秋晴れの朝(2015.10.2~10.9)

色々な事があった今年。

それでも眼前に広がる実りを迎えた稲穂の群れは、優しく豊穣の色で迎えてくれます。

雨上がりの朝の空と圃場雨上がりの朝、青空が広がり始めた圃場(2015.10.2)

秋色に染まり始めた八ヶ岳雲ひとつない秋晴れの空の下、八ヶ岳(2015.10.7)

甲斐駒と稲穂1稲穂の向こうに甲斐駒を望んで。周囲の木々も少しずつ色付き始めています。

広がる圃場と秋の甲斐駒最後の刈り入れを待つ圃場の先に甲斐駒を望んで(2015.10.8)

P1050353稲穂越しに甲斐駒を捉えて。

少し温暖な南アルプス側の山裾は、まだ緑を湛えていますが、山頂付近はそろそろ落葉の頃。

P1050362西麓側に廻ると、八ヶ岳の紅葉が大分進んでいる事が判ります。

丁度、標高1000mに位置する牧場から望む、初秋を表すコスモス畑越しに、秋の装いを遂げつつある八ヶ岳(2015.10.9)

どうぞ、良い3連休を。

広告

雨上がりの初夏の午後には八ヶ岳西麓を散歩しながら試写を(Lumix GM5+Lumix G 42.5mm f1.7)2015.6.6

雨が上がってお天気が回復した土曜日。

積み上げられた仕事を振り切って(来週は地獄じゃな)、眩しい日差しの中で入手したばかりのカメラの試写がてら、お散歩です。

(撮影は全てLumix GM5 + Lumix G 42.5mm f1.7の組み合わせ、JPEG撮って出しです。画像をクリックするとフルサイズ表示になります)

LumixGM5試写1朝日を浴びる木々の緑と青空。

LumixGM5試写2八ヶ岳と水田八ヶ岳と水田。

LumixGM5試写3水田の水面に映る雲水田に映る雲。

LumixGM5試写4スイレン井戸尻考古館前の蓮池にて、スイレン(f6.3)

LumixGM5試写5スイレン2井戸尻考古館前の蓮池にて、スイレン(f2.8)

LumixG5試写6スイレン3井戸尻考古館前の蓮池にて、スイレン(f2.0)

LumixG5試写7スイレン4井戸尻考古館前の蓮池にて、白いスイレン(f2.8)

LumixG5試写8まるやち湖原村の八ヶ岳自然文化園内のまるやち湖。

この画角だと、八ヶ岳を入れるのはちょっと窮屈。被写体を絞り込む事を要求してきます。

LumixG5試写9八ヶ岳自然文化園の白樺林八ヶ岳自然文化園の白樺林。

林の中にはレンゲツツジの花が所々に咲いています。

LumixGM5試写20八ヶ岳自然文化園のレンゲツツジレンゲツツジの小さな群落と白樺(f6.3 -0.3EV)。

LumixG5試写10白樺と青空白樺と初夏の青空。

緑がすっかり濃くなってきました。

LumixG5試写11八ヶ岳農業実践大学八ヶ岳農業実践大学校の即売所を八ヶ岳の山並みと。

画面が狭い分、入れ込むアイテムをきっちりと絞り込みたいところ。

LumixG5試写12子牛1八ヶ岳農業実践大学校で放牧されている、人懐っこい子牛。

LumixG5試写13子牛2こちらに寄ってきてくれたので、もう一枚。絞りはf2.8。目の位置に合わせています。

LumixG5試写14沸き立つ雲高原の初夏。沸き立つ雲。

LumixG5試写15水田と苗風に揺れる、水田に並ぶ苗の群れ。少しずつ伸びる苗は、梅雨が明ける頃には水面を緑でいっぱいに埋めてくれます(f8.0)。

LumixG5試写16蓼科山初夏の蓼科山。何時もなら横岳とセットでフレームに収めるのですが、この画角だと、シングルの方がしっくりきます。

しっかり濃くなった山の緑が気持ちいいです。

LumixG5試写17笹原溜池の緑少し傾きかけた西日を浴びる、笹原溜池。

今日は風が強いので湖面は落ち着きませんが、西日に照らされた木々の緑が湖面に溶け込んでいきます。

LumixG5試写17夕暮れの圃場この時期にしては珍しく赤焼けした八ヶ岳を撮り損ねるという失態を犯した上に、更には電池切れとなった最後の一枚(f6.3 ISO400)。EVFを使用しながら、一部は液晶画面で撮影した枚数が176枚でしたので、まあまあカタログスペック並みというところでしょうか(撮影確認している時間が普段よりかなり多かった影響も大です)。

風景モードを使用してもオリンパスのような印象的な青は中々出せない上に、画角の狭さを克服するのにもまだまだ時間が掛かりそうですが、前評判程派手な色使いという訳でもなく、コントラストを少し上げた状態ではある程度狙ったイメージで上げてきてくれているので、今後は色々なシーンで活躍してくれるのではないかと期待しながら。