がってきても気温28℃。谷に囲まれた湖畔は風もなく、かなり蒸し暑くなっていました。

夏の雲間に瑞牆山更に北上を続けると、右手に瑞牆山の威容が望めるようになります。

雲が多めながら、特徴的な山肌がはっきりと望む事が出来ます。所々に緑が見えているのが夏の瑞牆山らしい装い。

信州峠から川上村の高原野菜畑1ぐいぐいと峠道を上り詰めていくと、甲州から信州へと繋がる信州峠を越えていきます。

峠付近を覆う落葉松林を抜けていくと、視界は一気に開けて、一面に高原野菜の畑が広がります。

空も晴れ渡り、これまでの景色と一変する、別天地。川上村に入っていきます。

信州峠の高原野菜畑2川上村の高原野菜作りは夏場の今がピーク。

目の前に広がる広大な山裾に苗が植えつけられています。

気温は27℃とそれほど低くはありませんが、谷筋から吹き抜けていく涼しい風は、はっきりと高原に戻ってきたことを教えてくれます。

信州峠の高原野菜畑3青空の下に広がる、高原野菜の緑。

峠から村内に下っていく道には、トラクターがひっきりなしに行き交います。

僅かな夏のシーズンの陽射しを精いっぱい使って、夏野菜が育っていきます。

ひまわりと夕暮れ盛夏らしい、情熱的な夕暮れの空。

短い高原の夏は、今がピーク。夜になって虫の音が響き始めるお盆に入ると、日が暮れると急激に涼しくなっていきます。

 

唯、夏空(2015.8.2)

猛暑の日々。

地上に比べれば過ごしやすいとはいえ、流石に日差しは厳しく、太陽の眩しさは標高が高い分むしろ強いかもしれません。

夕立前の空そして、夕暮れになると連日訪れる夕立タイム。

時に瞬停を引き起こす、厄介な存在ですが、そのあと一気に気温が下がり夜が過ごしやすくなるのもまた事実。昨日のようにあまりに降り過ぎると、列車の運休や雹害といった災害を引き起こしてしまうのも困ったものです。

レタス畑と八ヶ岳

小海線が終日運休になるほどの大雨の後、一夜明けると再び眩しい日差しの夏空。

八ヶ岳を望む、一面に広がる高原野菜の上にも燦々と日差しが降り注ぎます(南牧村野辺山)。

沸き立つ雲と高原野菜の畑

今日も東の空には入道雲が沸き立っています。

夏の高原らしい一コマ。

P1040844a2

牧場の緑と夏空のコントラストが眩しいです。

信州峠から川上村を望んで

信州峠から川上村へ下る道沿い。

道の両脇は高原野菜で埋め尽くされています。

農作業を行うトラクターと出荷を急ぐ大型トラックがひっきりなしに通過していきます(川上村原)。

沸き立つ雲とレタス畑

暑く、乾いた風が吹き抜ける、峠に繋がる斜面から望む、夏空と入道雲、そして高原野菜の広がる景色。

(Lumix GMC-GM5 + LEICA DG Summilux 15mm f1.7,1/1300,f8.0,ISO200,-0.3EV,RAW現像)

周囲には、アミューズメント施設も、小奇麗なショップもないけれど、この風景こそ高原の夏。

高原の暑さのピークは、例年であればお盆の頃までとあと僅か。今暫くの夏の日差しを存分に感じて。