DP1 Merrillぶら下げて雪と氷柱の奥蓼科へ

>御射鹿池の四季の彩りはこちらにて。

新年早々の3連休。仕事が入ったので、最終日だけのお散歩でしたが、年末から借りていたDP1 Merrillをそろそろ返すタイミング。最初で最後の八ヶ岳界隈での撮影は、冬場に行くにはちょいとキツイ、奥蓼科へ。

なお、掲載した写真は特記無き場合、DP1 Merrillの内臓JPEGによる撮って出しです。すべての画像は、クリックして頂くとフルサイズ表示に切り替わります。

鉢巻道路から雪の八ヶ岳遠望スタートは何時もの鉢巻道路沿いから。

この時期は一応、冬季閉鎖なのですが、牧場関係者が出入りするため、軽く除雪は入っています(進入はあくまでも自己責任で)。

気持ちの良い冬の青空が広がります。

八ヶ岳実践大学校奥から雪の八ヶ岳遠望こちらは八ヶ岳実践大学校の上側にある牧草地から八ヶ岳を正面に捉えて。

八ヶ岳実践大学校の牛たちと雪の八ヶ岳八ヶ岳実践大学校まで下がってきてびっくり、なんと雪の中で乳牛が放たれています。

日光浴が目的かと思いますが、外の気温は氷点下1℃。流石に雪が残っている場所は寒いらしく、地表が見えている場所に固まっていますが、それでも寒いんだろうな…と。

エコーラインから雪原越しに八ヶ岳を八ヶ岳実践大学校を後にして、エコーラインを西に進んでいきます。

途中、谷戸に広がる雪原の向こうに、白銀の八ヶ岳を望むことができます。

明治温泉へのアプローチ1エコーラインから八ヶ岳の懐に再び進路を取り、一路、奥蓼科へ。

路面に雪が残る、傾斜12%の急こう配を標高差300m程登っていくと(実は路線バスも走っています)御射鹿池に到着しますが、今日はここに車を置いて、雪に足を取られながら圧雪の急坂を横谷渓谷側に下っていきます。

明治温泉沿いの雪の山肌途中、横谷渓谷の山肌を。

霧ヶ峰ほど標高が高くない、ここ奥蓼科ですと、樹氷が観られるのは降雪直後の僅かな期間だけ。昨晩も僅かに降雪があったはずですが、針葉樹の枝に雪が残る程度です。

冬のおしどり隠しの滝御射鹿池から急な坂道を下る事、5分ばかり。

横谷渓谷の絶壁に建つ温泉一軒宿、明治温泉に到着です。

温泉の裏庭がそのまま横谷渓谷の散策路となっており、この温泉の名物である『おしどり隠しの滝』が雪の渓谷を縫っていきます。

明治温泉の氷柱3そして、明治温泉のもう一つの名物。それが冬場にしか見られない氷柱(人工)です。

本当は、夜間にイルミネーションで美しく装飾されるのを眺めるのが最高なのですが、急こう配の奥蓼科を冬季に夜間移動するのは極めて危険。殆ど宿泊客の方だけが楽しめるサービスなのですが、昼間に眺める氷柱も透明感があって、美しいものです。

そんな氷柱のバラエティを少々。

明治温泉の氷柱2明治温泉の氷柱5明治温泉の氷柱1明治温泉の氷柱4おしどり隠しの滝から空を見上げておしどり隠しの滝から奥蓼科の青空を見上げて。

底冷えの寒さですが、氷柱に囲まれている間は何故か、とても心地が良かったのは、この場所が観光案内でも謳われているように、マイナスイオンで満たされているためでしょうか。

明治温泉へのアプローチ2氷柱と滝の音に送られて、おしどり隠しの滝を後にします。

冬の夕暮れが足早に迫ってきます(Lumia1020)

雪の御射鹿池厳冬の御射鹿池。すっかり雪に覆われています。

普段はひっきりなしに観光客が訪れるようになったこの場所ですが、冬場は写真撮影の方が時折訪れるだけ。ひっそりと静まり返っています。

木々を抜けていく風の音が時折聞こえるだけの、真空のようなひと時が過ぎていきます。

雪原越しに蓼科山を奥蓼科から麓に下ってくると、もう夕暮れ。

真っ白な雪を被った蓼科山と横岳は少しずつ夕焼けに色づいていきます(Lumia1020)。

夕暮れの瀬沢新田雪原から月と八ヶ岳そして、何時もの瀬沢新田まで戻ってくると、八ヶ岳は夕焼けに輝き出しています。

東の空には、満月を間近に迎えた月が昇ってきています(Lumia1020)。

夕暮れの雪原・瀬沢新田そしてDP1 Merrill最後の1枚。瀬沢新田から夕暮れの甲斐駒と富士山を。

腕がへっぽこなので、このカメラの特色を捉えた撮影はどうにも叶わなかったようですが、解像感のある絵が得られる事だけは確認できたような気がします。

これでDP1 Merrillは返却となってしまいますが、貸してくれたT君に感謝を。

広告

真夜中のカメラ遊び(トヨトミストーブ・レインボーの七色の炎)

トヨトミストーブ・レインボーの炎【クリックでフルサイズ】

冬休みの間借りていたDP1 Merrillもそろそろ返却時期。まともな写真を撮っている時間が取れなかったのが残念ですが、せめてもう少し遊んであげようと真夜中に七色の炎を揺らめかせる我が家の大切な暖房、トヨトミ・レインボーを撮って出しで。

撮影データ:DP1 Merrill(28mm相当)

ISO:100/絞り:F6.3/シャッター速度:1/13(手持ち)/露出補正:-3EV(AEL併用)/MF(Zoom画面でピント合わせ:距離約35cm)

新春最初は夕暮れの富士山で撮り比べ(Nokia Lumia1020/Sigma DP1 Merrill/Olympus E420)

あけましておめでとうございます。

新年最初の1ページは、余りにお約束ですが帰省戻りに撮影した富士山の写真など。

撮影場所は駿河小山、国道246から須走方面に向かう県道からちょっと脇に入ったところです。

2014新春の富士山夕景(Lumia1020)Nokia Lumia1020にて撮影【クリックでフルサイズ:大容量注意】

22mm相当、固定絞りF2.2

ISO:100、シャッター速度:1/206sec

2014新春の富士山夕景(DP1 Merrill)SIGMA DP1 Merrill【クリックでフルサイズ:大容量注意】

28mm相当、F6.3

ISO100、シャッター速度1/30sec

2014新春の富士山夕景(E420)Olympus E420【クリックでフルサイズ:大容量注意】

28mm相当、F8.0(ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5)

ISO200、シャッター速度1/30sec

2014新春の富士山夕景(E420)修正後ちなみにE420の上の画像をRAW現像でカラーバランスとコントラストを引っ張り上げるとこんな具合に仕上がります。

時間軸的にはLumia1020->DP1 Merrill->E420なので、JPEG撮って出しは素直に日射の時間軸変化を捉えている事になります(僅か数分ながら)。

しかしながら、後処理がかなり自在に使えてしまうRAW現像が主流となった今、風景写真は機材の絶対性能や画素数、色再現性云々より、編集能力に依存してしまうという、ちょっと寂しい実例でもあります(2014.1.3追記)。

Lumia1020 Camera test(最強コンデジと最強スマホカメラの比較遊び)

お願い:クリスマスに浮かれた素人の勝手なお遊びなので、余り深く突っ込まないでくださいね(気になる方は本職の皆様がお仕事として出されている比較記事へ是非…)

Lumia1020を入手して早2か月。

毎日持ち歩いて写真にtwitter、予定表にoutlookとすっかり手になじんできた今日この頃。

特に41Mpixelを誇るコンデジキラーとも呼べるカメラは、被写体の良さ(ロケーションに恵まれているので)と2種類の解像度の画像を自動的に出力するという秀逸な仕様と併せて、美しい写真を手軽に撮影、公開できる強力なツールとして大活躍の日々です。

そんなLumia遊びに明け暮れていた、あるクリスマスイブの夕暮れ、今年からカメラを始めて1年のうちにNikon1->Pentax K5?->DP1 Merrill->α7という機種を渡り歩くという「画素数命」の道に堕ちてしまった後輩君からいきなり「試してください」と手渡されてしまったのが、史上最強の解像力を誇るセンサーFoveonを採用したSigma DP1 Merrillだったのです。

DP1MerrillとLumia1020本人の弁を聴くと、強烈な解像力に圧倒されたけれど、SPPの現像に疲れ果てた(ほぼ全数をRAWで撮影していたそうな)末に、α7に逃げ出したので、これを機会にSPPの呪縛から解き放されたい…とイブには似合わない恨み節を残してクリスマス休暇に入ってしまったので、とりあえず手元にやってきたのでした。

こちらとしても預かったは良いけれど、ろくなSDカードはない(E420は不幸なXdピクチャーカードの亡霊が憑りついていてメインはCFなのです)し、自宅のPCはCore2の貧弱な環境で、最凶最悪の呼び声高いSPP何ぞは動かせられる目途もなく、最低限のボディ内jpegで遊んでみました(時間が取れないので本当に遊びです)。

比較のターゲットはもちろん、Lumia1020です。

甲斐駒画像元Lumia1020こちらが、何時もの場所で撮影した甲斐駒です【Lumia1020:クリックでフルサイズ(大容量注意!】

撮影情報(Lumia1020:換算26mm)

絞り:f2.2(固定)

シャッター速度:1/910

ISO:100

甲斐駒画像元DP1Merrillこちらが同じポジションで撮影したDP1 Merrillです。【クリックでフルサイズ(大容量注意!】

撮影情報(DP1 Merrill:換算28mm)

絞り:f6.3

シャッター速度:1/320(-0.3EV)

ISO:100

パッと見、どちらがどうか判らないですね(笑)

むしろ、鮮やかな発色と豊かなグラデーション、甲斐駒山頂部の残雪の表現などLumia1020の方が好印象を与えます。

但し、周辺の流れ方は流石にLumia1020の方が激しいです。

甲斐駒画像山頂部Lumia1020では、もう少し比較のため、甲斐駒の頂上部を等倍で切取った画像にて(Lumia1020)

甲斐駒画像山頂部DP1MerrillこちらはDP1 Merrillにて。

こうしてしまうと、輪郭や細かい岩肌の表現で解像力の差が明確に出てしまいますが、そこは最強のセンサーと専用設計のレンズを組み合わせたDP1 Merrillです。固定f値のコンデジ以下の豆粒レンズともいえるLumia1020は大健闘と言えるのではないでしょうか。

では近距離撮影では明確な差が出るでしょうか。

という事で、編み込みのカーテンを使って解像度力の比較を行ってみました。どちらのカメラも机に据え置いての撮影、ISOは100固定、DP1 Merrillもこちらは開放(f2.8)で撮影です。

カーテン画像元Lumia1020こちらがLumia1020の画像です【クリックでフルサイズ(大容量注意!】

カーテン画像元DP1Merrillそして、こちらがDP1 Merrillの画像です【クリックでフルサイズ(大容量注意!】

カーテン画像中央部Lumia1020こちらがLumia1020の画像中心部分を等倍で切り抜いた画像です。

細かい縫い目まで見事に解像しています。もうこれで充分じゃないでしょうか。何と言ってもスマホのカメラですから(笑)

カーテン画像中央部DP1Merrill同じカットをDP1 Merrillにて。

近接だとやはり分解能の違いが際立ってきます。マットな感じのLumia1020に対してDP1 Merrillは繊維の質感まで見えている点は流石の一言です。

でも、Lumia1020も結構いけているでしょう?ありきたりなコンデジなら完全に食ってしまうLumia1020のカメラの実力は、この位のカメラを持ち出して漸く比較が成り立つようですね。

注意:とりあえず撮って出しなので、両者RAWで勝負させた場合には…PC買い換えないと出来ないのでパスという事で。