小春日和の午後(2016.2.11)

祝日の木曜日。

なかなかペースが戻らない中での休日は、ほっとできる瞬間。

前から楽しみにしていた講演会(八ヶ岳自然ふれあいセンターの「自然について楽しく学び、深める講座」)を聴講するために、八ヶ岳の東麓に向けて車を走らせます。

WP_20160211_12_18_50_Pro八ヶ岳の東麓を貫く、レインボーライン沿いの農道から眺める八ヶ岳。

真っ青な空の下、暖かい陽射しが降り注ぎます。

WP_20160211_12_19_33_Pro南アルプスの山並みは陽射しを受けて輝いています。

圃場の雪も、暖かな日差しでかなり溶けてきています。

P1060476ぐっと標高を上げて、まきば公園へ。

秩父の山並みも雪に覆われています。標高1500m程もあるのに、昼下がりのこの時間で気温3℃。小春日和を思わせる、とても暖かい冬の休日となりました。

P1060474まきば公園から望む、赤岳。

くっきりとした八ヶ岳ブルーの下で、雪を被った赤岳が美しく輝きます。

P1060475こちらは権現岳と編笠山。

雪は少な目ですが、むしろくっきりと山の稜線が浮かび上がってきます。

P1060484鉄板ですが、東沢大橋から望む八ヶ岳。

陽射しが嬉しい午後。

P1060493あっという間の楽しい講義の後、少し足を延ばしで、野辺山の平沢峠へ。

午後4時を過ぎてもすっかりと日が長くなった、春節を過ぎた夕暮れの日差しを受ける八ヶ岳の峰々を。

上空を北に向けてジェット機が高度を上げながら飛び越えていきます。

穏やかな日差しに恵まれて、少し季節を先取りしたようなお休みの午後。週末には早くも春の嵐がやって来るようです。

 

広告

八ヶ岳ブルーに包まれた午後に(2016.2.7)

久しぶりに戻った八ヶ岳南麓。

既に節分が過ぎた、春節を迎える日差しは少しずつですが力強さを取り戻しつつあるようです。

陽射しが気持ち良い、良く晴れ渡った午後。冬のお楽しみ八ヶ岳ブルーを愛でに出掛けました。

八ヶ岳ブルーの下で4真っ青な空の向こうに八ヶ岳の山々が広がります(茅野市玉川)。

八ヶ岳ブルーの下で2雪に埋もれた農道の向こうに、横岳と赤岳を望んで。

八ヶ岳ブルーの下で3こちらは北八ヶ岳の山並みを。

八ヶ岳ブルーの下で1蓼科山と北横岳も綺麗に雪化粧をしています。

気温は0℃。少し冷たい風が日差しの眩しさを和らげてくれます。

八ヶ岳ブルーの下で5尖石縄文考古館前から望む八ヶ岳。

雪原となった前庭の向こうに見える山並みは、少し雪が少ないようです。

八ヶ岳ブルーの下で17少し気になって、更に標高を上げてビーナスラインまで登ってみます。

ここは標高1700mの伊那丸富士見台。道路はドライ、懸念通り周囲の雪原の雪はほんの僅かです。

八ヶ岳ブルーの下で8ガボッチョの方を望んでも、枯草が一面に見えてしまい、これではスノーシューは出来そうにもありません。

八ヶ岳ブルーの下で6伊那丸富士見台から望む八ヶ岳。

山頂部分は雪がしっかり乗っていますが、麓の方はまばらで、木々の隙間から少し見えている程度です。

八ヶ岳ブルーの下で9富士見台駐車場から望む、南アルプスの山並み。

少ないとは言っても麓の街並みは雪に覆われて、まるで雪原のようです。

八ヶ岳ブルーの下で11眩しい西日の向こうに、遠く御嶽山を望みます。

噴煙が南に向けて流れているのが判りますでしょうか。

八ヶ岳ブルーの下で7蓼科山と北横岳を正面に。厳冬期だけ楽しめる砂糖菓子のような姿、大好きな風景です。

八ヶ岳ブルーの下で10車山の頂を目指す山裾。唯、碧い空が広がります。

八ヶ岳ブルーの下で12夕暮れが迫ると、ギャラリーが一気に増えてくる富士見台駐車場から逃げ出して、霧ヶ峰側に降りてきます。

草原の向こうに八ヶ岳の山並みが伸びていきます。

八ヶ岳ブルーの下で13吹きさらしの草原は気温は-6℃。かじかむ手を摩りながらシャッターを切りつつも、日差しの暖かさを感じて。

こんな時、ダイヤル操作が主体のカメラは手袋をしたまま操作ができるので助かります。

八ヶ岳ブルーの下で14そうこうしているうちに、随分と長くなって5時を過ぎても明るさを保っていた日差しは、ゆっくりと西に傾いていきます。

八ヶ岳ブルーの下で18日暮れを迎えた、池のくるみ。

草原が黄金色に輝く時間。

八ヶ岳ブルーの下で15夕暮れ色に染まり始めた、蓼科山と北横岳。

八ヶ岳ブルーの下で16八ヶ岳もゆっくりと日暮れを迎えます。

久しぶりに冬の八ヶ岳を満喫した午後。

さて、次にこの景色を楽しめるのは何時になるでしょうか。それまでの想い出として。

 

雪のない1月の八ヶ岳西麓(2016.1.16)

漸く寒さが少し強まってきた今年の冬。

それでも、山々の雪は前例のないほど少ない状態が続いています。

このページをご訪問の方の中にも雪の状況に気を揉んでらっしゃるようですので、好天となった土曜日に何時もの場所を覗いてきました。

雪の無い御射鹿池1真っ青な、冬の八ヶ岳らしい碧空に恵まれた、午後の奥蓼科、御射鹿池。

この時期であれば、麓からのアプローチルートの路肩に雪が残っているのが普通なのですが、全く見当たりません。

雪の無い御射鹿池2池の上流側に廻り込んでみると、堰堤の日影の部分に僅かに雪が残っているようですが、それ以外の場所には全く雪が見えません。

スノーシューで散策される方のために立てられている(正確には違いますよ…)湖畔の赤旗が、空しく風に揺れています。

雪の無い御射鹿池3湖面を窺うと、うっすらと凍っているのが判ります。

日影となる、反対側の湖畔には氷の上に雪が残っているようです。

雪の無い御射鹿池8湖畔から望む、凍った湖面が広がる御射鹿池。

雪の無い御射鹿池4午後3時を過ぎて、そろそろ西日が杖突峠の向こうに沈むころ。

御射鹿池からも日差しが遠ざかっていきます。
雪の無い御射鹿池5麓に流れ出す水路(御射鹿池は農業用ため池です)には飛沫が凍りついて、つららになっています。

雪の無い御射鹿池6湖畔からの全景。

空の蒼さが、凍らずにまだ残る水面に映っていきます。

雪の無い御射鹿池7氷が横断する湖面に映る、落葉松林。

夕暮れ前の最後の西日を受けた枝がはっきりと湖面に映り込みます。

雪の少ない夕暮れの八ヶ岳1麓に降りるともう夕暮れ。

この時期、八ヶ岳で一番雪が多い筈の西麓に廻っても、山頂部の僅かな場所にしか冠雪していません。

雪の少ない夕暮れの八ヶ岳2日没を迎えた八ヶ岳西麓から望む、赤岳。

雪が少ないせいで、むしろごつごつとした岩肌がはっきりと見て取れます。

P1060403西の山に日が落ちると、夕焼け空に。

冬の高い空には、ジェット機が北に向かって飛行機雲をたなびかせています。

この時間で八ヶ岳実践大学の気温は-2℃と、暖冬とはいえ確実に冷え込んできた厳寒期の八ヶ岳西麓。

明日の午後以降の天気は、約一か月ぶりの雪の予報。果たしてどうなるでしょうか。

 

年の瀬(2015.12.30)

色々あった一年。

最後は風邪をこじらせて寝込んでしまうという、残念な終わり方となってしまいましたが、それはそれ。

部屋の中を片付けつつ、外出がてらに今年最後の写真を。

年の瀬の八ヶ岳麓に全く雪が観られない、野辺山の景色。

これでも昨晩少し降ったので、路肩には雪が残っているのですが、軽く舞う程度で止んでしまったようです。

野辺山天文台のパラボラと碧空筑波大学演習林から望む、野辺山天文台のパラボラアンテナたち。

雲ひとつない碧空が広がります。

年の瀬の八ヶ岳標高を上げて、八ヶ岳の向かい側、平沢峠に登ってみます。

峠のアプローチは凍結路、普段は多くの車が止まっている駐車場も今日はまばら。獅子岩から戻ってくると、誰もいない、静かな峠には風の音だけが響いていました。

暖冬だといっても、本州で一二を争う気温が低くなる土地。撮影時点(15:00)で既に-1℃まで下がってきています。日差しがあるので風はそれほど冷たくないのですが、それでも動いていないと寒くなってきます(獅子岩に登っていたら、風邪、ぶり返しました…全く)。

年の瀬の澄み切った空の下に広がる八ヶ岳の全景を最後に(撮影は全て12/29です)。

それでは、良いお年を。

 

静かな初冬の午後に(蓼科と御射鹿池)2015.12.6

初雪が降った先週。

初雪の後の甲斐駒すっかり冬景色となった朝の甲斐駒(2015.12.1)

寒気が降りて来たのでしょうか、少し肌寒い週末を迎えました。

強風が一日中吹き続けた土曜日と打って変わって、風のない、どんよりと雲が垂れ込めた日曜日。

こんな日は写真には向かないのですが、そんな時こそ訪れたい場所もあります。

薄雲の向こうに北アルプスを薄雲の向こうに浮かんでいる、雪を被った北アルプスを遠望して。

この季節になると時々眺める事が出来る景色。写真にするとあまり映えませんが、雄大な北アルプスを遥か望むのもまた、気分が良いものです。

初冬の蓼科山遠望柔らかい青空の下、雪を被った蓼科山を望みます。

頂上部分は完全に雪に覆われてしまいました。

初冬の横岳と蓼科山

横岳も併せて。

初冬の天狗岳天狗岳も真っ白に雪化粧をしてしまいました。

風のない曇天、それでも気温は2~3℃と低く、コートなしでは数分しか持ちません。

WP_20151206_15_48_18_Pro何時も撮影に訪れる、奥蓼科、御射鹿池。

実は、シーズン以外の時は何の変哲もない、山に向けて袋小路の行き止まりとなる急坂の荒れた2車線の県道沿いに見える、単なる農業用ため池だったりします。

この御射鹿池、某家電メーカーさんのTV-CMから人気に火がついて、今や新緑や紅葉のシーズンになると、正面に見えている車道に車が溢れ行き来も困難なぐらいに。ご覧のように、ガードレール脇から湖畔に降りていく道も荒れてしまっています。

この状況に対して、来年度には車道を少し左に寄せて、湖畔のガードレール側に歩道を作る工事が始まるそうです(どうして用地が捻出できたかは、御射鹿池の経緯をご存知の方には説明不要な筈です)。

工事終了後は原則として湖畔には降ろさないようにする方針だそうですが、綺麗に整備される一方、オフシーズンには静かで心地よい、このような鄙びた風景もどうやら見納めのようです。

少し曇った風が無い日だけに楽しめる、温泉由来の水により酸性度が高く、特定の水生植物しか生えないために生み出されるこの池の名物、鏡像。今日はどうでしょうか。初冬の御射鹿池、鏡像1すっかり葉を落とした木々の枝が、乏しい陽射しの中、どうやら綺麗に写り込んでくれたようです。

初冬の御射鹿池、鏡像2既に葉を落とした周囲の木々も静かに湖畔に佇んでいます。

P1060200敢えて、湖畔のガードレール沿いからの一枚を。

静かな初冬の湖畔。のんびりするにはちょっと寒いのですが、乏しい冬の午後の日差しの中、ひっそりと、こんな景色を眺めるのも悪くありません。

雪が降り、池が凍るまでの僅かな期間だけ楽しめる、この冬最後の御射鹿池の鏡像。もう暫く楽しませてもらう事にします。

P1060166麓から眺める、光芒が射す夕暮れの空。

びっしりと空を埋める雲はちょっと冬っぽくない天気ですが、それでも肌寒さが増すごとに、本格的な冬の到来を感じられずにはいられません。

晩秋の彩へ(2015.11.1)

11月を迎えて一気に冷え込んできた八ヶ岳南麓。

紅葉も既に終盤、冬の足跡が少しずつ近寄ってくるようです。

紅葉の編笠山へ昇る道紅葉と緑が混じり合う麓から見上げる、八ヶ岳連峰の編笠山。

既に山頂部分の紅葉が終わっているのが判ります。

落葉松の黄葉落葉松林の中に入ると、黄葉する落葉松に囲まれます。

P1060047林道の入口には新たにクマ出没注意の看板が出ているので、いそいそと引き返します。

P1060062落葉松並木。山を抜ける道沿いには気持ちの良い黄金色が続きます。

P1060068森を抜ける林道での一コマ。

ピークを越えた御射鹿池黄葉2何時もの御射鹿池。木々は葉を落とし始めています。

ピークを越えた御射鹿池黄葉3ここは南麓の在所より遥かに高い、標高1500m程。周囲の落葉松の黄葉も既にピークを過ぎて、葉を落とし始めているようです。

ピークを越えた御射鹿池黄葉1抜け殻になってしまった白樺の木が湖面に映る御射鹿池。

もうすぐ、冬のシーズンが到来します。

ピークを越えた御射鹿池黄葉4山を埋め尽くす落葉松が黄色に染まる晩秋。

P1060059c明日には初雪の便りが届くかもとの予報に、少し早い冬の訪れを感じながら。

 

秋色の八ヶ岳西麓(2015.10.25)

八ヶ岳を徐々に下っていく紅葉前線。

里から望む八ヶ岳も彩を深めていきます。

P1060026西日を浴びる八ヶ岳の峰々。

裾野が落葉松の黄葉でオレンジ色に染まります。

P1060011集落の少し上にある、八ヶ岳自然文化園、まるやち湖。

窪地にある溜池の水面は穏やか。八ヶ岳と周囲の白樺林を映し込んでいきます。

P1060006八ヶ岳自然文化園の白樺黄葉はもうピークを過ぎています。

白樺の向こうに臨む落葉松林は色付き始めています。

P1060017山裾一杯に落葉松林が広がる、八ヶ岳西麓。

このシーズンになると、落葉松の黄葉が裾野を埋め尽くします。

P1050980黄葉が始まっている落葉松林。

もう少しすると、黄金色の葉に囲まれるようになる筈です。

P1060015標高を更に上げて、鉢巻道路沿いまで進むと、落葉松の黄葉が目前に広がります。

P1050993

P1050995八ヶ岳の標高1200mから1500mの山腹を往く、鉢巻道路。

落葉松の黄葉がピークを迎えつつあります。

P1050987八ヶ岳の懐を昇る谷筋沿いに広がる落葉松の黄葉。

山は黄金色に染まっていきます。

P1060029夕暮れ、八ヶ岳の向こうから月が昇っていきます。

東京の方では木枯らしと呼ばれる風が強く吹く、天気の良かった日曜日。

急激に冷え込む日没直前は既に9℃。今晩は冷え込みそうな八ヶ岳西麓です。