土曜の夜に美術と建築の楽しさを教えてくれた19年間に感謝を(遂にリニューアルを迎える「美の巨人たち」)2019.3.31

土曜の夜に美術と建築の楽しさを教えてくれた19年間に感謝を(遂にリニューアルを迎える「美の巨人たち」)2019.3.31

昨夜の放送で、何の前触れもなく次回からのリニューアルが伝えられた、テレビ東京系で放送されている「美の巨人たち」(以前の番組紹介はこちらのアーカイブサイトのアドレスにリダイレクトされています)。

先週の予告から疑問を抱いていた、何でこのタイミングで広重なんだろう、しかもテーマは東海道五拾三次の終点、京都という不安。番組が始まると更に正蔵が広重役を請け負うとはちょっとおかしいなと思いながらラストに至って確信を得た後の予告。

2000年4月から始まった放送が20年目を前にしてあっさりとリニューアルと言う形で終焉を迎えた瞬間。呆気にとられて暫し思考停止となった中でSNSを眺めはじめると、視聴されていた多くの皆さんも同じように動揺を隠せないコメントを残されていたのがとても印象的でした。

思えば、今シーズンは久しぶりにモデュロール兄弟が登場していましたし、絵画警察でも不穏なセリフが述べられたり、年が明けてからも奇妙なタイミングで若冲の特集とちぐはぐなイメージが付きまとっていましたが、やはりと言うべきか遂にと言うべきでしょうか、その時が来たようです。

落ち着いた時間が流れる土曜日夜の放送、酒類会社による一社提供番組(実際にはスタート時は異なりますし、最後の2年間は2社提供)。小話を多用したスタイルや、専門家を立てての我々が知らない見方、考え方を教えてくれる構成。知的好奇心の高い若い社会人層をターゲットにした設定。更には番組末期に行われた番組の若返り、若者や女性層へのアプローチを狙った番組内容のライト化と出演者の追加。その姿は終了間際のちぐはぐ感までも含めて、少し前に終了した東京FM系列(JFN)で放送されていたSuntory Saturday Waiting Bar AVANTIとそっくりであった事が判ります(AVANTIの最末期も構成分割しての実質2社提供でしたね)。

数々の小話を彩って来た名シリーズ(絵画警察、モデュロール兄弟、桜子さん…etc)、出演者たちの舞台も喫茶店や古書店など、大人の雰囲気を漂わせる少しノスタルジーを感じさせる雰囲気を作り出す事に注力していたように思えます。

そして、少しエッジが効き過ぎて滑る事もままあった小話を引き締めて、美の鑑賞へと誘ってくれる、落ち着いた小林薫さんのナレーション(時には出演者たちを宥めたりも)は、19年に渡る番組のイメージを決定付けていたように思えます。

番組を彩り、美術鑑賞と建築の妙を伝えてくれた数々のギミック(ラストシーズンには制作者のご紹介もあったAOKIT、大好きでした)。豊富な経験が生かされた海外ロケーションでは、他の番組が取材しても叶わないであろう貴重なシーンの撮影も数々であったかと思います(作者を演じる事になる現地での出演者さんとの調整も大変だったのではと)。

更に、前述のAVANTIではないですが、この番組が誇る選曲の素晴らしさ。手元にある500回記念の際にリリースされたアルバムのライナーノーツを書かれているのは、何と初代のプロデューサーの方。その伝統が番組の根底に脈々と受け継がれているのは、番組のHPで毎回使用されたBGMのタイトルとアルバム情報が掲載され続けている点からも明らかかと思います(番組終わった後で楽曲チェックするのも楽しみでした)。

良質な音楽に乗せて、限られた時間の中で一つの作品を楽しくも丁寧に解説してくれる、貴重な土曜夜の30分間。特に美術作品の紹介はEテレの日曜美術館(時に作品が寸でのタイミングでバッティングする事も)もありますが、建築関係の作品が紹介されるのは殆ど唯一と言っていい番組(それだけに、モデュロール兄弟がライトな建築ファンに与えた影響は絶大だったはずです)。

私自体もこの番組が無ければライトの作品もコルビュジエにも興味を持たなかったかもしれませんし、自由学園、聴竹居や日土小学校を知る事も無かったでしょう(末期には次回が建築関係の放送と知ると、何時も録画スタンバイ状態でした)。絵画でも、ほとんど知識が無かった近代アメリカの作家たち、ホッパーやフュークス、モーゼスが大好きになったのも番組のおかげです。

そして、何時も写真を撮影している御射鹿池をモチーフにした「緑響く」しか知らなかった東山魁夷の作品を観るために東山魁夷館(長野県信濃美術館)に赴き、彼の絶筆となる「夕星」に出逢い、唐招提寺の襖絵、ヨーロッパ取材旅行の作品に圧倒され、すぐ近くに作品が収蔵されている事すら知らなかった犬塚勉の作品を観る機会を得られたのも、この番組、放送を観る事が出来たおかげです(放送翌週の週末、作品が収蔵されている旧日野春小学校の校庭が県外ナンバーの車で埋め尽くされていたのを観て、番組の影響力の大きさと視聴者の皆様の旺盛な行動力に驚きました)。

久しぶりに番組のアルバムを聞きながら、数々のシーンを思い出す夜。

一社提供番組と言う豊穣な世界が生み出したその姿は、美術館に飾られた絵画の如く、視聴者の皆様の番組への深い想いと共に、時代のワンシーンへと収められていくようです。

次回予告で登場された出演者の皆様や次のテーマ選曲を拝見すると、正にEテレがそのまま移ってきたかのようなラインナップと構成となるリニューアルにちょっと驚きながら。でも、テレビ東京の前身と制作会社(日経映像)を考えれば、制作サイドとしてはお互いに影響を与え合う程に両者は極めて近い間柄にある事も事実(日曜美術館の方は4月からアシスタントが柴田祐規子アナに変わって、2年目となる小野正嗣さんの趣向がより前面に出て来そうですね)。

その前身の姿を今に伝える貴重な枠が、土曜の夜と言う誰もが視聴しやすい時間帯で継続してくれたことにまずは安堵しながら。リニューアルした番組がより楽しく、美術と建築を理解するための入口としての役割を果たし続けて下さることを願って。

素敵な番組を届けて下さったスタッフの皆様と、19年に渡って土曜夜の一時を穏やかなナレーションで紡ぎ続けて下さった小林薫さんに感謝を。

広告
Avanti最終回に想いを寄せて(一社提供長寿番組への望郷)

Avanti最終回に想いを寄せて(一社提供長寿番組への望郷)

今夜、Toyko-FM系で全国ネットされていたサントリー一社提供プログラムである「Suntory Saturday Waiting Bar “AVANTI”」が最終回を迎えました。

番組構成上、前回で既に番組としては終了しており、今回は「その後のAvanti」というコンセプトで、いつもと変わらない番組構成に徹したようですが、製作陣の番組への想いを込めた、最後の教授の一言「じゃあ、また今度の週末に」というセリフは、日常の一コマをテーマとしてきた番組としては最高のラストメッセージだったのではないでしょうか。

1992年と言う、バブル崩壊直後に始まった長寿プログラムに敬意を表するようにTokyo-FMとサントリーの協賛という形で、スペシャルなリスニングイベントを用意して、出演者が最後に登壇して、セッションを行うという(こちらのtogetterをご覧いただければ雰囲気が判るかと)、いう粋な計らいもありましたが、昨年末の山下達郎サンデーソングブック(こちらは複数社提供のプログラムとして残っていますが)に続いて、FMで放送されている一社提供の長寿番組がまた一つ、終わったことになります。

(リスニングイベント後のセッションの模様が動画で上がっています。こちらよりリンクをだどって頂ければ。THANK YOU『AVANTI』presented by JIM BEAM” 2013.3.30 セレモニー完全収録:2013.3.31追記)

一社提供、かつスポンサーの変更が無い全国ネットのFM番組というともはや「ジェットストリーム(こちらも現在は複数提供)」か「キユーピー・ハート・オブ・サンデー」位でしょうか。

21年前のリスナー層を想像すると、多分第二次ベビーブーム前後に生まれた、社会に出始めた人、社会に出る直前を迎えた大学生たちをターゲットに据えていたでしょうし、番組自体もちょっと大人の雰囲気を醸し出させ、背伸びをしたイメージを大事にしていたと思います。

出演者は何度か変わりましたが、ゲストの選定基準としては最終回までそのようなコンセプトは不変で、最終回のゲストの皆様もその道のスペシャリスト(イカがテーマというのは1月のダイオウイカのネタに絡めた事からも判るのですが、何となく番組自体が打ち切りだったのではないかと疑わせてしまいます)が出演していますので、若者をターゲットにしてきたFMのプログラムとしてはある程度知的好奇心を持った「大人」でないと楽しめない、ちょっとリスナー層の偏った構成だったと思います。

出演者のスペシャリティ度、Avantiが存在したとされる元麻布、そしてある程度経済的余裕がないと楽しめないバーという舞台設定、Jazzにスポンサーが最も必要としたウィスキーや洋酒の数々。既にバブルは崩壊を始めていましたが、それでも90年代初頭の高級路線の匂いをどこか残したまま、21年間の番組が紡がれてきたように思います。

そんな一昔前の余韻に浸れる懐かしさもあって、古参のリスナーの方々から圧倒的な支持を受け続けてきたAvantiですが、ここ数年の番組内容の改定はある意味、性急な感が否めなかったのも事実です。

21年前のメインリスナーの多くは既に社会的地位を確保し、自身と自身の大切な人たちの為に時間を費やすことが最も大事になる年代になっているはずです。そう、21年前の教授と同じかもう少しで届くくらいに。

番組から流れてくる「大人」の雰囲気はもう充分に手元に備わっていて、番組、いやスポンサーが提供したいと考えている「洋酒のある生活」を既に手に入れてしまっている方が殆どなのではないでしょうか(私を含めて)。

スポンサーにとっては番組自体も広告宣伝価値として重要な訳ですが、特に一社提供番組の場合、番組構成にも積極的にスポンサーが係る余地が大いにあるわけで、番組構成がその時々の社会動向に大きく左右されるのはある意味当然なのだと思います。

特にAvantiの場合、遥か昔の60~70年代のTVドラマで扱われた手法そのままに直接的な商品宣伝も番組に組み込まれていたため、番組冒頭で教授やその時々のアシスタントを務める出演者たちが頼むオーダーに色濃く反映されていたと思います

(ちょっと追記:下記にあるWebooks倉持代表のbolgに掲載されていますが、アンケートによるとAvantiとスポンサー名の連想性は高かったとの事です。企画自体の秀逸性もそうですが、広告代理店であった博報堂としては面目躍如だったのですね。2013.4.3)

そんな、広告宣伝効果が求められる(もしくは全く度外視される)一社提供番組達はAM/FM/TVを問わずここ数年どんどん減少傾向にあるようです。これだけ価値観が急速に変化していく昨今ですから、一度決めたコンセプト、テーマを長く持続させることは難しくなってきているのかもしれません。

同じくFMの長寿番組である「ジェットストリーム」の方はMCが度々変わってきていますし、現在の番組コンセプトは開始当初の「憧れの海外旅行」から「イージーリスニング」へと内容はさして変わっていないように見えますが、ターゲットは大きく変わってきている(年齢層を大幅に引き上げている)と思います。

もう一つの長寿番組である「ハート・オブ・サンデー」もMCは何度か変わっていますが、番組のスタイルやコンセプトは変わっていません。これはスポンサーが取り扱う商材の影響が非常に大きく、日常生活と切っても切り離せないテーマ、コンセプトは時代が変わってもそう簡単には変わらない事をよく示していると思います(AMで放送されていた同様のコンセプト、スポンサーの番組の多くは残念ながら終了していますが、こちらはMCの年齢的な問題と、AMの方が元々ターゲット年齢が高く設定されているので既にそのターゲット層が市場規模を失っているという構造的な問題もありますね)。

Avantiもある意味「日常」をテーマにしていますが、そこは「日常からほんのちょっと離れたバー」という隣接空間故に、本物の日常生活からは遊離した感があるかと思います。

そんな中で、元々のコンセプト「ちょっと背伸びをした大人の時間」を大切にしながら新たなニーズも取り込もうを試行錯誤を繰り返してきたここ数年のAvantiだったと思いますが、遂にその役割を終える時が来たようですね。

最後に大いに盛り上がったリスニングイベントに参加された皆さんの落ち着いた雰囲気こそが、21年を経て、番組製作者の方々がリスナーと共有したいと望んだ「素敵な大人」そのものであったことを喜ばしく思いつつ、今夜も一杯飲みながら考えているところです。

【Avanti最終回についてのコメントが掲載されているサイト】

Avanti_last_menu2

<おまけ>

告白すると、実はAvantiが苦手でした。社会に出たころは、徹夜の連続でくたくたに疲れ果てて、土曜日にようやく自宅に戻った後に聞く小話は消耗しきった自分には少々荷が重く、すぐにラジオを切ってしまったことも一度や二度ではありません。

南麓に移住してからも、日本では希少な蒸留所を有する白州の近くに住んでいるにもかかわらずウィスキーやバーボンが苦手で、バーの雰囲気にも馴染めない自分にとって今でもAvantiは「敷居の高い場所」に過ぎません。

そんなちょっと遠くから眺めていたリスナーだったのですが、移住した後に車に乗るようになってからほんの少し近づけた気がしています。夕暮れ時の車内に流れるJazzと著名人たちの語り、ちょっと煩い時もあるけれど軽妙な出演者たちのショートドラマは、ハンドルを握り帰宅を急ぐ心をちょっと留めさせて「もう少しゆっくりしていってもいいかな」と思わせる塩梅だったいう事をようやく知ったのは30も後半に差し掛かった頃でした。それだけ「大人」な番組だったのですね