7年ぶりのアルバムは、綴り続けたストーリーと、お帰り!のPOPなメロディが心地よく奏でる、CooRie「セツナポップに焦がされて」

7年ぶりのアルバムは、綴り続けたストーリーと、お帰り!のPOPなメロディが心地よく奏でる、CooRie「セツナポップに焦がされて」

New!(2018.1.11) : Real Soundのインタビューにrinoさんが登場しています。

変わり続けるサウンドと、変わらない音楽への想いをたっぷりと語っています。CooRie/rinoさんの楽曲にご興味を持たれた方は、是非ご一読を。

 

<本文此処から>

ぐるっと一巡して聴いた後にふと、あの頃何をしていたんだろうか等と思い浮かべながら…。

2010年10月にリリースされたアルバム「Heavenly Days」から7年。10周年を迎えた年にリリースされたベストアルバム「Brilliant」以降も、メインステージであるD.C.シリーズ以外ではメロディメーカーとしての活動が続いたCooRie(rino)が、2枚のセルフカバー、そして昨年は久しぶりの単独名義となるシングルのリリースを経て、遂にオリジナルアルバムのリリースが叶ったようです。

CooRie6枚目のオリジナルアルバム「セツナポップに焦がされて」です。

ネット配信が当たり前になって、CDはおろか、音楽自体にお金を払う事すら否定的な雰囲気が漂う中での新譜リリース。さまざまな想いが詰まったであろうアルバムの1曲目を聞いた瞬間、心の中で、思わず「お帰り!」と声を掛けてしまいました。

アニソン歌手がもてはやされた最中でデビューを飾った同時代の多くのアーティスト、ボーカリストの方が活動を縮小、休止する中、その後に登場してきた多くのアーティスト、声優の方々に楽曲を提供するサウンドメーカーとしての立場を確立した先に、再びリリースする機会が巡ってきたオリジナルアルバム。そこには、物語に寄り添う為に生み出される、ストーリー性を強く感じされる楽曲と、メロディメーカーとして、更にはボーカリストとしての想いを載せて奏でる曲が一緒になって織り込まれているようです。

CooRieには欠かせない、D.C.のイメージを受け継ぐサウンドたち。メロディメーカーとしてのストーリーを感じさせる華やかな楽曲。デビュー当時のイメージを、よりクリアーで元気なPOPチューンに仕上げたバンドサウンドの新録。そして、スタイリッシュに生まれ変わった、今のCooRieが奏でるサウンドの到達点を見せる、4種類の楽曲編成となるこのアルバム。

アニメーション用の楽曲らしく華やかな音作りは引き続き求められる一方、艶やかな装飾を纏った楽曲から、よりクリアーに、よりピアノの旋律を際立たせるようなアレンジ、楽曲編成への方向転換。心を震わせるドラマチックなテーマを奏でるストリングスの豪華な楽曲から、デビュー当時のやや素朴で牧歌的なサウンドへの回帰は、現在のアレンジ、レコーディングの進化を受けて、その心地よいメロディはそのままに、より鮮やかに生まれ変わっていきます。

そして、年齢と共に急速に衰えると云われる、女性ボーカルの宿命に対して、元々声量に恵まれているとはいえない(ビブラートするボーカルと評される方もいらっしゃいますね)中で、こつこつと取り組み続けたボイストレーニングの成果を見せる、初めてのアカペラへの挑戦。サウンドテイクも、ボーカルもまだまだ進化し続ける事を示しながらも、その心地よいサウンドに再び浸れる嬉しさを感じながら。

収録全曲のご紹介です。

1.エクレア

 作詞 :rino 作曲:rino 編曲:長田直之(アルバムオリジナル)

  • 思わず「お帰り!」と心の中で声を掛けてしまったオープニング。CooRieの気持ち良いメロディを、最新のレコーディング、サウンドで聴ける嬉しさが詰まった、そして、ドキッとさせられれる歌詞は此処までやって来たシーンをちょっと振り返るような一曲です。

2.セツナポップに焦がされて

 作詞:rino 作曲:rino 編曲:長田直之(アルバムオリジナル)

  • アルバムリード曲。シンプルな中にもサウンドメイクと演奏に拘ったようですが、歌詞へ込めたサウンドメーカーとしての想いにも触れたい一曲です。

3.Rearhythm -Album ver-

 作詞:rino 作曲:rino 編曲:長田直之(アーケードゲーム「crossbeats REV.」使用楽曲)

  • ミュージックゲーム用に作られた楽曲です。制約が少し緩やかなためでしょうか、アニメーション用の楽曲に対して、少しサウンドメーカーとしての想いを重ねて込んで奏でる、このアルバム全体を通じて感じる、気持ち良さに溢れた一曲です。

4.愛しさの雫

 作詞:rino 作曲:rino 編曲:chokix(PCゲーム「D.S.-Dal Segno-」ボーカルミニアルバムより)

  • CooRieにとって欠かせないD.C.の楽曲。シリーズを通じたサウンドテイストと、ゲームミュージックらしい華やかさの中にもしっとりとしたバラードを歌い込んでいくボーカルに包まれていきます。

5.終わらないPrelude

 作詞:rino 作曲:rino 編曲:安瀬 聖(アルバムオリジナル)

  • ストーリーを奏でる事を求められるアニメーション用の楽曲というジャンルに対する、ドラマを作り上げるサウンドテイクを見せる一曲。デビュー当時からエンディングの歌姫的だったCooRieの今の姿を見るような想いです。

6.HAPPY CRESCENDO

 作詞:rino 作曲:rino 編曲:chokix(PCゲーム「D.C.Ⅲ With You ~ダ・カーポⅢ~ウィズユー」ボーカルミニアルバムより)

  • ストレートにD.C.の楽曲なですが、どちらかというとエンディング担当だったCooRieがオープニングを歌うとこうなるのという、ミニアルバムで最初に聴いた時は大丈夫かなぁとも感じた一曲。この曲のボーカリストとしての精一杯な感じが、後ほど紹介するアカペラへの想いに繋がったのでしょうか。

7.フラクタル

 作詞:rino 作曲:長田直之 編曲:長田直之(アルバムオリジナル)

  • このアルバムで、編曲だけではなく、唯一作曲もCooRieのオリジナルメンバーだった長田直之さんに委ねた曲(作詞は全てrinoさんです)。melodium2で感じた予感、オリジナルCooRieのサウンドが、今のサウンドメイクを纏って、鮮やかに帰ってきたようです。とにかく気持ちの良い、アルバムの中でもお気に入りの一曲です。

8.春風とクリシェ

 作詞:rino 作曲:rino 編曲:安瀬 聖(PCゲーム「D.C. Ⅱ Dearest Marriage ~ダ・カーポⅡ~ ディアレストマリッジ」より)

  • 今回収録の楽曲の中では一番古い曲になります。あの頃のCooRieを思い出しながら。rinoさんが奏でるD.C.の楽曲たちは何時聴いてもしっとりと優しい想いにさせてくれるようです。

9.MISTY LOVE

 作詞:rino 作曲:rino 編曲:chokix(PCゲーム「D.C.Ⅲ DreamDays~ダ・カーポⅢ~ドリームデイズ」より)

  • 7曲目のフラクタルと並んで、サウンドメーカーとしてのrinoさんのサウンドテイクが全面に押し出された曲。キラキラとした華やかさはないですが、スタイリッシュに、クリアーなサウンドとメロディをバックに奏でるボーカルをじっくりと楽しみたい一曲です。漸くこのサウンドを詠える様になったという想いすら感じられます。

10.キミとMUSIC -Album ver-

 作詞:rino 作曲:rino 編曲:長田直之(アーケードゲーム「crossbeats REV.」使用楽曲)

  • こちらもサウンドゲーム用の楽曲ですが、陽だまりの午後を心地よくさせてくれそうな、ちょっと懐かしさも感じる、優しいメロディの世界へと誘ってくれる一曲。

11.VOICE SONG

 作詞:rino 作曲:rino 編曲:rino(アルバムオリジナル・アカペラ)

  • 挑戦と仰るアカペラの一曲。その第一歩はCooRieの新しい世界を垣間見せてくれるようです。出来栄えの方は是非アルバムをお手に取って。

12.BON-BON

 作詞:rino 作曲:rino 編曲:浅田祐介(TVアニメ「田中くんはいつもけだるげ」EDテーマ。同名シングルより)

  • 音楽の森を往くCooRie劇場の開幕を告げる一曲は、このアルバム唯一のシングルカット曲。シングルリリース時に別のページでもご紹介しています。

この7年の間、落ち込む事も多かったのですが、何時も側に居てくれたサウンドに、再び幸せな形で巡り合えた事に心から感謝しながら。

 

アルバムジャケットイラストを手掛けられた、さんがInstagramで紹介されています(2017.12.26追記)。

 

広告
6年ぶりのニューシングルは鮮やかに生まれ変わったサウンドのデジタルおとぎ話(CooRie「BON-BON」)

6年ぶりのニューシングルは鮮やかに生まれ変わったサウンドのデジタルおとぎ話(CooRie「BON-BON」)

New!(2017.10.31) : 既に一部で告知がなされていましたが、2010年10月にリリースされた5枚目のオリジナルアルバム「Heavenly Days」から実に7年。Rinoさんのセルフプロデュースとなって初めてのオリジナルアルバム「セツナポップに焦がされて」のリリースが正式に発表されました。

リリース日はクリスマスを目前にした12/20(水)。タイアップだけではなく、アルバムオリジナルも5曲書き下ろしと、新生CooRieにとって初のフルオリジナルアルバムになるようです。

あの時から7年。もうオリジナルはおろか、単独名義でのタイアップすらリリースされることは無いかもしれないと思っていたCooRie。「BON-BON」リリースの際、下に書きましたように、もしかしたらと願っていたオリジナルアルバムが、数々の曲提供、タイアップを重ねる中で、遂に叶ったようです。CooRieの優しい音楽のメッセージが、冬の星空の下で輝く日を待ちわびながら。既にランティスのサイトにリリース情報も掲載されています(初回にはライナーノーツが付くようです)。

なお、タイアップからの7曲については、既に一部がリリース情報に公開されています。

  • BON-BON
  • HAPPY CRESCENDO
  • 愛しさの雫
  • キミとMUSIC(初音源化)

残りは3曲ですが、レーベル会社の自社音源でアルバム未収録となると、次の各曲でしょうか

  • メグル
  • 僕らのセカイ(iTunes限定でリリースされています)

あと1曲が難しいですが、ダ・カーポの関連の音源で直近となると「桜色の願い」もしくは「MISTY LOVE」が収録されるのではないかと(まだリリースまで1ヶ月程ありますからサプライズがあるかもしれませんね)。

2017.12.16追記 : 収録曲が発表されました

1.エクレア 作詞:rino 作曲:rino 編曲:長田直之

2.セツナポップに焦がされて 作詞:rino 作曲:rino 編曲:長田直之

3.Rearhythm -Album ver- 作詞:rino 作曲:rino 編曲:長田直之 *

4.愛しさの雫 作詞:rino 作曲:rino 編曲:chokix *

5.終わらないPrelude 作詞:rino 作曲:rino 編曲:安瀬 聖

6.HAPPY CRESCENDO 作詞:rino 作曲:rino 編曲:chokix *

7.フラクタル 作詞:rino 作曲:長田直之 編曲:長田直之

8.春風とクリシェ 作詞:rino 作曲:rino 編曲:安瀬 聖 *

9.MISTY LOVE 作詞:rino 作曲:rino 編曲:chokix *

10.キミとMUSIC -Album ver- 作詞:rino 作曲:rino 編曲:長田直之 *

11.VOICE SONG 作詞:rino 作曲:rino 編曲:rino

12.BON-BON 作詞:rino 作曲:rino 編曲:浅田祐介 *

 

 

<本文此処から>

4月から始まったアニメ「田中くんはいつもけだるげ」。1話の時点では懐疑的な評価もあったようですが、話数が進むにつれて評価がうなぎ上り状態に。飯塚晴子さんのニュートラルで優しいラインの絵柄に、大ベテラン面出明美さんの一見脱力系に仕上げながら、一本取りに来る捻り込みを最後の最後にぽんっと入れ込んでいく憎いシナリオが視聴者のハートをぐっと掴んでいるようです。

そして、狙いすましたように仕掛けた、すっと落とすラストから流れ込むように始まるエンディングテーマ曲が、CooRie名義のシングルとしては、2010年7月リリースの「夢想庭園」以来6年ぶりとなるニューシングル「BON-BON」です。

CooRie BON-BON レーベルエンディングのデザインと揃えられた、可愛らしいCDのレーベル(ジャケットの表と裏はアニメーションのキャラクターイラストです)。

番組中で使われている部分だけ聞いていると、前作のセルフカバーアルバムmelodium2から続く、以前のようなしっとりとした歌い方から、最近のアレンジに負けないように元気よく歌うようになったCooRieのボーカルをふわふわわポンポン…といった感じでメロディが包み込む感の強い曲ですが、CDで聴くとイメージの違いに驚かされます。ストリングスこそがCooRieのサウンドといったイメージを覆す、今回の作品で初めて組むアレンジャーの浅田祐介さんの手によるデジタル感バリバリの音作りと、Victor-FLAIRのマスタリングによるクリアーで強力な広音域をフルに使った、ストーリー性の強いデジタルおとぎ話が展開していきます。要所に織り込まれたアイコン的なジングルも盛りだくさんで、幕間の間奏やクロージングまで付けた、デジタルの森の中を元気にメロディを口ずさみながら物語を進んでいくというイメージが全面に出ています。

こんな風に書いてしまうと、ギラギラのデジタルサウンドかと辟易してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなデジタルな音の世界の中でも、ちょっとアコースティック的なrinoが奏でるボーカルの歌声が、デジタルの音の森の中におとぎ話としての暖かさを与えてくれるようです。

そして、カップリングで収められているMelodic Future。これまでのCooRieファンの方も納得の、波間のようにゆっくりと漂っていく正にCooRieのメロディーとボーカルが、浅田祐介さんのアレンジで鮮やかに、スケールの大きなサウンドに生まれ変わっています(DLでもいいのですが、これは是非CDでoff vocal版の美しいメロディを楽しんでみて欲しいです)。rinoさんの一人重ね録りコーラスのハーモニーも素敵です。

もう二度とないと思われた、CooRie単独名義でのシングルリリース。作品のヒロインへ想いを重ねるように、そしてCooRie(rino)さん自身の新しい幕開けへの想いを感じさせる新たなアプローチは、Melodium2の時に予感のあった、年々移ろっていくサウンドの進化をしっかりキャッチアップして新たに生まれ変わったサウンドと、変わらない優しいメロディとボーカルに、ちょっと嬉しい週末の夜を楽しんでいます(本編6話を観終わった後にじっくり聴いています)。

IMG_20160514_235725同じく2010年の10月にリリースされた最後のオリジナルアルバム「Heavenly Days」から「BON-BON」迄のリリースCDを一緒に。今回のリリースが、いつの日か再びオリジナルアルバムをリリースするきっかけになってくれるとうれしいかなぁと。

ご本人のインタビュー記事はこちらから。日常に「”楽しい”を生み出すんだよ」。