GWの午後。静かな林の中で落葉松の花を探して(2019.5.3)

GWの午後。静かな林の中で落葉松の花を探して(2019.5.3)

例年よりずっと長い連休の皆様が沢山いらっしゃる今年のGW。

普段は人も少なく静かな八ヶ岳南麓のこの場所ですが、この時ばかりは都会が引っ越してきたかのようにコンビニやスーパーの駐車場にまで渋滞が起きる程の大混雑(夕方になるとチルド食材の棚がすっからかんになるという驚きの事態も)。こんな時は家で静かに過ごすに限るのですが、ちょっと探してみたいテーマを追いかけて、山懐へ。

午後になって雲が出てきた南アルプスの上空。

再び緑が戻ってきた牧場の周囲には落葉松林が広がります。

可愛らしい落葉松の新芽。林の中を鮮やかな黄緑色が染め上げます。

ひと冬を越して枝に残り続ける落葉松の松ぼっくり。

今日は、このシーズンしか観る事が出来ない松ぼっくりの親となる、落葉松の花を探しに落葉松林の中を巡ります。

落葉松の花、殆どの方は観た事が無いかと思いますし、私もこれだけ落葉松を撮影していて殆ど見る事が無い存在。なので、まずは何処にあるのか探し始める事暫し…松ぼっくりが落ちている木の枝をよーく見ていくと、新芽が連なる枝の途中に芽が出ていない突起がちらほらと。どうやら開く前の花芽のようです。

一旦コツが分れば後は丹念に探し続けるだけ。自然観察の楽しさを味わいながら更に探し続けると…見つけました。鉛筆よりも細い、まだ開く前の小さな小さな落葉松の花芽。下を向いているのでこれは雌花ですね。

ちょっと嬉しくなって更に探し続けると、連なって花を付ける落葉松の雌花も。5月の日射しをいっぱいに捉えようと空を向く新芽と背中合わせとなって、一緒に枝の先で揺れています。

こうなると落葉松の雄花も観たい!となる訳で、更に松ぼっくりが落ちている木の周りをウロウロする事、数十分。新芽の奥にちらっと見える小さな花が。

漸く見つけました。落葉松の雄花です。

午後の日射しの中で空を向いて花開く、落葉松の雄花。

トリミングで。

落葉松の新芽をご覧になった事がある方ならお分かりかと思いますが、落葉松の花は本当に小さく、僅かに小豆程度の大きさ。黄緑色に染まる落葉松の枝の中から探し出すのはちょっと大変ですが、青空へ向けて赤紫色の花弁を開く、落葉松の開花する姿を捉える事が出来ました。

本当は大きな落葉松の木の枝を探せばすぐに見つかるのかもしれませんが、ご承知のように落葉松は成長と共に樹冠へと枝が上って行ってしまうので(特に人工林の場合)、貧弱な私の機材ではその姿を追う事が出来ず。枝が地上近くまで降りてくる斜面に立つ落葉松の木を探すと、立派な松ぼっくりを連ねた木が。

他の枝を探すと、たわわに付いた落葉松の雌花。

これなら雄花もと、頭を持ち上がると…ありました、赤紫色に熟した立派な落葉松の雄花。立派と書きましたがこれでも一円玉の半分程度の大きさと、高さ20mを軽々と超える落葉松の木のスケールから見れば極小サイズ。

5月の青空の下、牧場に添って植えられた落葉松の人工林。

時折、ハイキングに訪れた方が通る程度の静かな林の中で、新緑を彩る緑に囲まれながらひっそりと花を咲かせる落葉松たち。

林道沿いに植えられた落葉松の軽やかな新緑に包まれる午後。

落葉松林から望む空は徐々に雲が増えてきました。

落葉松林を抜けて麓に降りると、八ヶ岳の上空はたなびく雲に覆われてきました。

八ヶ岳から入笠山方向へと尾を曳いて延びていく雲たち。

日が西に傾き始めると、山から吹き降ろす風が強くなってきました。

山の天気は変わりやすいので、急いで所用を済ませて洗濯物を取り込んだ後。空を見上げると、八ヶ岳の上空は華やかな薄紅色に染まっていました。

夕日に染められる雲と甲斐駒。上空の強い風を思わせる幾筋もの雲が伸びています。

茜色に染まる雲と、どっぷりと沈んだ夕日の向こうに伸びていく飛行機雲。

八ヶ岳山麓の界隈は、一大観光地として色々な施設や観光スポット、有名な撮影場所もたくさんありますが、ほんのちょっと歩みを止めて、木々や空に目を向けると、いつもとは違った素敵な景色に出逢えるかもしれません。

広告

GWの朝に、鼎談桜(2019.5.3)

今日からGWのお休みとなった朝。

いつも通りに目を覚ましても今日は仕事に行く必要が無いと思うと、朝からほんのちょっとお散歩に出てみたくなります。

畑の畔を中をくてくと歩いていくと見えて来る、信濃境、田端森新田の鼎談桜。

薄雲が広がる暖かな5月連休の朝。

鼎談桜と呼ばれるように3本の桜が佇むこの場所。

例年通り、開花のタイミングは左の木から右、そして真ん中の一本と移っていきます。真ん中の一本はまだ咲き始めです。

少し引いて、甲斐駒をバックに。

大分雪渓も少なくなってきました。

例年通りの5月の開花となると水が張られた田圃の畔には花が咲き始めます。穏やかな朝の一時。

熱心にお写真に入れ込んでいる皆様の邪魔にならないよう、そそくさと元来た道を戻って。

4月に入っても雪が降り続いた八ヶ岳もこの暖かさで雪渓がすっかり融けてしまいました。

暖かな5月の連休、鼎談桜が咲く頃になると、八ヶ岳西麓の季節は初夏へと移り変わっていきます。

 

静かな秋の朝、御射鹿池(2018.10.4)

荒れた天気が繰り返し週末の天候になかなか恵まれない、今年の秋。

それでも山から秋は下ってきています。

夜明け前にふと目が覚めた10月初めの朝。眠気を少し払いながら何時もの場所に訪れてみます。

日の出の少し前に到着した、奥蓼科、御射鹿池。

薄暗い湖面に、色付き始めた木々がうっすらと映ります。

湖面にも木々にも光が差し込む前。フラットな湖面に沈む紅葉が始まった湖畔の木々。

明けて来る空に色を取り戻し始めた湖畔の木々達。

白樺の葉はすっかり黄色く色付き、ツタウルシの紅葉は既にピークを迎えています。

少しずつ明るくなる湖畔。木々が浮かび上がりはじめます。

穏やかな朝の湖畔。風はなくとも水面は緩やかに流れていきます。

空が明るくなり、湖畔が夜明けの色から朝の色に移り変わる頃。

今朝は曇り空。

落葉松の黄葉はまだまだですが、山の上の方でも紅葉が始まっています。

明るくなってきた空を眺めつつ、帰路に就きます。

八ヶ岳山麓の紅葉シーズンはまだ初旬、平日の夜明け前と言う事もあり、日が昇るまで湖畔は誰もおらず、光と水面の移り変わりに合わせて独りシャッターを切り続ける早朝。久しく忘れていた、この静かな場所に浸り込む感触を暫し思い出しながら。

Panasonic Lumix DMC-GM5 / Lumix G 42.5mm f1.7(最後の1枚だけ LEICA DG Summilux 15mm f1.7)

全てJPEG撮って出しです。

 

ちょっと寄り道(小諸市動物園のフンボルトペンギンたち)2018.3.3

ちょっと寄り道(小諸市動物園のフンボルトペンギンたち)2018.3.3

寒さが緩んだ週末。

八ヶ岳ブルーの野辺山(SIGMA 30mm F2.8 DN Art)

午後からお天気がちょっと不安定になりましたが、春を思わせる暖かさに釣られて、所用の序にいつもとちょっと違う場所で寄り道を。

小諸の懐古園です。

扁額を見てちょっと驚いたのが、徳川家達(徳川慶喜の隠居後に御三卿の田安家から徳川宗家を継いだ)の筆によるもの。本丸にはあの勝海舟の揮毫による懐古園開園の経緯を綴った石碑も建っており、譜代大名である牧野家、そして上田合戦の故地として、徳川家と深い関係があった事を偲ばせます。

今も残る天守台の石垣(登る事は出来なくなっています)。天守に代わるように伸びる、枝振りの良い松が印象的です(ここだけ15mm)。

天守台を廻り込むと、その特徴的な穴城とも呼ばれる天然の要害となっている断崖(の下には、ヤクシカが飼われているのですが…)を渡る吊り橋の向こうに小さな動物園が見えてきます。

籾蔵の跡を整備して作られたと云われる、長野県で最古の動物園、小諸市動物園です。

如何にも地方の小さな公立動物園と言った風情が漂う園内ですが、それでも暖かな週末の午後、ぽつりぽつりと入園者の方が見受けられました。

来園者の少ない冬の動物園、ちょっと撮影の練習をさせて頂きました。

大きなパプラスチックパッドの中に窮屈そうに体を丸めて、でも気持ち良さそうに眠っていたヤギ。午後の陽射しを受けて、暖かそうです。

小さなプールを棲家としているフンボルトペンギン。

いずれの檻も金網のメッシュが細かいので(ペンギンの檻はそれでも一番荒いくらいです)余り上手く撮影できないのですが、金網越しに鋭い目つきを見せてくれました。

マットの上で気持ち良さそうにお昼寝中。普段は立っているシーンが多いので、ちょっと珍しいかもしれません(トリミング済み)。

丁度、午後のペンギンパレード、もぐもぐタイムと称する、餌やりショーが始まりました。この時間だけは檻の中から出されたペンギンたちが、飼育員さんの誘導で園内を何回か往復します。

パレード中にこちらにカメラ目線をくれたフンボルトペンギン。

何往復目かで、綺麗に並びで歩いてくれました(トリミング済み)。

プールの前に戻ると、飼育員さんとリクエストをした来園者の方が直接餌を与え始めます。餌のキャッチの仕方や食べ方などを飼育員さんが丁寧に説明していきます。

一羽だけ離れてキャッチする、ちゃっかり者。

プールに戻ると、今度は距離を取って餌を投げ込みます。

空中でキャッチした後、奪い合いとなってしまった2羽。

相手に奪われてしまって、次のチャンスを待つ。奥のもう一羽もスタンバイ状態に。後ろの1羽はもうお腹いっぱいなのでしょうか、興味が無いようです。

餌を与えている最中も巣箱から動こうとしない雌。

今は繁殖シーズンに入っているとの事で、自分の巣を守ろうと、なかなか動こうとしないようです。

タイミングばっちりで、3羽同時にキャッチ(この後、小競り合いに)。よーく見ると、実はもう一羽お魚にくらいつくペンギンが隠れていたりします(全部で5羽です)。

決して恵まれた飼育環境とは言えないかもしれませんが、丁寧な解説に務める飼育員さんと、アットホームな雰囲気に溢れる来園者さんとの距離感が素敵な小さな動物園。

餌で釣っていると揶揄されるかもしれませんが、このシーンを撮影している時に感じた、その餌を目の前にしても、なんと一羽毎に豊かな個性があるのだろうと感じながら。

なお、もう一方の人気者、正面入り口前の特等席に陣取る川上犬の「さくら」ちゃんは、頂いた資料にあるように、飼育員さん以外にはまったく興味を示さないようで、振り向いてももらえず仕舞い…。

ちょっとした寄り道がてらのワンシーンとして。

 

 

 

 

台風一過、初冠雪、そしてまた台風(2017.10.23~28)

超大型の台風が通過した今週の始め。山に囲まれたこの地では、強い雨が降った以外は大した影響もなく、台風が過ぎ去った後には青空が望めました。

台風の残していった強い風が吹く朝。

空へと巻き上げながら、大きな弧を描く雲が山並を渡ります。水に浸かった圃場が激しい雨が降り続いたことを教えてくれます(2017/10/23)。

そして、冷たい雨が降り続いた翌日の朝。周囲の山々は雪化粧を纏いました。

少し早い冬の到来を告げる、甲斐駒の初冠雪。

振り向くと、八ヶ岳の頂上も白く冠雪しています。

朝靄の中、少し車を西に走らせると、諏訪の盆地は雲海の中。

一気に標高を上げて美濃戸口近くまで上がって来ると、漸く雲海を抜け出しました。

遥か遠く、南アルプスの山並みが諏訪の盆地に落ち込む更に向こう側に、白く冠雪した木曾の山々が望めます。

雲海の向こう、塩嶺越しに望む、北アルプスの山々。

こちらも真っ白に雪化粧をしています。これから半年余り続く、長い冬の間に眺めつづける景色を少し先取りです。

雲海を抜けると、冠雪した八ヶ岳の山々を望む事が出来ました。

北八ヶ岳の蓼科山と横岳。

紅葉する木々の向こうに望む、冠雪した天狗岳。

朝の眩しい日差しをいっぱいに受けて呼吸する、主峰、赤岳。

麓に降りてくると、雲海はすっかり晴れて、雪渓を戴き、落葉松色に染まる山裾を曳く八ヶ岳が望む事が出来ました(2017/10/26)。

そして、再び台風の襲来が予報される中、少し暖かい雨が降る週末。

山の上はすっかり次の季節に移り変わった事を実感させる、雪渓が育ち始めた、南アルプス、鳳凰三山。

小雨模様の中、雲間から望む甲斐駒も、深い雪渓を刻み始めています。

天候が悪いので山に入る事も叶わず。何時もの場所へ。今日も霧に包まれています。

小雨が降る中、深い彩に変わり始めた奥蓼科、御射鹿池。沢山の観光客の皆様がお越しになっています。

湖畔を次々に流れていく霧。

紅葉する木々を白く覆っていきます。

霧が通り過ぎると、鮮やかな深い彩の紅葉の森が水辺の向こうに広がります。

本降りの雨が湖面を叩くようになってきた午後、これから再び台風の到来を迎える八ヶ岳の山中は、静かに秋の深まりを濃くしていきます。

霧の湖畔(2017.10.21)

台風の接近が伝えられる週末。

お天気が悪い日々が続く中ですが、山の紅葉は着実に進んでいます。

久しぶりに晴れた朝、雲が漸く晴れた八ヶ岳は色付きが一気に濃くなり、晩秋の装いに移ろってきました(10/18)。

小雨が混じる中、何時もの場所へ。

彩がピークを迎えた、奥蓼科、御射鹿池。既に白樺は落葉に入っています。

風もなく、少し蒸すくらいに暖かい昼下がり。

湖面に紅葉が映り込んでいます。

周囲の落葉松の色あいもぐっと濃くなってきました(ここだけトリミング済み)。

湖面に映る紅葉の彩。

湖畔には、駐車場の整備効果でしょうか、今までに経験したことが無い程の多くの方が、お越しになっています。大型車駐車場からバスが溢れて、路上にバスが数珠繋ぎになる驚きの風景。ちょっとしたアミューズメントパークの様相。

正午を過ぎると、山頂から低く垂れこめていた雲が、池の周りまで下ってきました。霧に包まれる湖面。

あっという間に湖面一杯に霧が立ち込めてきます。紅葉する木々が霧の向こうに沈んでいきます。

ミルクポッドの中に沈む御射鹿池。幻想的な湖畔は、台風の余波を受けた雨模様に移り変わっていきました。

梅雨空は彩を変えながら(2017.6.18~7.5)

少雨、空梅雨と言われながらも、6月も中盤に入ると空模様はどんより、そして強い雨が降る日も。今年も梅雨空がやって来ました。

お天気が優れないので、どうしても撮影に出る足が遠のくのですが、それでも日々を過ごす僅かなタイミングで素晴らしい色合いが望めるのが八ヶ岳山麓の素敵なところ。そんな日々のカットからご紹介。

どんよりとした早朝、何時もの奥蓼科、御射鹿池の周りには、陽射しを待ちわびる多くの観光客の方が訪れていました。ひんやりとした緑が移り込む湖面を眺めるのもまた、心地よいひと時。

一雨ごとに緑が濃くなる御射鹿池周囲の落葉松。梅雨が明ける頃にはぐっと濃い、夏の緑に移り変わっていきます(2017.6.18)。

雨上がりの朝、梅雨らしいウエットな青空には巻雲が高く巻いています。

今年も早々と夏蕎麦の花が満開を迎えていました(2017.6.20)。

一年で一番日射しが長く降り注ぐ夏至。その翌日の夕暮れは7時になっても稜線を黄金色に染めています。夏を迎え入れる夕暮れです(2017.6.22)。

梅雨とは思えないほどに晴れ上がった朝、すっかり雪渓が細くなった甲斐駒を望む圃場の麦は黄金色に染まります。収穫を待ちわびる喜びの色(2017.6.23)。

梅雨空は複雑な雲を空に描いていきます。雨上がりの空に広がる高いうろこ雲と、八ヶ岳を吹き抜ける西からの風が雲を沸かせています。雨をいっぱいに受けた緑の苗はぐんぐんと伸びていきます(2017.6.23)。

朝まで降り続いた雨が止んだ後、ひんやりとした霧が流れ込む雑木林に陽射しが差し込んでくると、うっすらとした緑のカクテルが出来上がります。梅雨の合間に現れる一瞬のシーン(2017.6.30)。

強い雨が過ぎ去った夕暮れ、雲と霧が次々と目の前を過ぎていく圃場の上空に僅かに開いた雲間から、うっすらとフレアが差し込んできました。天使が舞い降りる刻。この後、気まぐれな天使達にきりきり舞いにされる事に(絶好のチャンスを逃して落ち込む2017.7.1)

梅雨の合間に広がった青空。夏のそれとは異なり、雨上がりで何処までも高く澄み切った雲間の紺碧が心を捉えて離しません。一番大好きな藍(2017.7.2)。

再び強い雨が降った後、南アルプスの上空には複雑に尾を曳く雲が次々と流れていきます。雲間から覗く、その上に広がる青空は既に夏の色です(2017.7.3)。

台風一過の朝。巻雲がたなびく高い空は夏の色を湛えています。圃場の苗はすっかり伸びて、もう空の色を映す事はありません。

夕暮れ、少し早く仕事場を出ると、遠くに望む八ヶ岳を駆け上る雲が夕日に色付いていました。立沢の圃場の脇に車を止めて、暫し夕空に付き合ってみます。

午後7時を過ぎて夕日が西に沈んだ頃、圃場を染める空の色は刻々と変わっていきます。

入笠山から北に向かって長く長く筋雲が伸びていきます。

夕日が西の空の向こうに落ちると、華やかな夕暮れのショーが始まりました。

圃場を染める夕日と茜の空。

空を焦がす茜色。シャッターを切る間にも、どんどんと色を変えていきます。

日射しが雲の向こうに去っていくと、周囲もぐっと暗くなっていきます。

どっぷりと日が暮れた午後7時20分。長いようで短い梅雨の夕暮れに催されたショーは幕を下ろします。梅雨もそろそろ終盤ですが、空模様を気にしながらの日々はもう暫く続きそうです(2017.7.5)。